*

鼠径部ヘルニアの原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気


鼠径部ヘルニア(そけいぶへるにあ)とは、左右の脚の付け根にある鼠径部から、内臓の一部が脱出してくる病気のことをいいます。
ヘルニアにはさまざまな種類がありますが、この鼠径部ヘルニアの割合が一番高くなっています。
脱出しやすい内臓としては、小腸、卵巣といったものが多いですが、小腸の脱出は世間では脱腸(だっちょう)と呼ばれることもあります。
鼠径部ヘルニアは鼠径靭帯(じんたい)の上部で脱出が起こるのが特徴ですが、下部で起こる場合には大腿(だいたい)ヘルニアと呼ばれています。
また、臓器が逸脱する経路により外鼠径部ヘルニアと内鼠径部ヘルニアに分類されますが、割合としては外鼠径部ヘルニアのほうが高くなっています。
なお、鼠径部ヘルニアは子供に起こりやすいのが特徴であり、割合としては男児が高くなっているのが特徴です。
そのほか、大腿ヘルニアに関しては、中年以降の女性に起こりやすくなっています。

原因

大人に起こる鼠径部ヘルニアの原因は、多くの場合は腹膜鞘状(しょうじょう)突起が開いたままの状態になっていることです。
高齢の人に引き起こされる鼠径部ヘルニアの場合、年齢の高まりにより鼠径部の筋膜や筋層が衰退化し、腹腔内にある内蔵が弱くなったところを貫いて逸脱してしまうのが原因になることが多く、これを内鼠径部ヘルニアと呼びます。
子供に起こる鼠径部ヘルニアはたいていの場合は母親胎内の腹膜鞘状突起が開いた状態のままになっていることで、これを外鼠径部ヘルニアといいます。

症状

鼠径部ヘルニアで引き起こされる主な症状は鼠径部の痛みであり、この部分にはしこり状の腫瘤(しゅりゅう)が形成されます。
男性に鼠径部ヘルニアが起こった場合、陰嚢(いんのう)まで達するケースがあり、腫れの症状が引き起こされることもあるのです。
なお、腫瘤はお腹に力を入れたり、立ち上がったりといった動作により脱出しますが、腹腔の中に手を使って戻すことが可能な場合が多くあります。
しかしながら、手では戻らないケースもあり、これは嵌頓(かんとん)が起こったと表現されます。
嵌頓の状態を招くと逸脱した内臓に血液がまわらなくなって壊死(えし)してしまいます。
たとえば小腸の嵌頓が起こり壊死してしまった場合には、腸閉塞(ちょうへいそく)を招いて深刻な状態に陥るリスクがあるのです。
なお、この嵌頓は大腿ヘルニアで起こりやすいのが特徴です。

検査と診断

鼠径部ヘルニアかどうか調べるためには、まずは触診がおこなわれます。
内臓が脱出している出口部分にあたるヘルニア門を探したあと、腹部に力を入れた状態で脱出を確認し、外鼠径部ヘルニア、内鼠径部ヘルニアかを見極めます。
こうして鼠径部ヘルニアの診断をおこないますが、ほかの検査方法としては画像検査のCTなどが選択されるケースもあります。

治療の方法

鼠径部ヘルニアが起こった場合の主な治療方法は外科的療法です。
腰椎麻酔(ようついますい)をしたあと、手術により鼠径部付近にある皮膚や筋膜の切開を行い、脱出した状態の内臓を腹腔の中へと戻す作業をおこないます。
元に戻したら、膜壁(まくへき)に開いた孔(あな)を縫合し塞いでしまいます。
また、全身麻酔をしたあとにおこなわれる手術療法もあり、この場合は腹腔鏡が使われます。
鼠径部ヘルニアの手術は終わったあとつっぱるような感覚がありますが、腹腔鏡手術はこれがないのが特徴です。
また、大腿ヘルニアで起こりやすい嵌頓の場合、腸閉塞の原因になりかねませんし、深刻な事態を招く恐れがありますので、緊急手術を受けることになるでしょう。
なお、大人が鼠径部ヘルニアを引き起こした場合には、自然治癒することがありません。
病院で手術を受けるしか治す手段がないのが成人に起こる鼠径部ヘルニアの特徴といえるでしょう。

関連記事

虚血性腸病変の原因・症状・治療などのまとめ

虚血性腸病変(きょけつせいちょうびょうへん)とは腸の病気のことであり、主なものに虚血性大腸炎(き

記事を読む

慢性・感染性・非感染性腸炎の原因・症状・治療などのまとめ

慢性・感染性・非感染性腸炎(まんせい・かんせんせい・ひかんせんせいちょうえん)とは腸の病気のこと

記事を読む

潰瘍性大腸炎の原因・症状・治療などを詳しく

潰瘍性大腸炎は、国から難病指定されている病気です。 原因もわからず、根本的な治療法もわからない

記事を読む

直腸脱の原因・症状・治療などのまとめ

直腸脱(ちょくちょうだつ)とは、肛門から直腸が外へと逸脱してしまう病気のことをいいます。

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療などのまとめ

たんぱく漏出性胃腸症(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)とは、血液の中に含まれるたんぱく質の

記事を読む

吸収不良症候群の原因・症状・治療などのまとめ

吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、

記事を読む

腹膜偽性粘液腫の原因・症状・治療などのまとめ

腹膜偽性粘液腫(ふくまくぎせいねんえきしゅ)とは腹膜仮性粘液腫(ふくまくかせいねんえきしゅ)とも

記事を読む

直腸ポリープの原因・症状・治療などのまとめ

直腸ポリープ(ちょくちょうぽりーぷ)とは、直腸の粘膜上皮にこぶ状の盛り上がりが発生する病気のこと

記事を読む

腸内細菌:善玉菌の働きと悪玉菌の嫌~な働き

腸内細菌とは 人間の腸内には数百種類の細菌が生息しており、数は数百兆個以上にのぼるといわれてい

記事を読む

エルシニア腸炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

エルシニア腸炎とは エルシニア腸炎(えるしにあちょうえん)とは、エルシニア属菌が原因菌とな

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑