*

閉塞性肺炎の原因・症状・検査・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 肺・気管支の病気, 肺炎

閉塞性肺炎
閉塞性肺炎(へいそくせいはいえん)とは、気道の閉塞した状態に陥ることで引き起こされる肺炎の一種です。
肺がんの患者が閉塞性肺炎を併発しやすいのが特徴で、実にさまざまな種類が存在している肺炎の種類のなかでも、死亡してしまうリスクが大きいのが厄介なところです。
また、ひとたび閉塞性肺炎を引き起こしてしまった場合には重症化しやすいという点にも注意が必要で、わずか1日でも病状が悪化してしまうことも珍しくありません。
そのほか、閉塞性肺炎は治療が可能な病気ではありますが、どのようなことが引き金となって閉塞が起こっているのかによって、選択される方法は異なります。
いずれにしても、短期間で重症化する恐れのある病気ですので、早期発見・治療が重要なのはいうまでもありません。

閉塞性肺炎の原因

肺炎はタバコを吸っていることにより発症リスクが増大します。
1日1箱のペースで喫煙している人の場合、肺炎になってしまうリスクは非喫煙者の2倍にもなるといわれているのです。
このように、喫煙はただでさえ肺炎を引き起こしやすくするものなのですが、閉塞性肺炎はとくにタバコと関わりの深い病気であるのが特徴です。
というのも、閉塞性肺炎のおもな原因は喫煙習慣があることで、長くタバコを吸っているほどかかりやすくなります。
また、タバコを直接吸っている人だけでなく、受動喫煙によっても閉塞性肺炎になるリスクは増大してしまうのです。
そのほか、人体に有毒な気体により閉塞性肺炎が発症したり、特殊な粒子を吸い込むことが原因となって閉塞性肺炎を引き起こしてしまうケースもあります。

閉塞性肺炎の症状

肺のなかには部屋のような形をした多数の肺胞が存在していますが、閉塞性肺炎になるとこの肺胞が破壊されてしまいます。
これが閉塞性肺炎のおもな症状ですが、肺胞の破壊と共に、気道に炎症が生じてしまうのもこの病気の特徴といえるでしょう。
なお、肺胞が破壊されていたり、気道に炎症が生じている状態は慢性化してしまうリスクもあるため注意が必要です。
そのほか、閉塞性肺炎では気道が閉塞してしまいますが、これにより動悸や息切れといった症状のほか、痰が多く出るなどの症状もみとめられます。
気道が閉塞してしまう病気であるため、日常生活に支障をきたしやすいのも閉塞性肺炎の厄介なところです。

閉塞性肺炎の検査・診断

閉塞性肺炎を引き起こしているかどうか調べるためには、スパイロメトリーが選択されます。
これは呼吸の能力があるかどうかを調べられる検査、いわゆる呼吸機能検査のことで、この方法により呼吸の能力に異常がないかを確かめるのです。
そして、閉塞性肺炎かどうかを確かめるためには、X線検査やCT検査のような画像検査もおこなわれます。
これらの検査をおこなうことにより、肺炎の症状があらわれているかどうかを調べることが可能です。

閉塞性肺炎の治療方法

現在の医療では、すぐに劇的な回復が見込める閉塞性肺炎の治療方法は確立されていません。
そのため、回復までには長期間を要し、薬を使った治療を受けたり、リハビリに取り組まなくてはいけなくなるケースが多いのです。
なお、治療は基本的に入院することによりおこなわれます。
肺への負担を軽減するため空気の清浄な医療機関で過ごし、肺胞の状態改善を目指します。
また、保存的療法が可能な場合には抗生物質の投与をおこなう治療方法が選択されます。
呼吸がスムーズにおこなえるようになるまで入院治療を受け、肺胞が回復し痰の症状が軽快した段階でリハビリに取り組むことになります。

閉塞性肺炎の予防方法

間質性肺炎と診断されたあとは治療の妨げになるため、タバコは一切吸ってはいけないと禁止されます。
間質性肺炎のおもな原因としてタバコが挙げられるからなのですが、発症してしまう前の予防としても、やはり禁煙するのが効果的です。
タバコはこの病気だけでなくほかの病気のリスクも増大しますので、やめるに越したことはありません。

関連記事

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子どもが罹患し

記事を読む

お年寄りの肺炎の特徴を知って予防対策!

肺炎は以前から多くの人に起こる病気でしたが、近年では遂に日本人の死因トップ3に入るほどになりまし

記事を読む

器質化肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎に症状がよく似ていますが、器質化肺炎は肺胞腔に炎症がおき、肺胞腔の線維化や一部で肺胞間

記事を読む

「風邪」というのは病名?

まず最初に結論を述べますが、風邪は病名ではありません。 びっくりしたかもしれませんが、病院

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

風邪に効く漢方薬のご紹介!

市販の漢方薬には風邪に良いものもあります。 漢方薬は即効性が見込めますし、副作用の心配が比

記事を読む

風邪をひくと熱や鼻水、くしゃみは何故出るのかな?

風邪をひくとどうして熱や鼻水、くしゃみが出るのでしょうか。 ここでは理由を解説しますので、

記事を読む

好酸球性肺炎の原因・症状・検査・治療

好酸球は白血球の一部で、ある種の寄生虫に対して体を守る免疫機能を担っていますが、この好酸球が肺に

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

→もっと見る

PAGE TOP ↑