*

喫煙のがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/06 がん


「たばこを吸うとがんになる」というのは非常に有名な話ですが、はたして本当なのかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。
ヘビースモーカーやチェーンスモーカーといわれるような人でもがんを発症しないことがあったり、生まれて1本もたばこを吸ったことがない人ががんになったりすると、喫煙とがんには本当は関係がないのではないかと疑う人もいるでしょう。

まず、WHO(世界保健期間)傘下のIARC(国際がん研究機関)にある発がん性リスクでは、たばこの喫煙と受動的喫煙環境の両方がグループ1に分類されています。
グループ1というのは人間に対する発がん性があり、その証拠が十分に存在するものが分類されています。
たばこには発がん性物質が数十種類入っているため、がんになりたくない人はたばこをやめる、極力ほかの人が吸っているたばこの煙を吸引するような場所を避けることが大切です。

また、ひとくちにがんといっても多くの種類があることはご存じでしょう。
たばこを吸うことは、複数種類のがんのリスクを上昇させることになってしまいます。
喫煙者が非喫煙者に比べて何倍がんのリスクがあるのかといいますと、全がんは男性が2.0、女性が1.6、口唇・口腔・咽頭は男性が2.7、女性が2.0、食道は男性が3.4、女性が1.9、胃は男性が1.5、女性が1.2、肝・肝内胆管は男性が1.8、女性が1.7、膵臓は男性が1.6、女性が1.8、喉頭は男性が5.5、肺は男性が4.8、女性が3.9、子宮頸部は女性が2.3、腎盂を除く腎臓は男性が1.6、女性が0.6、尿路(膀胱・腎盂・尿管)は男性が5.4、女性が1.9、骨髄性白血病は男性が1.5、女性が1.0となっています。
また、がんの原因のうち喫煙がどの程度の割合を占めるかということに関してですが、全がんは男性が39%、女性が5%、口唇・口腔・咽頭は男性が52%、女性が7%、食道は男性が61%、女性が12%、胃は男性が25%、女性が3%、肝・肝内胆管は男性が37%、女性が5%、膵臓は男性が26%、女性が8%、喉頭は男性が73%、肺は男性が69%、女性が20%、子宮頸部は女性が9%、腎盂を除く腎臓は男性が30%、女性が−1%、尿路(膀胱・腎盂・尿管)は男性が72%、女性が3%、骨髄性白血病は男性が35%、女性が0%というデータがあります。

関連記事

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑