*

インプラントの手術って痛くないの?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント


インプラントを行う場合は、手術をする必要があります。
インプラントの手術方法は数種類あり、本数や場所によって大きく異なることになります。
基本的には2回の手術を行うことになりますが、患者の負担を減らすため1回で行う場合もあります。

2回手術を行う場合は1回目で歯の根の部分だけを埋め込みます。
そして、時間をおいて二回目の歯の根と人工の歯をつなぐ部分を取りつけます。

この方法のおかげでしっかりと歯茎の中にインプラントが埋まり、ぐらつきなどの不安を解消してくれます。
1回の手術で行う場合はインプラントと人工の歯をつなぐ部分をセットにして行います。

これにより切開も一度で済み、治療の期間も短くて済みます。
すぐに仮歯も行えるので多くの歯を治療する際などに好まれて利用されます。

インプラント治療は金具を口の中に埋め込む手術を行うため、不安に感じている患者さまは非常に多くいらっしゃいます。
しかし、麻酔をして手術を行いますので、痛みを治療中に感じる事はありません。

また一般的な歯の治療のようン痛みを我慢して行うと言うことは一切無く、万が一麻酔の効果が低い場合、麻酔の量を足して行うことが可能です。
不安に思っている点はしっかり医師に相談して置く必要があるでしょう。

インプラント手術では顎の骨を削る事になります。
歯を削る場合であれば水が出ますが、骨を削る場合は塩水を用いることになります。

口の中ですので、しょっぱいと感じたり苦いと感じたり、血の味ではないかと具合が悪くなってしまったりする人がいますが、塩水ですので我慢しましょう。

実は、案外このことに気が付かず手術中にドキドキ舌と言う人は多いのです。
少ししょっぱいかもしれませんが、塩水ですので安心して手術しましょう。

関連記事

インプラントと入れ歯の違いって何

インプラント治療という言葉も浸透しつつありますが、インプラントと入れ歯はどのように違うのでしょう

記事を読む

治療後の食事が心配!?

インプラントの手術が終わった後は、日帰りでの治療ですから食事も行うことが出来ます。 当日から食

記事を読む

インプラント治療で入院の必要は?

インプラントの治療には入院が必要なのでしょうか。 インプラント治療が始まった1960年代では、

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

喫煙とインプラント治療の関係は?

インプラント治療と喫煙には何か関係があるのでしょうか。 喫煙は健康被害を与えることで近年注目を

記事を読む

ミニインプラントとは?

インプラントの中にはミニインプラントというものがります。 ミニインプラントは入れ歯の不快な症状

記事を読む

「スーパークリッシュ」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

スーパークリッシュとは スーパークリッシュとは株式会社フレンテ・インターナショナルから発売され

記事を読む

インプラントに用いられる仮歯

インプラントとは人工の歯の根のことを指しています。 しかしインプラントは人工の歯の根だけをさす

記事を読む

インプラント治療の歯科選びのポイントは?

インプラント治療は1960年代から日本でも行われてきた治療法です。 技術の進歩によって近年では

記事を読む

舌がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

舌がん(ぜつがん)とは口腔(こうくう)がんの一種です。 口腔がんと一口にいっても口底(こう

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑