*

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

公開日: : 最終更新日:2015/04/09 肺・気管支の病気, 肺炎


肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。
ある程度大きな子供で、肺炎以外に病気のない子供なら早期の適切な治療で十分に回復しますが、3ヶ月頃までの乳児は命を落とす危険性があります。
子供に起こりやすい肺炎について取り上げていきますので、参考にしてください。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎はウイルス性の肺炎に分類されており、5~10歳ぐらいの子供に多いため注意が必要です。
原因は咳やくしゃみなどで起こる飛沫感染です。
高熱や咳などの症状がありますが、比較的軽いケースが多いのが特徴です。
なお、熱は1週間程度下がらないこともあり、咳も同様になかなか治りません。
また、咳に関しては次第に痰が絡むものへと変化していくのが特徴といえます。

細菌性肺炎

肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、溶連菌(ようれんきん)におかされることで発症します。
風邪をこじらせたり、インフルエンザが悪化することで肺炎に移行することがあるのです。
マイコプラズマ肺炎とは異なり、重症化しやすい点が厄介なところです。
場合によっては呼吸困難の症状を引き起こすことがあるため、注意が必要といえるでしょう。

クラミジア肺炎

母子感染により起こる肺炎ですが、母親がクラミジアに感染している場合、子供にも起こってしまうのです。
熱はあまり高くなりませんが、咳の症状が次第に悪化していくのと、呼吸困難に陥る可能性があります。

子供の肺炎の検査・治療
子供が肺炎を引き起こしているかどうかは、X線検査、血液検査、培養検査、抗体検査で調べます。
これらの検査で炎症の程度、原因などを見極めるのです。
肺炎と診断されたら治療を受けることになりますが、細菌感染に対しては抗生物質を、呼吸困難の症状には酸素補給を、栄養摂取のためには輸液を行います。
膿胸(のうきょう)や気胸(ききょう)になることもありますが、この場合には膿や空気をチューブを挿入することで排出しなくてはいけません。

関連記事

肺アミロイドーシスの原因・症状・治療

まず、アミロイドーシスとは、アミロイドたんぱくという特殊なたんぱく質が体のさまざまな臓器に沈着し

記事を読む

薄着の習慣で風邪予防!

風邪をひかないカラダを手に入れるには、薄着を習慣化することをおすすめします。 今回はなぜ薄

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどう

記事を読む

肺真菌症の原因・症状・治療

肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のこ

記事を読む

肺がんと原因・症状・検査・治療

肺ガンは悪性度が高く、死亡者数が最も多いガンです。 しかし、肺ガンは進行すると治りにくい反面、

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

市販の風邪薬の択び方

風邪をひいた 際、病院に行かずにまずは市販薬を使用するという人が少なくありません。 決し

記事を読む

市中肺炎(院外肺炎)の原因・症状・検査・治療

病院の外で感染して発症する肺炎で、病原体の種類により、細菌性肺炎、非細菌性肺炎、非定型肺炎の3つ

記事を読む

膠原病肺の原因・症状・治療

膠原病肺 どんな病気(概要) 膠原病と合併して引き起こされた肺の病気を総称して、膠原病肺(こう

記事を読む

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑