*

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気


たんぱく漏出性胃腸症(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、主にアルブミンが消化管内へと多量に漏出する病気のことをいいます。
たんぱく質が漏出することにより、低たんぱく血症(けっしょう)に陥るのが主な特徴です。
腸のリンパ系の障害や毛細血管透過性の亢進(こうしん)、消化管粘膜上皮の障害によって、胃腸管壁経由で管腔(かんくう)の中へとたんぱく質が多量に漏出します。
腸管感染症(ちょうかんかんせんしょう)、リウマチ、腫瘍(しゅよう)、アレルギー性の胃腸症、炎症性腸疾患、心疾患といった病気によって引き起こされます。
ただ、原因がよくわからないたんぱく漏出性胃腸症も存在しています。

原因

腸のリンパ系の障害、毛細血管透過性の亢進、消化管粘膜上皮の障害によりたんぱく漏出性胃腸症が引き起こされますが、必ずしもこれらのうちの一つによって発症するわけではなく、複数の原因によって発症するケースもあります。
まず、腸のリンパ系障害は、悪性リンパ腫、リンパ管形成不全、腸リンパ管拡張症といったものによって起こります。
次に、毛細血管透過性の亢進は、アレルギー性胃腸症やアミロイドーシスといったものによって引き起こされます。
そして消化管粘膜上皮の障害は、潰瘍性大腸炎、メネトリエ病、クローン病などにより引き起こされます。
こうしたことが原因となって、たんぱく質の異常漏出につながってしまうのです。

症状

たんぱく漏出性胃腸症を引き起こした場合には、むくみを意味する浮腫(ふしゅ)の症状があらわれます。
浮腫は脚や顔に引き起こされるほか、程度がひどい場合には腹水(ふくすい)や胸水(きょうすい)といった症状が合併することもあります。
むくみは大したことがないと病気だと思われないことが多いですが、軽視することなく病院で診てもらうことが大切といえるでしょう。
腸のリンパ系に異常が起こることにより発症するたんぱく漏出性胃腸症の場合には、リンパ液が白く濁る腹水や胸水の症状があらわれます。
浮腫、腹水、胸水以外の症状もいろいろあり、お腹の痛み、下痢、吐き気、嘔吐、腹部膨満感(ぼうまんかん)、脂肪便、発育障害といったものが引き起こされます。

検査と診断

たんぱく漏出性胃腸症かどうか調べるためには、血液検査がおこなわれます。
この検査をおこなうと血中のたんぱく質、カルシウム、コレステロールの低下がみとめられます。
これらのことは低たんぱく・低カルシウム・低コレステロール血症といいます。
血液検査ではこれらの状態に陥っていることが明らかになり、さらには鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)の状態も示されます。
そのほか、たんぱく質の漏出が管腔の中へと起こっているのを確かめるため、シンチグラフィやα1‐アンチトリプシンクリアランス試験もします。
また、たんぱく漏出性胃腸症を引き起こしている病気を絞り込むため、X線検査やリンパ管造影検査、内視鏡検査、生検をおこなうことにより診断します。

治療の方法

たんぱく漏出性胃腸症は、この病気が引き起こしている病気の治療が先決となります。
それ以外では対症療法がおこなわれることになり、アルブミン製剤、利尿剤、副腎皮質ステロイドが使用されます。
特に炎症性の腸疾患、アレルギーに対しては副腎皮質ステロイドが大きな効果を発揮することがあります。
そのほか、腸リンパ管拡張症によるたんぱく漏出性胃腸症に対しては脂質を制限し、たんぱく質を多く摂るほか、中鎖脂肪酸入りの吸収のよい半消化態栄養剤を摂る食事療法もおこなわれます。
また、こうした治療方法が功を奏さないこともあります。
その場合には病変が広範囲に及んでいないケースに関しては、手術による治療を試みる方法が選択されることがあります。

関連記事

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)の原因・症状・治療などのまとめ

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)【ちょくちょうりゅうちょくちょうちつへきしかんしょう】とは、直腸前壁

記事を読む

腸管癒着症の原因・症状・治療などのまとめ

腸管癒着症(ちょうかんゆちゃくしょう)とは、腸の癒着が原因となって複数の問題が引き起こされる病気

記事を読む

吸収不良症候群の原因・症状・治療などのまとめ

吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、

記事を読む

直腸脱の原因・症状・治療などのまとめ

直腸脱(ちょくちょうだつ)とは、肛門から直腸が外へと逸脱してしまう病気のことをいいます。

記事を読む

鼠径部ヘルニアの原因・症状・治療などのまとめ

鼠径部ヘルニア(そけいぶへるにあ)とは、左右の脚の付け根にある鼠径部から、内臓の一部が脱出してく

記事を読む

腸に良い事とは?腸を健康に保つ為に。

夜12時までに寝る 人間が健康に過ごすための条件として「早寝」「早起き」「朝ご飯」を満たすこと

記事を読む

腸内細菌:善玉菌の働きと悪玉菌の嫌~な働き

腸内細菌とは 人間の腸内には数百種類の細菌が生息しており、数は数百兆個以上にのぼるといわれてい

記事を読む

腹膜偽性粘液腫の原因・症状・治療などのまとめ

腹膜偽性粘液腫(ふくまくぎせいねんえきしゅ)とは腹膜仮性粘液腫(ふくまくかせいねんえきしゅ)とも

記事を読む

腹壁瘢痕ヘルニアの原因・症状・治療などのまとめ

腹壁瘢痕ヘルニア(ふくへきはんこんへるにあ)とは、腹壁に負った傷が回復したあと、その傷跡から

記事を読む

ダグラス窩膿瘍の原因・症状・治療などのまとめ

ダグラス窩膿瘍(だぐらすかのうよう)とは、ダグラス窩に膿(うみ)が蓄積される病気のことをいいます

記事を読む

no image
色素性乾皮症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、紫外線を浴びることによって皮膚症状と神

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑