*

睡眠とがんの関係

公開日: : 最終更新日:2016/07/18 がん


眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細胞が活性化します。
免疫細胞はがんの原因になるコピーミスの細胞を見逃すことなく駆逐してくれます。
がんを防ぐうえで睡眠は非常に重要な行為であり、適切な睡眠の質と量を維持していきたいところです。

眠りの質や量が不十分な状態では、交感神経が過度に緊張した状態が続いてしまいます。
そしてこのような状態では、老化や遺伝子の損傷を引き起こす活性酸素を生み出されやすくなっており、細胞のコピーミスを招きやすくなっているのです。
質の悪い睡眠が続いていること、睡眠時間が不足していることは、がんになりやすいということができます。

極力がんになりやすい状態におちいるのは避けたいところですが、良質な睡眠とはいったいどういう眠りのことをいうのでしょうか。
また、どの程度の睡眠時間を確保すればよいのでしょうか。
この疑問に対する答えですが、良質な睡眠というのは簡単にいうと寝つきがよく、途中で目が覚めてしまわず朝までぐっすり寝ていられることです。
睡眠時間に関しては、成人の場合は毎晩7〜8時間が理想的といえるでしょう。

また、何時までに寝たほうがいいのか、この点が気になっている人もいるのではないでしょうか。
難しいという人もいるでしょうが、午前(夜中)0時までには眠ったほうがいいです。
なぜ0時までに寝たほうがいいのか、このことにも理由はしっかりとあり、がん細胞が一番生み出されやすい時間帯が午前0〜5時までとされているためです。

なお、睡眠不足はがんになりやすいということを前述しましたが、できる限り長く眠ったほうがいいということではありません。
海外で行なわれた研究では、1日の睡眠時間が9時間以上の人は、7時間前後の人と比較すると、大腸がんを引き起こすリスクが1.4〜2倍にまでふくれあがるということが調査によりわかりました。
したがって睡眠時間は短すぎてもよくありませんし、長すぎてもよくありません。
毎晩7〜8時間の確保にとどめておけるように、寝すぎてしまう人は目覚まし時計を使用するなどの対策を行ないましょう。

関連記事

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑