*

通院の頻度はどれくらい?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント

インプラント治療と通院頻度について考えてみましょう。
インプラント治療は長期的な治療になることは知られていますが、どのくらいの頻度で通院すべきなのでしょうか。

インプラント治療は事前に大まかな予定が組まれますが、この予定は多少前後することを頭の中に入れておきましょう。
インプラント治療では長期的な治療になることはtらしかですが、やはり手術が大きな要因になるでしょう。

手術が始まるまで、2回から3回の検査があります。
これは一カ月以内に終える方が多いようです。

その後手術を行い、3か月から6カ月は安静にしておきます。
ですから、この期間は病院に通う必要はありません。

治療期間は長いのですが、このように病院に通わない期間があるのです。
その後、再度病院に行きます。

さらに2週間から1カ月開けて病院に行くことになりますから、病院に通う頻度はそんなに高いとは言えません。
ですからインプラント治療で通院する頻度はそれほど多いものではないのです。

通常の虫歯治療であると毎週病院に行くことになってしまいがちですが、そのような心配も要りません。
手術も日帰りで行えるのでまとまった休みも必要なく、安心して行うことが出来ます。

インプラント治療は通院頻度はそれほど高いものではありません。
しかし、長期的なものになってしまいます。

ですから、病院選びの際は通院のことを考えて置く必要があります。
通いにくい場所でなると、それだけで治療が億劫になってしまいがちです。

関連記事

インプラント治療のオールオン4とは?

オールオン4とはインプラント治療のひとつの方法の事です。 オールオン4は欧米で普及してきている

記事を読む

no image

「パールホワイトPROEX」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

パールホワイトPROEXとは パールホワイトPROEXとは、本格的な歯のホワイトニングを自宅で手軽

記事を読む

インプラント治療で入院の必要は?

インプラントの治療には入院が必要なのでしょうか。 インプラント治療が始まった1960年代では、

記事を読む

インプラントと入れ歯の違いって何

インプラント治療という言葉も浸透しつつありますが、インプラントと入れ歯はどのように違うのでしょう

記事を読む

インプラントのメリットって何だろう

インプラント治療も最大のメリットは何処にあるのでしょうか。 実際にインプラント治療を行った人た

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

術後のメンテナンスって必要ですか?

イ ンプラント治療を行った場合、どのようなメンテナンスを行う必要があるのでしょうか。 インプラン

記事を読む

歯周病の原因

歯周病の原因になるものをまとめてみました

歯垢(プラーク) ここからは、歯周病の原因となるものを紹介していきたいと思います。歯周病菌とい

記事を読む

口・のど・舌の病気の症状

口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防など

ここでは、口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防などについて詳しくご説明しています。 呼吸

記事を読む

インプラント治療の歯科選びのポイントは?

インプラント治療は1960年代から日本でも行われてきた治療法です。 技術の進歩によって近年では

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑