*

通院の頻度はどれくらい?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント

インプラント治療と通院頻度について考えてみましょう。
インプラント治療は長期的な治療になることは知られていますが、どのくらいの頻度で通院すべきなのでしょうか。

インプラント治療は事前に大まかな予定が組まれますが、この予定は多少前後することを頭の中に入れておきましょう。
インプラント治療では長期的な治療になることはtらしかですが、やはり手術が大きな要因になるでしょう。

手術が始まるまで、2回から3回の検査があります。
これは一カ月以内に終える方が多いようです。

その後手術を行い、3か月から6カ月は安静にしておきます。
ですから、この期間は病院に通う必要はありません。

治療期間は長いのですが、このように病院に通わない期間があるのです。
その後、再度病院に行きます。

さらに2週間から1カ月開けて病院に行くことになりますから、病院に通う頻度はそんなに高いとは言えません。
ですからインプラント治療で通院する頻度はそれほど多いものではないのです。

通常の虫歯治療であると毎週病院に行くことになってしまいがちですが、そのような心配も要りません。
手術も日帰りで行えるのでまとまった休みも必要なく、安心して行うことが出来ます。

インプラント治療は通院頻度はそれほど高いものではありません。
しかし、長期的なものになってしまいます。

ですから、病院選びの際は通院のことを考えて置く必要があります。
通いにくい場所でなると、それだけで治療が億劫になってしまいがちです。

関連記事

インプラントと入れ歯の違いって何

インプラント治療という言葉も浸透しつつありますが、インプラントと入れ歯はどのように違うのでしょう

記事を読む

インプラントに用いられる仮歯

インプラントとは人工の歯の根のことを指しています。 しかしインプラントは人工の歯の根だけをさす

記事を読む

インプラント治療で入院の必要は?

インプラントの治療には入院が必要なのでしょうか。 インプラント治療が始まった1960年代では、

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

歯周病とインプラント治療の関係は?

インプラント治療と歯周病には何か関係性があるのでしょうか。 インプラント治療が歯周病の場合には

記事を読む

インプラント治療のオールオン4とは?

オールオン4とはインプラント治療のひとつの方法の事です。 オールオン4は欧米で普及してきている

記事を読む

舌炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

舌炎とは(概要) 舌炎(ぜつえん)と聞くと馴染みが薄いかもしれませんが、わかりやすく言えば

記事を読む

インプラントのメリットって何だろう

インプラント治療も最大のメリットは何処にあるのでしょうか。 実際にインプラント治療を行った人た

記事を読む

吃音症(どもり)の原因

吃音症(どもり)の原因・症状・治療法をまとめてました

話すときにどもってしまう吃音症は、きちんと治療すれば克服できます。 どもることを恐れて会話を避

記事を読む

歯周病の原因

歯周病の原因になるものをまとめてみました

歯垢(プラーク) ここからは、歯周病の原因となるものを紹介していきたいと思います。歯周病菌とい

記事を読む

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

→もっと見る

PAGE TOP ↑