*

癌細胞は常に生まれているらしい

公開日: : 最終更新日:2016/08/19 がん


がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。
このように思っている人は少なくありません。
しかしながら、この認識は誤りです。
がん細胞というのは、がんを引き起こす人の体内でのみ発生するわけではありません。

がん細胞が発生する原因は細胞のコピーミスであり、この問題は誰の体内でも日々起こっているのです。
人間には60兆個や100兆個の細胞があるといわれています。
そしてこの細胞は日々生まれ変わっているわけですが、新たに細胞が生み出される過程でコピーミスが起こってしまいます。
さらにコピーミスが起こるのは決してまれな話ではなく、細胞のミスコピーによって生み出されてしまうがん細胞の数は、1日あたり数千個にもなるといわれています。

しかしながら、毎日生み出されているがん細胞の除去・処理を行ってくれるものがあります。
それはなにかといいますと、高いと病気をしにくくなるということで有名な免疫力です。
免疫力が十分にあるとがん細胞が増殖する速度よりがん細胞を除去・処理する速度のほうが勝っているため、がん細胞はなくなりがんが引き起こされずに済みます。

ただし、免疫力は加齢やストレスなどにより低下します。
免疫力が落ちるとがん細胞の除去・処理能力が低下することを意味しています。
つまり、免疫力が低下することは、発がん率が上昇することを意味しているというわけです。

自分の家はがん家系ではないため大丈夫と思っている人もいるでしょうが、実際には上記のように誰の体内でもがん細胞は生み出されています。
自分だけはがんにならないと思っている人もまた多いでしょうが、現在は日本人の2人に1人ががん患者になっている時代です。
免疫力は生活習慣との関わりが深く、食事、運動、睡眠、ストレスなどの見直しを行なうことにより、能力の低下を防いだり、高めたりすることが可能です。
逆に生活習慣が乱れていると、若くても免疫力は低くなってしまいます。
不摂生をしていたせいで2人に1人のがん患者になりたくないという人は、生活習慣の見直しを行ないましょう。

関連記事

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは(概要) 多発性骨髄腫とは、骨髄中に存在する形質細胞ががん化する病気です。

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑