*

がん遺伝子とは?

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 がん


がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます。
なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?
この問いに対する答えですが、大きい腫瘍がつくり出されたり、別の部位に転移を起こしたりして命がおびやかされてしまうのは、がん細胞が無限に増殖してしまうという性質があるせいです。

正常な細胞は無限に増殖することはなく、必要に応じてたんぱく質の細胞増殖因子が細胞表面に存在する増殖因子受容体と結合し、分裂を促進します。
また、人間の体には異常細胞の増殖を防止する細胞増殖抑制因子があり、正常な細胞を一定数に維持したり、異常細胞が増殖してしまうことを防いだりしています。
なお、細胞増殖抑制因子も細胞増殖因子と同じくたんぱく質です。

がん遺伝子は、上記の細胞増殖因子を生み出させる遺伝子がもとになります。
本来、細胞増殖因子は正常な細胞分裂を促すことと関わっていますが、遺伝子がなんらかの原因で傷ついてしまうことにより、がん遺伝子と化してしまいます。
細胞増殖因子を生み出させる遺伝子ががん遺伝子に変わってしまうと、異常なたんぱく質を生み出すようになります。
そしてこの異常なたんぱく質により、がん細胞の分裂や増殖を招くことになってしまうのです。

がん遺伝子は「遺伝子」という言葉が含まれているため、もともとあるもののように思った人もいるのではないでしょうか。
しかしながら、前述したことを別の表現にすると、もとは正常だった遺伝子が突然変異を起こしたものががん遺伝子なのです。

なお、がんと関わりの深い遺伝子には、がん抑制遺伝子というものがあります。
ここではくわしくは述べませんが、このがん抑制遺伝子に傷が入っていることによっても、がん細胞は増殖してしまいます。
がん細胞がどのようにして増殖してしまうのか、よりくわしく知りたいという人は、がん遺伝子以外にがん抑制遺伝子のこともチェックしたおいたほうがよいでしょう。

関連記事

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

PM2.5って・PM2.5のがんへの影響は?

PM2.5は微小粒子状物質とも呼び、PM2.5のPMはParticulateのPとMatterの

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑