*

癌細胞は常に生まれているらしい

公開日: : 最終更新日:2016/08/19 がん


がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。
このように思っている人は少なくありません。
しかしながら、この認識は誤りです。
がん細胞というのは、がんを引き起こす人の体内でのみ発生するわけではありません。

がん細胞が発生する原因は細胞のコピーミスであり、この問題は誰の体内でも日々起こっているのです。
人間には60兆個や100兆個の細胞があるといわれています。
そしてこの細胞は日々生まれ変わっているわけですが、新たに細胞が生み出される過程でコピーミスが起こってしまいます。
さらにコピーミスが起こるのは決してまれな話ではなく、細胞のミスコピーによって生み出されてしまうがん細胞の数は、1日あたり数千個にもなるといわれています。

しかしながら、毎日生み出されているがん細胞の除去・処理を行ってくれるものがあります。
それはなにかといいますと、高いと病気をしにくくなるということで有名な免疫力です。
免疫力が十分にあるとがん細胞が増殖する速度よりがん細胞を除去・処理する速度のほうが勝っているため、がん細胞はなくなりがんが引き起こされずに済みます。

ただし、免疫力は加齢やストレスなどにより低下します。
免疫力が落ちるとがん細胞の除去・処理能力が低下することを意味しています。
つまり、免疫力が低下することは、発がん率が上昇することを意味しているというわけです。

自分の家はがん家系ではないため大丈夫と思っている人もいるでしょうが、実際には上記のように誰の体内でもがん細胞は生み出されています。
自分だけはがんにならないと思っている人もまた多いでしょうが、現在は日本人の2人に1人ががん患者になっている時代です。
免疫力は生活習慣との関わりが深く、食事、運動、睡眠、ストレスなどの見直しを行なうことにより、能力の低下を防いだり、高めたりすることが可能です。
逆に生活習慣が乱れていると、若くても免疫力は低くなってしまいます。
不摂生をしていたせいで2人に1人のがん患者になりたくないという人は、生活習慣の見直しを行ないましょう。

関連記事

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位のがん全体

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣腫瘍とは 予備知識を得ておこう! 精巣(せいそう)とは、下腹部に位置す

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)とは おむつ皮膚炎(ひふえん)とは、おむつと接触

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産

→もっと見る

PAGE TOP ↑