*

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/07 がん


発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを発がん性物質といいます。
発がん性物質にはWHO(世界保健期間)の下部組織であるIARC(国際がん研究機関)によるリスクの分類があり、グループ1、グループ2A、グループ2B、グループ3、グループ4の5種類があります。
グループ1は人間への発がん性を示す十分な証拠が存在するものが分類されており、グループ2Aは人間への発がん性を示す限定的な証拠が存在し、実験動物への発がん性の証拠が十分に存在するものが、グループ2Bは人間への発がん性を示す限定的な証拠が存在し、実験動物での発がん性の証拠が十分より少ないものが、グループ3は人間への発がん性を示す証拠が不十分で、実験動物での発がん性の証拠が十分ではないものが、グループ4は人間および実験動物で発がん性がないものを示唆する証拠が存在するものが分類されています。

グループ1にはたばこ、アルコール飲料、アスベスト、ダイオキシン、カドミウム、ディーゼル車排出ガス、加工肉、太陽光、経口避妊薬などが、グループ2Aは熱いマテ茶などが、グループ2Bはコーヒー、アジア式野菜の漬物などが分類されています。
なお、グループ3は人間への発がん性を示す証拠が不適切なものしかなく、グループ4は発がん性がないことを示唆する証拠があるということで、どういうものが分類されているかは割愛させていただきます。

意外と身近なものに発がん性があることにビックリした人もいるでしょうが、各発がん性物質ががんにどのように影響するのかには違いがあります。
たとえばたばこは口唇・口腔・咽頭、食道、胃、肝・肝内胆管、膵臓、喉頭、肺、子宮頸部、腎盂を除く腎臓、尿路(膀胱・腎盂・尿管)、骨髄性白血病のリスクは非喫煙者より高くなりますし、ディーゼル車の排出ガスは肺がんや膀胱がんのリスクが、経口避妊薬は子宮頸がん、肝臓がんのリスクが、太陽光は皮膚がんのリスクが、アルコール飲料は口腔、咽頭、喉頭、上部消化管、下部消化管、肝、肺、食道などのリスクが、熱いマテ茶は口腔、食道のがんのリスクがあるといった具合にです。
がんを未然に防ぎたいと強く思っている人は、自分が普段摂取しているものに発がん性がないかどうかチェックし、リスク分類で発がん性があると認められていたり、発がん性を示す可能性があったりするものは避けるようにするとよい対策になることでしょう。

関連記事

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑