*

がん抑制遺伝子とは?

公開日: : 最終更新日:2016/08/16 がん


がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪う恐ろしい病気です。
そしてこうした腫瘍の形成や転移を起こしてしまうのは、がん細胞が際限なく増殖してしまう性質にあります。
がん細胞が増殖してしまうのは、たんぱく質の細胞増殖因子を生み出させている遺伝子が、なんらかの原因で傷つくことによりがん遺伝子に変化してしまうことが理由のひとつですが、もうひとつの遺伝子もがん細胞の増殖と深い関わりがあります。
それががん抑制遺伝子なのですが、この遺伝子はいったい、どのようなものなのでしょうか?

がん抑制遺伝子は、名前のとおりがんの増殖を抑えてくれるという重要な役割を担っている遺伝子です。
私たち人間の全細胞中に存在しており、細胞の異常増殖を食い止めるための細胞分裂抑制因子というたんぱく質を生み出しています。
本来、がんを防ぐために活躍してくれるはずのがん抑制遺伝子ですが、傷がつくと話が変わってきます。
がん抑制遺伝子が傷ついている場合には、がん細胞の増殖を食い止めることができなくなってしまうのです。
なお、がん抑制遺伝子といっても複数の種類があり、とくに強い力を発揮してくれているのがTP53遺伝子です。
がん化しそうな細胞を自滅させる作用がありますが、この遺伝子が突然変異を起こしてしまった場合、がんを引き起こすリスクがはねあがってしまうといわれています。

がん遺伝子はもとは正常だった遺伝子が突然変異したものですが、がん抑制遺伝子はもともと遺伝子が傷ついた状態になっている人もいます。
遺伝子は父親から1個、母親から1個受け継ぐことになり、がん抑制遺伝子が2個ある状態で子どもは誕生します。
受け継いだ遺伝子に傷が入っている場合、がん細胞の増殖をブロックすることができないという問題が起こります。
よって、両親の傷ついたがん抑制遺伝子を受け継いだ子どもは、がんになってしまう確率が2個とも遺伝子に異常がない人と比較して高くなってしまうのです。

関連記事

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣腫瘍とは 予備知識を得ておこう! 精巣(せいそう)とは、下腹部に位置す

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)とは おむつ皮膚炎(ひふえん)とは、おむつと接触

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産

→もっと見る

PAGE TOP ↑