*

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

公開日: : 最終更新日:2016/08/11 がん


どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。
まず、がんは人間の体に存在する正常な細胞から生み出された、異常な細胞のかたまりです。

異常な細胞は、正常な細胞の遺伝子に複数個の傷がつくことで生み出されます。
傷は一度に誘発されるわけではなく、長期間をかけて少しずつ誘発されることが明確になっています。
また、傷が入る遺伝子には細胞分裂を促進し、細胞数を一定に維持することに関わる遺伝子、がん細胞の増殖を抑制する遺伝子があります。
遺伝子が傷ついてしまうことにより異常な細胞の増殖が暴走し、また増殖を阻止する力がなくなってしまうのです。

異常細胞の増殖は上記のとおり、遺伝子の傷が原因になっています。
なお、傷とひとくちにいっても複数の種類があり、そのひとつとしては、DNAに記録されている遺伝子の暗号に間違いが起こる遺伝子突然変異を挙げることが可能です。
遺伝子突然変異はたばこ、紫外線、食品の焦げといった具合に、私たちの身のまわりに存在するものが原因となって起こることが明確になっています。
また、前述したように傷の種類は複数あり、遺伝子突然変異以外の種類としては、暗号自体には変化のないものがあります。
この類の傷が遺伝子のエピジェネティックな変異であり、暗号そのものには変化がないものの、使われ方が変化してしまうことが特徴です。

問題のない細胞に決まった問題が発生すると、問題が起こった細胞は増殖します。
そこに次なる問題が起こるとより増殖が早くなります。
そしてこうした問題が蓄積されていくことによって、がん細胞ができあがるといわれています。

遺伝子突然変異や遺伝子のエピジェネティックな変異は、問題のない普通の状態の細胞をがん細胞に変えてしまう、決して歓迎することのできないトラブルです。
おさらいとして遺伝子のエピジェネティックな変異は、遺伝子につく傷の種類のひとつであり、遺伝子の暗号そのものには変化がなくても、使われ方が変化してしまうというものであるということを頭に入れておくと良いでしょう。

関連記事

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

PM2.5って・PM2.5のがんへの影響は?

PM2.5は微小粒子状物質とも呼び、PM2.5のPMはParticulateのPとMatterの

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑