*

がん遺伝子とは?

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 がん


がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます。
なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?
この問いに対する答えですが、大きい腫瘍がつくり出されたり、別の部位に転移を起こしたりして命がおびやかされてしまうのは、がん細胞が無限に増殖してしまうという性質があるせいです。

正常な細胞は無限に増殖することはなく、必要に応じてたんぱく質の細胞増殖因子が細胞表面に存在する増殖因子受容体と結合し、分裂を促進します。
また、人間の体には異常細胞の増殖を防止する細胞増殖抑制因子があり、正常な細胞を一定数に維持したり、異常細胞が増殖してしまうことを防いだりしています。
なお、細胞増殖抑制因子も細胞増殖因子と同じくたんぱく質です。

がん遺伝子は、上記の細胞増殖因子を生み出させる遺伝子がもとになります。
本来、細胞増殖因子は正常な細胞分裂を促すことと関わっていますが、遺伝子がなんらかの原因で傷ついてしまうことにより、がん遺伝子と化してしまいます。
細胞増殖因子を生み出させる遺伝子ががん遺伝子に変わってしまうと、異常なたんぱく質を生み出すようになります。
そしてこの異常なたんぱく質により、がん細胞の分裂や増殖を招くことになってしまうのです。

がん遺伝子は「遺伝子」という言葉が含まれているため、もともとあるもののように思った人もいるのではないでしょうか。
しかしながら、前述したことを別の表現にすると、もとは正常だった遺伝子が突然変異を起こしたものががん遺伝子なのです。

なお、がんと関わりの深い遺伝子には、がん抑制遺伝子というものがあります。
ここではくわしくは述べませんが、このがん抑制遺伝子に傷が入っていることによっても、がん細胞は増殖してしまいます。
がん細胞がどのようにして増殖してしまうのか、よりくわしく知りたいという人は、がん遺伝子以外にがん抑制遺伝子のこともチェックしたおいたほうがよいでしょう。

関連記事

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

PM2.5って・PM2.5のがんへの影響は?

PM2.5は微小粒子状物質とも呼び、PM2.5のPMはParticulateのPとMatterの

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは(概要) 多発性骨髄腫とは、骨髄中に存在する形質細胞ががん化する病気です。

記事を読む

ノロウイルス感染症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

ノロウイルス感染症とは ノロウイルス感染症(のろういるすかんせんしょう)とは、ノ

原発性アルドステロン症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

原発性アルドステロン症とは 日本人にも患っている人の多い「高血圧症(こうけつ

舌がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

舌がん(ぜつがん)とは口腔(こうくう)がんの一種です。 口腔がんと一口にいっても

陰のう水腫を詳細に:原因,症状,検査,治療など

陰のう水腫とは? 陰のう水腫(いんのうすいしゅ)とは、左右の精巣(睾丸)が格

メタボリックシンドロームを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

メタボリックシンドロームとは メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に伴う

→もっと見る

PAGE TOP ↑