*

活性酸素のがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 がん


活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。
私たち人間の体のなかで生み出されており、強力な酸化作用があります。

活性酸素には良い面と悪い面がありますが、まずは良い面をご紹介しましょう。
細菌が私たち人間の体内に侵入してきた際には、血液中にある白血球が戦ってくれます。
細菌と白血球が戦闘する際、活性酸素は細菌を駆逐するために使用されます。

上記のような良い面があるため、活性酸素は増加するほどいいと思う人もいるでしょうが、実は違います。
活性酸素には悪い面もあると述べましたが、過剰な活性酸素は体に害になるのです。
たとえば、活性酸素には前述したように強力な酸化作用がありますが、体のなかに存在しているたんぱく質を酸化させてしまい、このことが老化の進行を助長します。
また、活性酸素は血管の老化の原因にもなり、動脈硬化や心筋梗塞といった病気を引き起こすリスクを上昇させてしまうともいわれています。
ほかにも活性酸素の悪い面にあてはまるようなことがあり、活性酸素はがんとも関係があります。
がんは細胞のコピーミスが原因で引き起こされるわけですが、活性酸素によってこの問題が誘発されてしまいます。

以上のような特徴が活性酸素にはあるわけですが、40代になると増加しやすくなるといわれています。
人間には活性酸素を取り除くSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)やカタラーゼといった抗酸化酵素があるのですが、40歳以降になると生み出される量が減少していき、活性酸素による影響を受けやすくなってしまいます。
すでに述べたように活性酸素によって細胞のコピーミスが誘発されるため、抗酸化酵素が少なく活性酸素が優位な状態になっていると、がんを発症しやすくなってしまうと考えることが可能です。

加齢で増加しやすくなる活性酸素でがんを招いてしまうのを防止するには、複数の効果的とされている方法があります。
抗酸化作用のある成分が含まれている抗酸化食品を摂る、たばこをやめる、適正飲酒にする、適度な有酸素運動を行なう、ストレスをためない・解消する、過度に紫外線や放射線を浴びないといったものがあげられます。

関連記事

喫煙のがんへの影響は?

「たばこを吸うとがんになる」というのは非常に有名な話ですが、はたして本当なのかどうか気になってい

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

薬物性肝障害を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬物性肝障害とは 薬物性肝障害(やくぶつせいかんしょうがい)とは、医療機関の

→もっと見る

PAGE TOP ↑