*

口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防など

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 歯・口・のどの病気

口・のど・舌の病気の症状
ここでは、口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防などについて詳しくご説明しています。
呼吸をしたり、食事をしたり、おしゃべりをしたり人間にとって、本当に大事な部分である事は言うまでもありません。

また、胃が悪くなると口の周りに吹き出物が出来たり、舌を見るとその人の体調が解るとも言われます。
そのような体調に敏感な部分であると共に、逆に口・のど・舌に異常が生じると体調に与える影響も大きなものです。
何か異常を感じたら、お近くの医療機関で早めの対応をして上げて下さい。

アフタ性口内炎

アフタ口内炎とは、口腔粘膜に生じる1~3mm程度の白い炎症です。
原因は不明です。
しばらくすると自然に跡が残らず治ってしまいます。
再発することが多く、再発を繰り返すのが再発性アフタといいます。

アフタ性口内炎の症状について

アフタはとても痛く、白色または黄色の膜で覆われ、その周囲が赤くなっています。
数日~10日程度で治ります。
同じ所がずっと治らない時は普通の口内炎ではない場合がありますので要注意です。

アフタ性口内炎の予防や治療法について

アフタの治療には、口腔粘膜用のステロイド軟膏、ビタミンC、ビタミンB2、抗ヒスタミン剤などが使用されていますが、必ずしも効果が有るとは限らないのが現状です。
極端な疲労、ストレス等も関与するといわれているので、この点にも注意して下さい。

扁桃肥大

のどの奥の両側にぽこっと丸く見えるのが扁桃腺というリンパ腺です。
これが大きいのが扁桃肥大といわれています。
扁桃腺は6,7歳頃最大となり、12,3歳頃から縮小してきますが、成人になっても肥大が残存することがあり、ほとんどが症状がありませんが、いびきの原因になったり、睡眠時に無呼吸の原因になることもあります。

扁桃肥大の症状について

口蓋扁桃の肥大が高度な場合、呼吸障害や嚥下障害を生じます。
特に扁桃炎をおこすとこれらの症状は増悪いたします。
アデノイドとともに睡眠時無呼吸症候群の原因となります。
また、扁桃腺が化膿して膿がついているときには化膿性扁桃腺炎といいます。
この場合は細菌が感染していることが多く、熱が高く、長く続くことがあります。

扁桃肥大の予防や治療法について

肥大が高度であるにも拘わらず、無症状~軽症の場合には経過観察といたします。
呼吸障害や繰り返し、扁桃腺がは、熱がでる場合には扁桃摘出術が必要となります。
小児でアデノイドの肥大が合併する場合には同時にアデノイド切除術が行なわれます。

扁桃周囲膿瘍

細菌(主にレンサ球菌)が原因で、ノドの両脇にある口蓋扁桃が炎症をおこした病気を扁桃炎といいます。
この炎症がすすむと扁桃周囲やのどの側方にある副咽頭に膿が溜まることがあり、これを扁桃周囲膿瘍といいます。

扁桃周囲膿瘍の症状について

扁桃周囲やのどの側方にある副咽頭に白い膿が溜まっているのが、確認できます。
扁桃炎では、38~40度の高熱が出ることがよくあります。
また、痛みが強く、食事だけでなく、つばさえも飲み込む時に、激痛を発します。
頭痛、全身のだるさ、脈拍の増加がみられます。
また、同じ側のリンパ節がはれて痛みます。
浮腫が喉頭に進んで、呼吸困難を起こすこともあるようです。
さらにひどくなると窒息、縦隔炎をおこし命にかかわることもあります。

扁桃周囲膿瘍の予防や治療法について

扁桃炎は通常抗生物質の内服による治療になります。
膿瘍がある場合は針で内容物を吸引するか、切開して排膿する必要があります。

アデノイド肥大

アデノイドは鼻腔の後方、のどの最上部(上咽頭)にあります。
この場所は鼻呼吸の際の空気の通り道や、耳と鼻の奥をつなぐ耳管の入り口があります。
アデノイドは4~6歳頃に最大となり、10歳を過ぎると急速に縮小し、思春期にはほぼ消失します。
このアデノイドの生理的肥大が大きくなったり、感染で咽頭扁桃(アデノイド)が大きくなることで鼻のとおりが悪くなったり、耳管を圧迫したり、のどの異物感が現れたりします。

アデノイド肥大の症状について

これが大きくなると、鼻の奥が詰まった状態になります。
このため、鼻で呼吸ができなくなり、口呼吸をするようになります。
いびきや急性中耳炎を繰り返したり、滲出性中耳炎を起こすために難聴の原因となります。
また、鼻呼吸が障害されるために顔つきや歯並びに影響し、また漏斗胸や鳩胸などの胸郭の変形を生じることもあります。

アデノイド肥大の予防や治療法について

肥大が強く、さまざまな症状が高度な場合や滲出性中耳炎などの合併症がみられる場合には手術が必要になります。
耳鼻科の先生に相談しましょう。
手術により、アデノイドとへんとう腺をとると、気道は広くなり、さまざまな症状は消失します。

唾石

口の中の唾液を作っている唾液腺または腺から口の中をつなぐ導管の途中に石ができる病気で、導管の途中が唾により詰まる事で顎下腺炎を合併する場合もあります。
成分はリン酸カルシウムや炭酸カルシウムなどで、大きさは数ミリ程度が大部分です。
唾液腺は、耳下腺、舌下腺、顎下腺などある中で、そのほとんどは顎下腺に発症します。

唾石の症状について

食事で唾液が盛んに出るときに、唾液腺が腫れるとか痛いという症状があらわれます。
はれた顎下腺を押さえると、口の中の開口部から膿が出てくるのが分かります。

唾石の予防や治療法について

抗生物質で炎症を抑え、唾石は自然に出てくることもありますが、普通は手術によって取り出します。

化膿性顎下腺炎

あごの下に痛みを伴った腫れ。細菌感染。

口の中の細菌(黄色ブドウ球菌、溶連菌など)が唾液腺導管から顎下腺という唾液腺の中に入り込んで、おこる病気でおたふくかぜとよく似た病気です。
しかし、細菌感染によるため、おたふく風邪のように免疫はできません。
また、ふつうはうつりません。

化膿性顎下腺炎の症状について

化膿性顎下腺炎は細菌感染によって引き起こされるために、耳下腺の発赤とずきずきとしたうずくような痛みを伴ってはれてきます。
痛み、圧痛、発熱、頭痛などを訴えます。
はれた顎下腺を押さえると、口の中の開口部から膿が出てくるのが分かります。

化膿性顎下腺炎の予防や治療法について

軽い場合は抗生物質と安静と鎮痛解熱剤で、よくなります。
膿がたまり、痛みが強い場合は切開排膿を行います。

反回神経麻痺

反回神経とは、声帯を動かす神経で、脳幹から発していったん胸部へ下りてから反回して喉頭へ入るという長い通り道に問題がある場合に起こる障害です。
検査をしても原因が解らない場合もありますが、脳の病気、胸部の悪性腫瘍、甲状腺がん、肺がんなどによることがあります。

反回神経麻痺の症状について

症状として、もっとも多いのは、かすれたようなしゃがれ声です。
息漏れのするような、力のない声が特徴です。
両側の声帯が麻痺して、声門が狭くなり呼吸困難を訴えます。
初期には、水様物を飲むときに気管に誤嚥してむせることがあります。

反回神経麻痺の予防や治療法について

麻痺した声帯によって気道がふさがれるのを防ぐ為に手術が必要となります。

ポリープ様声帯

声帯ポリープとは名前は似てますが、ちがう病気です。
声帯の両側全体にわたって水ぶくれになった状態。
声帯炎の慢性化したもので、両側の声帯が全体に渡って、赤っぽく膨らんだような状態を示します。
中年以降の人に多く、喫煙が原因のひとつとされている。

ポリープ様声帯の症状について

声帯のむくみや腫れ、しわがれ声などの症状があらわれます。
重症になると、呼吸困難があらわれることもあります。
極端に腫れて大きくなると空気の通り道を塞いで呼吸困難があらわれることもあります。

ポリープ様声帯の予防や治療法について

放置しておいても悪性化はしないものです。
副腎皮質ホルモン剤の吸入剤によって、治療がおこなわれます。
保存的治療で治らなかった場合は、声帯形成手術がおこなわれることもあります。

声帯ポリープ

声帯の振動する場所にできたポリープです。
かぜなどでのどの炎症や声の酷使があるにもかかわらず、無理に発生した後におこりやすくなります。

声帯ポリープの症状について

声が悪くなりしわがれ声になったり、のどの異物感などの症状があらわれます。
放置すると、ポリープが大きくなり、反対の声帯も腫れてきます。

声帯ポリープの予防や治療法について

初期の場合は、飲み薬や吸入で軽快するが、進行している場合は、切除がおこなわれます。

声帯炎

かぜや声酷使、酒やタバコの飲み過ぎなどで、のどが痛める急性声帯炎と、症状を放置して、同じ症状を繰り返しているうちに起こる慢性声帯炎とがあります。

声帯炎の症状について

しわがれ声になるとともに、軽い場合でも細い声が出なくなります。
炎症がひどくなるとと、声帯は赤くはれ厚くなったり、声帯筋まひが起こり硬くなり、発生のときに両方の声帯間に常にすき間ができ、常に空気がもれ声がよけいにかすれます。
声のかすれ、声が出ないなどの症状が、長引く時には声帯ポリープなど他の病気に注意して下さい。

声帯炎の予防や治療法について

声がれの病気にならないためには、なによりも「声の安静」が大切です。
必要なとき以外にはできるだけ声を出さないようにする、よくうがいをする、室内湿度の維持するなど一般的な対処法で、ほとんどの場合、数日から数週間で治癒します。

急性喉頭蓋炎

のどの奥、喉頭の入り口にある弁のような喉頭蓋が炎症を起こす病気です。
ちょうど靴べらのような形をしています。
風邪などがこじれて、その軟骨に炎症が及ぶと腫れ上がってきます。

急性喉頭蓋炎の症状について

風邪などがこじれて、その軟骨に炎症が及ぶと腫れ上がってきます。
喉頭蓋が急激にはれるため、気道をふさぎ、はれがひどい場合には窒息(ちっそく)に至る危険性がある病気です。
主な症状は、飲み込む時の激しいのどの痛み、高い40度近い熱などです。

急性喉頭蓋炎の予防や治療法について

抗生物質を点滴や吸入などを施し、ひどい場合は呼吸路確保のため気管切開まで行く場合すらあるので注意が必要です。

味覚障害

味覚の原因には、食事、薬物、全身の病気、ストレスなどがあげられますが、不明の点も多々あるのが現状です。

(1)亜鉛による味覚障害舌には、小さなツブツブがあり、それを乳頭と言います。
それぞれ数個の味細胞からできています。
実際、味を感じる味蕾には、亜鉛が多く含まれており、細胞の若返りに重要な働きをしています。
味覚障害の多くは、体内の微量金属である亜鉛の不足により起きる事が判ってきました。
(2)薬剤による味覚障害抗リュウマチ剤、抗生物質、利尿剤の一部などの 長期連用・併用のために味覚が障害されることがあります。
(3)全身の病気による味覚障害糖尿病・肝疾患・透析・腫瘍・膠原病・内分泌機能低下などの全身の病気やウイルス感染の後遺症や扁桃腺、神経マヒ、障害部位の腫瘍などの神経系の異常が考えられます。
(4)その他の味覚障害舌炎や舌苔(ぜったい)・口内乾燥症などの舌の病気。
かぜによる嗅覚障害や風味障害。うつ病・ヒステリー・ストレスなど心因性の病気など。

味覚障害の症状について

・甘味だけがわからない
・甘味だけを強く感じる
・食物の味が薄く感じる
・味が全くわからない
・味を感じにくい
・しょっぱい味を苦く感じる
・ある食べ物や飲み物の味が本来の味と変わった味がする

味覚障害の予防や治療法について

亜鉛による味覚障害には、偏食、朝食抜き、ファストフードやコンビニの弁当で食事を済ますという食生活を見直す。
無理なダイエットはやらない。
亜鉛を多量に含む食品(貝類のカキやレバー、チーズ、豆類、海苔、卵黄、海草、玄米、椎茸、ゴマ、小魚など)をとるようにしましょう。
薬剤による味覚障害の場合は、投与中止で味覚は元に戻りますが、回復に時間がかかることもあるようです。
「味がおかしい!」と感じられたら、まず原因をはっきりさせる為に、耳鼻科や脳神経外科、などで検査受けましょう。

伝染性単核球症

EBウイルスやその他の多くのウイルス感染症で同様の症状を呈しますが、EBウイルスがキスや飲み物の回し飲みなど、口からの経口感染したときに起こるケースが多い為にキス病とも言われている病気です。
3歳頃までには70%の人がEBウイルスに感染すると言われています。
免疫系の未熟な乳幼児期に感染した場合には、ほとんどが無症状ですが、免疫系がある程度完成する思春期以降に感染した場合、約50%が発病しますが、約4~6週間で症状は自然になくなると言われています。

伝染性単核球症の症状について

症状は、扁桃腺に白苔状のものがべっとりつく。
倦怠感、38度くらいの発熱が1~2週間続いたり、のどの痛み、湿疹、肝臓や脾臓の拡大、肝機能異常などの症状がおきます。

免疫力が低下した場合、再発することもあります。
感染者の約15~20%は、無症状の状態でウイルスを持っています。

思春期以降に感染すると約50%が発病します。
ただし、感染してもほとんどが数週間で自然に治ります。

伝染性単核球症の予防や治療法について

自然治癒する傾向の強い病気なので、安静にして経過を観察することが必要です。
重症の場合は、抗ウイルス薬を使用した治療法が考えられます。

上咽頭がん

上咽頭がんの概略や原因について

鼻の奥、鼻とのどのつなぎ目(アデノイドと同じ所)にできる癌。
咽頭がんは、そのできる場所により、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんとに分けられます。
見つけにくい場所にあり、上咽頭がんは、日本人には比較的少ないがんです。

上咽頭がんの症状について

症状として片側のみに鼻づまり、血の混じった鼻水がでる、視力が落ちるなどの症状があり、特に長期にわたり片方の鼻が詰まる、血の混じった鼻水が出るなどです。
上咽頭には耳管開口部があり、ここに腫瘍が及ぶと耳閉・耳鳴り・難聴・耳漏などを先にきたし、いわゆる中耳炎の症状から見つけられることがあります。

上咽頭がんの予防や治療法について

治療は上咽頭という部位は頭蓋底とも接しており、なかなか手術が困難ですので、主に放射線治療や抗がん剤の投与がもちいられますが、必要であれば摘出手術を組み合わせて行います。
特に放射線治療が有効であるガンでもあります。

上顎がん

上顎がんの概略や原因について

上顎洞(じょうがくどう)は副鼻腔のなかで最大の空洞で鼻腔の外下方に位置し、この上顎洞に発生した悪性腫瘍を上顎がんと呼びます。
上顎がんは、胃がんや子宮がんなどに比べるとずっと少なく、かつては耳鼻咽喉科領域の悪性腫瘍の約1/4を占めていましたが、副鼻腔炎の減少とともに上顎がんは減ってきています。

上顎がんの症状について

初期には鼻閉・鼻漏など慢性副鼻腔炎と同じような症状があらわれますが、普通はがんが増大し、上顎洞の骨壁を破壊して周囲の組織を圧迫してはじめて、その進展方向によって様々な症状をきたします。
鼻出血、悪臭のある鼻漏、頭痛、眼が突出したり、歯痛、顔が腫れたり痛みが出たり、眼球突出、眼の動きの障害、視力障害などがみられます。

上顎がんの予防や治療法について

上顎がんの診断は、肉眼による観察のほか、エックス線撮影、CTスキャン、と病気部分の組織を一部取り出して顕微鏡で調べる方法で確実となり、好発年齢は50歳以上です。
放射線照射、抗がん剤投与、手術による腫瘍の摘出など組み合わせて治療を行います。
上顎がんは放射線治療の有効なガンです。

下咽頭がん

下咽頭がんの概略や原因について

下咽頭がんとは、のどの一番底の部分、食道の入り口手前にできたがんということになります。
下咽頭がんの原因はまだよくわかっていませんが、喫煙や飲酒との因果関係が深いといわれています。
ヘビースモーカーで大酒飲みの方ほど下咽頭がんにかかりやすく、男性は女性の4~5倍の頻度で発生し、年齢は50~60歳代に多く、全体の60%以上はこの年代に発症します。

下咽頭がんの症状について

下咽頭は食物の通り道なので、腫瘍が出来ると、のみ込む時にひっかかる感じやスッキリ飲み込めない感じが持続します。
声が突然かれたり、物をのみ込む時に中耳炎のような鋭い痛みが走る事があります。

下咽頭がんの予防や治療法について

治療には、外科的治療・放射線治療・薬物治療などから進められます。
外科的治療は下咽頭にできたがんや、頸部リンパ節を切除するために行います。
放射線治療は、放射線単独で行う場合と、手術と組み合わせて行う場合があります。
薬物療法は、外科療法や放射線療法と併用されます。

関連記事

インプラント治療の歯科選びのポイントは?

インプラント治療は1960年代から日本でも行われてきた治療法です。 技術の進歩によって近年では

記事を読む

治療後の食事が心配!?

インプラントの手術が終わった後は、日帰りでの治療ですから食事も行うことが出来ます。 当日から食

記事を読む

妊娠中のインプラント治療はOK?

妊娠中にインプラント治療は行えるのでしょうか。 インプラント治療では麻酔や抗生物質など多く薬を

記事を読む

術後のメンテナンスって必要ですか?

イ ンプラント治療を行った場合、どのようなメンテナンスを行う必要があるのでしょうか。 インプラン

記事を読む

インプラントに用いられる仮歯

インプラントとは人工の歯の根のことを指しています。 しかしインプラントは人工の歯の根だけをさす

記事を読む

手術や術後の痛みは無いの?

インプラント治療で気になるのはやはり、なんと言っても痛みではないでしょうか。 インプラント

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

インプラント治療のオールオン4とは?

オールオン4とはインプラント治療のひとつの方法の事です。 オールオン4は欧米で普及してきている

記事を読む

吃音症(どもり)の原因

吃音症(どもり)の原因・症状・治療法をまとめてました

話すときにどもってしまう吃音症は、きちんと治療すれば克服できます。 どもることを恐れて会話を避

記事を読む

通院の頻度はどれくらい?

インプラント治療と通院頻度について考えてみましょう。 インプラント治療は長期的な治療になることは知

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑