*

排気ガスのがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/09/18 がん


排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応を起こした際に発生する気体であり、大気中に放出されるもののことをいいます。
多くの人がパッと思い浮かべるのは自動車でしょうが、排気ガスががんに影響するのかどうかが気になっている人もいるのではないでしょうか。

このことを説明する前に、発がん性物質とはなにかということと、WHO(世界保健機構)の傘下であるIRAC(国際がん研究機関)にある、発がん性物質の分類を把握しましょう。
まず発がん性物質というのは、正常な細胞をがんに変える性質がある化学物質のことをいいます。
次にIRACによる発がん性物質ですが、グループ1、グループ2A、グループ2B、グループC3、グループ4があります。
人間に対して発がん性を示す証拠が十分にあるものが入るのがグループ1で、グループ2Aは人間に対し発がん性を示す限定的な証拠があり、動物に対し発がん性を示す証拠が十分にあるもの、グループ2Bは人間に対し発がん性を示す限定的な証拠があり、動物実験での発がん性を示す証拠が十分より少ないもの、グループ3は人間での発がん性を示す証拠が不十分であり、動物実験での証拠が十分ではないもの、グループ4は人間と動物実験で発がん性がないことを示唆する証拠が存在するものが分類されています。
グループの横にある数字が低いものほど危険というのがご理解いただけたと思いますが、排気ガスはこのなかのどこに入るでしょうか。

正解ですが、現状でディーゼルエンジンの排気ガスはグループ1に、ガソリンの排気ガスはグループ2Bに入っています。
現状でとしているのは、今後どこのグループに属するのかが変わることがあるためです。
驚いた人もいるでしょうが、ディーゼルの排気ガスもガソリンの排気ガスもがんを起こす可能性があります。
なお、グループ1はディーゼルエンジンの排気ガス以外にも、私たちの生活と身近なものが分類されています。
一部紹介しますが、太陽光(紫外線)、アルコール飲料、たばこ、ハム・ベーコン・ソーセージなどの加工肉といった具合です。

関連記事

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑