*

がんの種類と主な転移先

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 がん


すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。
がんを発症する部位によって肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、子宮がんなど、がんはありとあらゆる部位に引き起こされるものであり、最悪の場合は命を落とすことになりかねません。
なお、がんの発症でとくに命が脅かされるようになるのは、がんが浸潤や転移をした場合です。
浸潤はがん細胞が発生した部位で増殖するとともに、まわりの器官に直接広がっていくことで、転移はがん細胞が発生した部位から血液やリンパの流れにのって、別のところで広がることをいいます。

転移がどのようなことをいうのかご理解いただけたのではないかと思いますが、がんは種類別に転移しやすいといわれている部位があります。
具体的な例を出すと、肺がんは肺以外に脳、肝臓、骨、副腎に、大腸がんは大腸のほか、肺、肝臓、膀胱や膣などへの浸潤、胃がんはすい臓、脾臓、横行結腸などへの浸潤のほか、腹膜、肝臓に、スキルス胃がんは腹膜に、乳がんは肺、肝臓、脳、骨に、肝臓がんは肝臓のほか肺、胃に、すい臓がんは十二指腸、肝臓、胆管、神経、血管、腹膜に、卵巣がんは子宮、腹膜、大腸、横隔膜に、骨肉腫は肺、肝臓、脳、骨に、ほくろのがんのメラノーマはリンパ節、骨に、転移しやすいといわれています。
なお、肺がんは前述したように肺、脳、肝臓、骨、副腎にしか転移しないということではなく、ほかの部位に転移する可能性はあります。
あくまでほかの部位に比べて転移しやすい部位である、ということは頭に入れておいてください。

そのほか、がんの種類によって転移や浸潤自体が起こりやすいもの、起こりにくいものがあるといわれています。
転移が起こりやすい種類は乳がん、すい臓がん、メラノーマなど、逆に転移が起こりにくい種類は子宮頸がんや甲状腺がんなどです。
また、浸潤が起こりやすいがんの種類としては、卵巣がんやスキルス胃がんを挙げることができます。

関連記事

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑