*

がん抑制遺伝子とは?

公開日: : 最終更新日:2016/08/16 がん


がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪う恐ろしい病気です。
そしてこうした腫瘍の形成や転移を起こしてしまうのは、がん細胞が際限なく増殖してしまう性質にあります。
がん細胞が増殖してしまうのは、たんぱく質の細胞増殖因子を生み出させている遺伝子が、なんらかの原因で傷つくことによりがん遺伝子に変化してしまうことが理由のひとつですが、もうひとつの遺伝子もがん細胞の増殖と深い関わりがあります。
それががん抑制遺伝子なのですが、この遺伝子はいったい、どのようなものなのでしょうか?

がん抑制遺伝子は、名前のとおりがんの増殖を抑えてくれるという重要な役割を担っている遺伝子です。
私たち人間の全細胞中に存在しており、細胞の異常増殖を食い止めるための細胞分裂抑制因子というたんぱく質を生み出しています。
本来、がんを防ぐために活躍してくれるはずのがん抑制遺伝子ですが、傷がつくと話が変わってきます。
がん抑制遺伝子が傷ついている場合には、がん細胞の増殖を食い止めることができなくなってしまうのです。
なお、がん抑制遺伝子といっても複数の種類があり、とくに強い力を発揮してくれているのがTP53遺伝子です。
がん化しそうな細胞を自滅させる作用がありますが、この遺伝子が突然変異を起こしてしまった場合、がんを引き起こすリスクがはねあがってしまうといわれています。

がん遺伝子はもとは正常だった遺伝子が突然変異したものですが、がん抑制遺伝子はもともと遺伝子が傷ついた状態になっている人もいます。
遺伝子は父親から1個、母親から1個受け継ぐことになり、がん抑制遺伝子が2個ある状態で子どもは誕生します。
受け継いだ遺伝子に傷が入っている場合、がん細胞の増殖をブロックすることができないという問題が起こります。
よって、両親の傷ついたがん抑制遺伝子を受け継いだ子どもは、がんになってしまう確率が2個とも遺伝子に異常がない人と比較して高くなってしまうのです。

関連記事

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは(概要) 多発性骨髄腫とは、骨髄中に存在する形質細胞ががん化する病気です。

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位のがん全体

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑