*

遺伝子突然変異とは?

公開日: : 最終更新日:2016/09/26 がん


がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか?
自分なりに調べてはみたものの、難しくてよくわからず疑問を抱いた状態のままになっている人もいることでしょう。
以下にわかりやすくまとめていますので、気になっているという方は内容をご確認ください。

まず、遺伝子突然変異と関係のある遺伝子には、おもに2種類があります。
1個はがん遺伝子、もう1個はがん抑制遺伝子です。
がん遺伝子は細胞の分裂を促し、一定数の細胞を維持することに関与している正常な遺伝子が傷ついたもの、がん抑制遺伝子はがん細胞の増殖を抑えてくれる正常な遺伝子に傷が入っているものです。
がん遺伝子が活性化し、がん抑制遺伝子が不活性化すると、がん細胞の増殖が暴走し、食い止めることもできなくなり、どんどん拡大してしまいます。

がんの遺伝子突然変異に関するくわしい話をしていきますが、遺伝子突然変異は傷の一種です。
このことだけでもまず、遺伝子突然変異=遺伝子の傷ということで、がん遺伝子の活性化やがん抑制遺伝子の不活性化が起こり、がん細胞が大きくなることがご理解いただけたのではないでしょうか。

また、遺伝子突然変異は遺伝子の傷の一種であり、細胞内のDNAに記録されている遺伝子暗号の誤りです。
遺伝子の傷や暗号の間違いはどうして起こるのか、原因が何なのか疑問に感じた人もいるのではないでしょうか。
遺伝子の暗号に誤りが生じる原因としては複数のものがあり、身のまわりにあるものでは紫外線、食品の焦げ、たばこといったものが挙げられます。
がんの原因としてよく名前が出てくるものですので、遺伝子突然変異を起こすという説明に納得した人も少なくないでしょう。

以上のことをまとめると、遺伝子突然変異はがんを防ぐために重要な役割を果たしている遺伝子に異常を起こし、がん細胞の増殖を助長する現象ということになります。
また、すでに述べたように、遺伝子の突然変異はたばこや紫外線など、私たちの暮らしで身近なものが原因となって起こる現象でもあります。

関連記事

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは(概要) 多発性骨髄腫とは、骨髄中に存在する形質細胞ががん化する病気です。

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑