*

転移と再発の違い

公開日: : 最終更新日:2016/08/24 がん


がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。
転移と再発は似たようなものと思っている人は少なくないでしょうが、同じではありません。
以下にがんの再発とはいったいなんなのか、がんの転移とはなんなのかをわかりやすくまとめていますので、がんの転移と再発の違いを知りたい人は内容をぜひご覧になってください。

まずはがんの再発とはなにか説明しますが、最初にがんが発生した部位で取りきれなかったがん細胞が、同じ部位で再び増殖することをいいます。
また、抗がん剤治療や放射線治療で一度は小さくなったがんが、再び成長した場合にも再発したといいます。
これに対し転移というのは、最初にがんが発生した部位から血液からリンパの流れに乗って離れた別の部位に移動し、そこでがん細胞が増殖することをいいます。
また、最初にがんが発生した部位ががんの浸潤により破裂するなどした場合、まわりの臓器などに腫瘍がばらまかれてくっつき、そこでがん細胞が増殖、大きくなってしまうこともありますが、この場合にも転移したという表現が使用されます。

転移と再発の違いをご理解いただけたと思いますが、がんには転移再発というものがあります。
がんはいったん治っても再発する場合がありますが、絶対に前回発生した部位で再発するとは限りません。
最初に発生した部位とは別の、離れた部位に再発してしまった場合に転移再発という言葉が使用されます。

そのほか、がんには転移しやすいものやしにくいもの、再発しやすいものがあります。
転移が起こりやすいのはすい臓がん、乳がん、メラノーマ(悪性黒色腫)などとされており、スキルス胃がんや卵巣がんは周囲に浸潤しやすいのが特徴です。
これに対し、転移が起こりにくいものは子宮頸がんや甲状腺がんなどです。
再発しやすいものは転移や浸潤しやすいものも含まれますが、まだ名前が出ていないものとしては肝臓がん、食道がん、膀胱がん、直腸がんといったものが挙げられます。

関連記事

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑