*

がん細胞と正常細胞の違い

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 がん


日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。
この病気はがん細胞が増殖することにより発症します。
私たち人間には60兆個や100兆個などといわれるほど膨大な数の細胞がありますが、がん細胞は正常な細胞とどのような違いがあるのでしょうか。

最初に正常な細胞の特徴を解説しますが、異常ながん細胞と大きく異なるのは何をきっかけに増殖するか、どのように増殖するか、何回分裂することが可能なのかという点です。
まず、正常細胞が増殖するきっかけですが、細胞の老化、細胞の傷といった具合に、必要性に応じて細胞分裂が行なわれます。
次に正常細胞の増殖のしかたですが、細胞増殖因子と細胞抑制因子によってコントロールされており、各臓器や器官で細胞が一定数に保たれています。
たとえば皮膚の細胞は、負傷した際に増殖して傷口を塞いでくれますが、傷が治ってしまえば増殖をやめます。
そして分裂回数に関してですが、正常細胞は無限に分裂することが可能なわけではありません。
限界の回数に達すると分裂することが不可能であり、自然消滅してしまいます。
なお、分裂可能な回数は細胞1個あたり約50〜60回といわれています。

これに対しがん細胞の特徴ですが、正常細胞のように必要性があるかどうかに関係なく勝手に増殖します。
また、増殖をコントロールしている細胞増殖因子と細胞抑制因子が変異しているため、一定数に維持されるはずの細胞が、がん細胞の場合は異常なまでに増殖してしまうのです。
そのほか、正常細胞では回数に限界があった細胞分裂が、がん細胞の場合は限界がなく無限に分裂することが可能です。
その結果、がんが発生した部位に巨大な腫瘍が形成されたり、最初に発生した部位から血液やリンパに乗ってがん細胞が移動し、移動先で増殖して発症したりします。
正常な細胞の場合、たとえば胃の細胞が胃とは別の場所に移動してまで増殖するようなことはありません。

関連記事

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

PM2.5って・PM2.5のがんへの影響は?

PM2.5は微小粒子状物質とも呼び、PM2.5のPMはParticulateのPとMatterの

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

喫煙のがんへの影響は?

「たばこを吸うとがんになる」というのは非常に有名な話ですが、はたして本当なのかどうか気になってい

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑