*

肺胞微石症の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 肺・気管支の病気

肺胞微石症
肺胞微石症(はいほうびせきしょう)とは、肺に存在する肺胞の中にリン酸カルシウムが層状に沈着し、発症する病気のことをいいます。
遺伝性のある病気であり、劣性遺伝することがわかっています。
肺胞微石症が引き起こされていても、はじめのうちはこれといって症状があらわれることはなく、自覚症状に乏しいのが特徴です。
ほとんど無症状であることから、発見されるのは健康診断などを受けにいったときが多く、胸部X線検査を受けた際に肺に不審な陰影が認められて肺胞微石症だと判明する人の割合が高いです。
そして、いまのところ簡単に治せるような方法は確立されておらず、劇的に効果をあらわす治療方法は肺移植しかありません。
なお、肺の病気としては稀な部類に入り、現在のところ100例ほどしかない病気です。

原因

現状において明確な原因はわかっていませんが、家族内発症が全体の半分程度あります。
そのため、家族内で起こったケースでは、常染色体劣性遺伝(じょうせんしょくたいれっせいいでん)が原因と予測されるのです。
なお、劣勢遺伝は絶対に親から子へと遺伝子、同じ病気を引き起こすとは限らないのが特徴です。
また、この病気自体はリン酸カルシウムが肺胞内に層状に沈着し、引き起こされます。
肺胞壁というところからリン酸カルシウムがつくり出され、肺胞内へと分泌されて溜め込まれていくことになります。
しかしながら、肺胞内にリン酸カルシウムが溜め込まれていったとしても、はじめのうちは病気にかかっているという自覚ができません。
なお、肺胞壁からなぜリン酸カルシウムがつくり出されるのかは、いまのところ明確になっていません。
リン酸カルシウムの蓄積は幼い頃から進んでいき、大人になると病気を引き起こす状態になります。

症状

肺胞微石症にかかっていても、ほとんど無症状なのが初期の段階の特徴です。
進行もゆっくりで幼少期から少しずつリン酸カルシウムが蓄積されていきますが、大人になると病気の症状が引き起こされるようになります。
肺胞微石症が進行した場合には、咳(せき)、呼吸困難の症状があらわれるようになるのです。
なお、これらの症状は病気が進行し、肺が硬くなり縮まる繊維化が進むことにより引き起こされます。
そのほか、肺胞微石症が急激に悪化するケースもあり、続発性肺のう胞破裂、感染症合併のように深刻な病気を招くことになりかねません。
こうした病気を招いてしまった場合には、手術を受けなければいけなくなることもあります。

検査と診断

肺胞微石症かどうか確かめるための検査としては、胸部X線検査、開胸肺生検、遺伝子検査を挙げることができます。
胸部X線検査を受け、画像を確認すると、肺が全体的に白く濁っているのがわかります。
この白い濁りは吹雪のようだとか、すりガラスのようだなどと表現されており、特徴的なため診断は難しくないといわれています。
多くの人は健康診断を受けた際などに、偶然この異常が見つかることが少なくありません。
開胸肺生検は、確定診断のために行われます。
この検査では肺の組織を一部採取し、リン酸カルシウムが肺胞内に層状に沈着しているかどうかを顕微鏡で調べます。
そのほか、肺胞微石症は家族内発症が多いことから、遺伝子検査により調べる方法も効果的です。

治療の方法

沈着したリン酸カルシウムを一掃するような劇的な効果が望める治療方法は、残念なことにいまのところありません。
そのため、対症療法が中心となり、症状に対し薬を使用する方法がとられます。
たとえば、咳の症状が出ているなら咳止め薬を使うといった具合です。
それから、風邪をひかないように日頃から体調管理に気をつけることも大切でしょう。
ただ、全く治療方法がないかというと、そうではありません。
肺移植を受けることにより、回復することが可能となっているのです。

関連記事

お年寄りの肺炎の特徴を知って予防対策!

肺炎は以前から多くの人に起こる病気でしたが、近年では遂に日本人の死因トップ3に入るほどになりまし

記事を読む

肺うっ血/肺水腫の原因・症状・治療

肺うっ血とは、肺をめぐっている血管内の血液量が増加している状態のことをいいます。 血液量が多く

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

風邪をひくと熱や鼻水、くしゃみは何故出るのかな?

風邪をひくとどうして熱や鼻水、くしゃみが出るのでしょうか。 ここでは理由を解説しますので、

記事を読む

過換気症候の原因・症状・治療

過換気症候群とは 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)は過呼吸(かこきゅう)と呼ばれることも

記事を読む

子供の肺炎、特に乳児は注意が必要です!

肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大きな子供で、肺

記事を読む

薬剤性肺炎の原因・症状・検査・治療

薬剤性肺炎(やくざいせいはいえん)とは、ほかの種類の病気にかかっている場合に使用された薬剤により

記事を読む

好酸球性肺炎の原因・症状・検査・治療

好酸球は白血球の一部で、ある種の寄生虫に対して体を守る免疫機能を担っていますが、この好酸球が肺に

記事を読む

市中肺炎(院外肺炎)の原因・症状・検査・治療

病院の外で感染して発症する肺炎で、病原体の種類により、細菌性肺炎、非細菌性肺炎、非定型肺炎の3つ

記事を読む

「風邪」というのは病名?

まず最初に結論を述べますが、風邪は病名ではありません。 びっくりしたかもしれませんが、病院

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑