*

がんの成長速度とダブリングタイム

公開日: : 最終更新日:2016/07/11 がん


がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。
がんの早期発見といわれているのは1cmの大きさに成長するまでといわれていますが、どのぐらいの期間をかけてがん細胞が増殖し、大きくなると思いますか?

はじめに、がん細胞というのは発生したばかりのころはわずか0.01mmの大きさしかありません。
それが時間をかけて成長していって、1mm、1cmと大きくなっていきます。
前述したように、早期発見といわれているのは1cmに成長するまでですが、このときすでにがん細胞の数は約10億個に達しています。
そしてこれもまたすでに述べたことですが、がんの成長速度は発生した部位、発生した人の状態により異なりますが、1cmにまで成長するには10年以上の期間を要することが多いです。
意外とゆっくりで驚いた方もいるのではないでしょうか。

そのほか、がんの成長速度に関する言葉として、ダブリングタイムというものがあります。
腫瘍倍増時間のことであり、がん細胞が2倍の体積になるまでに要する時間を意味する言葉です。
がん細胞は細胞分裂を繰り返し、倍々に増殖して巨大化するのですが、ダブリングタイムが短いほどがんが増殖するスピードは速く、大きく成長しやすいということになります。

すべてのがんのダブリングタイムをここで紹介することはできませんが、女性に起こる乳がんは多くの場合、100日前後でがん細胞の体積が2倍になるといわれています。
そしてがんの早期発見であるといわれている約1cmまで成長するには、約30回はがん細胞の体積を倍増させていかなければなりません。
この乳がんのダブリングタイムとダブリングの回数をかけ算すると、1cm程度のサイズにまで成長するには約8年の期間を要することになります。

がんの成長速度とダブリングタイムに関しては以上ですが、がんは症状が出てからでは遅いといわれている病気であり、最悪の場合には命を落としてしまいます。
症状が出てくるのは2〜3cmほど、命を落とす恐れがあるのは10cmほどといわれていますが、極力症状が出てくる前に早期発見できるようにしたいところです。

関連記事

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑