*

がんの症状が出るまでの期間とは

公開日: : 最終更新日:2016/09/11 がん


がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか?
このことに関してですが、がんはがん細胞発生後すぐに症状が起こるわけではありません。

がん細胞は発生、育成期、増殖期という具合に時期をわけることが可能です。
発生〜育成期までは10〜20年間、育成期〜増殖期までは1〜5年間あります。
がんの発生部位によって症状が起こるまでの期間は異なり、また個人差もありますが、約2〜3cmのサイズになると症状が出てくることが多いです。
前述した時期でいうと、育成期のあたりには2〜3cmほどの大きさに成長しています。
なお、5cm以上のサイズに成長しても、これといった症状が引き起こされない場合もあります。
いずれにしても、がんが発生し症状が出てくるまでには10年以上の期間が過ぎているのです。

上記のように、症状が出てくるのは多くの場合、2〜3cmのサイズになったあたりですが、がんは症状が出てからでは遅い恐ろしい病気です。
早期発見といえるのは、まだまったく自覚症状が出ていない1cmほどのサイズです。
がんとしてもかなりの初期であり、この時期までにがんを発見して早期治療を受けることで、大多数のがんの5年生存率は90%超など非常に高くなります。

自覚症状がない状態でがんを発見するには、専門家に頼る以外にありません。
定期的にがん検診を受けることが、症状が出る前にがんを治すためには欠かせないといえるでしょう。
定期的にといわれてもどのぐらいのサイクルで検診を受けたほうがいいのか、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。
このことに関してですが、国では40歳以降は毎年がん検診を受けることが望ましいいう情報が発表されています。
なお、がんは中高年がなるというイメージがある人もいるでしょうが、実際には年齢に関係なく起こるため、若い人も検診を受けたほうがいいです。
一般的な検査では1cmほどになっていればがんを発見することが可能ですが、最新の検査技術では5mmほどの小さいがんを発見することも可能になってきています。

関連記事

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位のがん全体

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑