*

通院の頻度はどれくらい?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント

インプラント治療と通院頻度について考えてみましょう。
インプラント治療は長期的な治療になることは知られていますが、どのくらいの頻度で通院すべきなのでしょうか。

インプラント治療は事前に大まかな予定が組まれますが、この予定は多少前後することを頭の中に入れておきましょう。
インプラント治療では長期的な治療になることはtらしかですが、やはり手術が大きな要因になるでしょう。

手術が始まるまで、2回から3回の検査があります。
これは一カ月以内に終える方が多いようです。

その後手術を行い、3か月から6カ月は安静にしておきます。
ですから、この期間は病院に通う必要はありません。

治療期間は長いのですが、このように病院に通わない期間があるのです。
その後、再度病院に行きます。

さらに2週間から1カ月開けて病院に行くことになりますから、病院に通う頻度はそんなに高いとは言えません。
ですからインプラント治療で通院する頻度はそれほど多いものではないのです。

通常の虫歯治療であると毎週病院に行くことになってしまいがちですが、そのような心配も要りません。
手術も日帰りで行えるのでまとまった休みも必要なく、安心して行うことが出来ます。

インプラント治療は通院頻度はそれほど高いものではありません。
しかし、長期的なものになってしまいます。

ですから、病院選びの際は通院のことを考えて置く必要があります。
通いにくい場所でなると、それだけで治療が億劫になってしまいがちです。

関連記事

口腔乾燥症(ドライマウス)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

口腔乾燥症とは(概要) 口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウ

記事を読む

舌がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

舌がん(ぜつがん)とは口腔(こうくう)がんの一種です。 口腔がんと一口にいっても口底(こう

記事を読む

インプラント治療の歯科選びのポイントは?

インプラント治療は1960年代から日本でも行われてきた治療法です。 技術の進歩によって近年では

記事を読む

妊娠中のインプラント治療はOK?

妊娠中にインプラント治療は行えるのでしょうか。 インプラント治療では麻酔や抗生物質など多く薬を

記事を読む

正しい歯磨きで歯周病

正しい歯磨きで歯周病を予防しましょう

正しい歯磨きの仕方 歯周病を予防するための基本中の基本は、正しい歯磨きを毎日行うことです。歯磨

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

医療費控除と保険適用外の意味が解らない?

インプラントは保険が適用外ですが、贅沢品ではありませんから医療費の控除を求めることが出来ます。

記事を読む

糖尿病とインプラント治療の関係は?

インプラントと糖尿病は一見何の関係性もない言葉に見えますが、実は深い繋がりがあります。 インプ

記事を読む

「スーパークリッシュ」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

スーパークリッシュとは スーパークリッシュとは株式会社フレンテ・インターナショナルから発売され

記事を読む

歯周病の原因

歯周病の原因になるものをまとめてみました

歯垢(プラーク) ここからは、歯周病の原因となるものを紹介していきたいと思います。歯周病菌とい

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)と

→もっと見る

PAGE TOP ↑