*

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/24 がん


ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。
有害な物質でありながら私たちの生活では身近な存在であり、塗料、接着剤、防腐剤、建材、壁紙、家具、プラスチック製品、自動車の排気ガス、自動車用ワックス、食品、化粧品、化粧雑貨、衣類、寝具、おむつ、水道水、大気などに含まれています。
シックハウス症候群や水質汚染問題を引き起こす物質であるほか、がんにも影響があることが専門的な研究機関によって明らかになっています。

結論を先に述べると、ホルムアルデヒドは発がん性物質です。
WHO(世界保健期間)の下部組織であるIARC(国際がん研究機関)には発がん性分類というものがあります。
IARCの人間に対する発がん分類にはグループ1、グループ2A、グループ2B、グループ3、グループ4の5種類があります。
グループ1は人に対する発がん性がある、グループ2Aは人に対しおそらく発がん性がある、グループ2Bは人に対する発がん性が疑われる、グループ3は人に対する発がん性が確認できない、グループ4は人に対する発がん性はおそらくないものが指定されています。
ホルムアルデヒドはこの5種類の発がん性分類のうち、以前はグループ2Aの化学物質として指定されていましたが、2009年にはグループ1の化学物質として格上げされています。
また、ホルムアルデヒドはIARCによって、骨髄性白血病の原因物質として特定されてもいます。
そのほか、50ppmの濃度のホルムアルデヒドは急性中毒になって肺炎を引き起こし、命を落としてしまうことにもなりかねません。

また、ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質でもあります。
ホルムアルデヒドが含まれている主なものとしては、合板や壁紙といった接着剤を挙げることができます。
シックハウス症候群を引き起こすと、目がチカチカする、のどが痛みを感じるなどの刺激症状や、頭痛、めまい、全身倦怠感などの不定愁訴が症状として起こるとされています。

関連記事

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは(概要) 多発性骨髄腫とは、骨髄中に存在する形質細胞ががん化する病気です。

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑