*

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/24 がん


ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。
有害な物質でありながら私たちの生活では身近な存在であり、塗料、接着剤、防腐剤、建材、壁紙、家具、プラスチック製品、自動車の排気ガス、自動車用ワックス、食品、化粧品、化粧雑貨、衣類、寝具、おむつ、水道水、大気などに含まれています。
シックハウス症候群や水質汚染問題を引き起こす物質であるほか、がんにも影響があることが専門的な研究機関によって明らかになっています。

結論を先に述べると、ホルムアルデヒドは発がん性物質です。
WHO(世界保健期間)の下部組織であるIARC(国際がん研究機関)には発がん性分類というものがあります。
IARCの人間に対する発がん分類にはグループ1、グループ2A、グループ2B、グループ3、グループ4の5種類があります。
グループ1は人に対する発がん性がある、グループ2Aは人に対しおそらく発がん性がある、グループ2Bは人に対する発がん性が疑われる、グループ3は人に対する発がん性が確認できない、グループ4は人に対する発がん性はおそらくないものが指定されています。
ホルムアルデヒドはこの5種類の発がん性分類のうち、以前はグループ2Aの化学物質として指定されていましたが、2009年にはグループ1の化学物質として格上げされています。
また、ホルムアルデヒドはIARCによって、骨髄性白血病の原因物質として特定されてもいます。
そのほか、50ppmの濃度のホルムアルデヒドは急性中毒になって肺炎を引き起こし、命を落としてしまうことにもなりかねません。

また、ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質でもあります。
ホルムアルデヒドが含まれている主なものとしては、合板や壁紙といった接着剤を挙げることができます。
シックハウス症候群を引き起こすと、目がチカチカする、のどが痛みを感じるなどの刺激症状や、頭痛、めまい、全身倦怠感などの不定愁訴が症状として起こるとされています。

関連記事

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位のがん全体

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑