*

活性酸素のがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 がん


活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。
私たち人間の体のなかで生み出されており、強力な酸化作用があります。

活性酸素には良い面と悪い面がありますが、まずは良い面をご紹介しましょう。
細菌が私たち人間の体内に侵入してきた際には、血液中にある白血球が戦ってくれます。
細菌と白血球が戦闘する際、活性酸素は細菌を駆逐するために使用されます。

上記のような良い面があるため、活性酸素は増加するほどいいと思う人もいるでしょうが、実は違います。
活性酸素には悪い面もあると述べましたが、過剰な活性酸素は体に害になるのです。
たとえば、活性酸素には前述したように強力な酸化作用がありますが、体のなかに存在しているたんぱく質を酸化させてしまい、このことが老化の進行を助長します。
また、活性酸素は血管の老化の原因にもなり、動脈硬化や心筋梗塞といった病気を引き起こすリスクを上昇させてしまうともいわれています。
ほかにも活性酸素の悪い面にあてはまるようなことがあり、活性酸素はがんとも関係があります。
がんは細胞のコピーミスが原因で引き起こされるわけですが、活性酸素によってこの問題が誘発されてしまいます。

以上のような特徴が活性酸素にはあるわけですが、40代になると増加しやすくなるといわれています。
人間には活性酸素を取り除くSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)やカタラーゼといった抗酸化酵素があるのですが、40歳以降になると生み出される量が減少していき、活性酸素による影響を受けやすくなってしまいます。
すでに述べたように活性酸素によって細胞のコピーミスが誘発されるため、抗酸化酵素が少なく活性酸素が優位な状態になっていると、がんを発症しやすくなってしまうと考えることが可能です。

加齢で増加しやすくなる活性酸素でがんを招いてしまうのを防止するには、複数の効果的とされている方法があります。
抗酸化作用のある成分が含まれている抗酸化食品を摂る、たばこをやめる、適正飲酒にする、適度な有酸素運動を行なう、ストレスをためない・解消する、過度に紫外線や放射線を浴びないといったものがあげられます。

関連記事

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑