*

腹壁瘢痕ヘルニアの原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気

腹壁瘢痕ヘルニア(ふくへきはんこんへるにあ)とは、腹壁に負った傷が回復したあと、その傷跡から腹腔(ふくくう)の中にある内臓がとび出す病気のことをいいます。
腹壁の傷は外傷によってできたり、別の病気でおこなわれた開腹手術によってできたりします。
開腹手術では、胃切除術、虫垂切除術、胆のう摘出術といったものがきっかけとなって、腹壁瘢痕ヘルニアを起こすことが多いのが特徴です。
手術では幾重にも縫合していればこの病気を招きにくくなるのですが、腹壁が脆弱(ぜいじゃく)だと縫合した部分が切れたり弛緩したりします。
このような状態で腹圧が高まると、傷跡からの膨隆(ぼうりゅう)が起こることになるのです。
そのほか、加齢により組織が脆弱化し、いきんだり立ち上がったりする際に傷跡からの膨隆することもあります。
また、腹壁瘢痕ヘルニアで内臓がとび出すのは、なんらかの原因により皮膚の下に存在する筋膜などが開いて穴があくからで、傷が回復してから何年も過ぎてから発症するケースもあります。
なお、腹壁瘢痕ヘルニアは難治性(なんちせい)の病気であり、手術でいったん治してもまたなるリスクがあります。
その場合の術後の経過はよく、命を落とすような心配はありません。

原因

腹壁瘢痕ヘルニアは、さまざまなことが原因となって引き起こされる病気です。
たとえば、開腹手術がおこなわれた際、傷口がしっかりと癒合(ゆごう)しないことによって引き起こされるのです。
しっかりと癒合しない主な原因としては、開腹手術の傷口が感染すること、余分な脂肪が腹壁につき過ぎていること、縫合が適切におこなわれていないこと、腹水や腹部の腫瘍、妊娠中といった理由で通常時より腹筋が弱まっていることなどが挙げられます。
そのほか、高齢の人や低たんぱく血症がある人、糖尿病、肺疾患、腸閉塞、腸ねん転、呼吸器障害を持っている人なども、腹壁瘢痕ヘルニアになりやすいといわれています。

症状

腹壁瘢痕ヘルニアを引き起こしても、これといった症状が認められないケースもありますが、症状がある場合には傷跡があるあたりに不快感をおぼえたり、お腹の痛みを感じたり、人によってはお通じが悪くなることもあります。
なお、ヘルニアが大きいほどに症状を自覚しにくいという話もあります。
また、嵌頓(かんとん)といってとび出した内臓が腹腔の中へと戻らない状態に陥ることもあり、この場合には強い痛みを感じるほか、腸の血流障害を起こして壊死(えし)したり穿孔(せんこう)ができたりします。
そのほか、腸閉塞を伴っている場合には強いお腹の痛みなどの症状があらわれますが、処置が遅れるとショック状態に陥ってしまいます。

検査と診断

腹壁瘢痕ヘルニアかどうかを調べるためには、開腹手術をしたかどうか、そして腹壁瘢痕ヘルニアの症状が出ているかどうかを確かめます。
見た目にもわかりやすく、開腹手術をした傷跡が突出していることが確認できるため、簡単に診断がつけられることが往々にしてあります。
立ち上がった姿勢で突出がわかることが多いのですが、そうでない場合には仰向けの体勢で横になり、深呼吸をして腹圧を上昇させると、突出を確認できるケースがあるのです。
また、腹壁瘢痕ヘルニアのサイズなどを確認するための検査がおこなわれることもあり、その場合には画像検査の一種であるCT検査が選択されるのが一般的です。

治療の方法

これといった強い症状が引き起こされていなければ、ただちに手術が必要になるということはありません。
装具を身に着けることによって内臓が脱出することを防止したり、肥満など別の病気が引き金となって起こっている場合には、原因となっている問題の解決を図ります。
逆に症状が強く出ていたり、腹壁瘢痕ヘルニアが大きい場合、嵌頓している場合などは手術を検討しなくてはいけません。
手術を受けることにより腹壁を強化し、腹壁瘢痕ヘルニアの改善を図ることになります。

関連記事

クローン病を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

人間は摂取したものを消化し、栄養を吸収することによって、生命維持に欠かせないエネルギーを確保

記事を読む

腸年齢の老化防止は細菌バランスが決めて!

私達人間の腸内には、無数といえるほど多くの菌が生息しています。 この菌の状態により、腸年齢

記事を読む

鼠径部ヘルニアの原因・症状・治療などのまとめ

鼠径部ヘルニア(そけいぶへるにあ)とは、左右の脚の付け根にある鼠径部から、内臓の一部が脱出してく

記事を読む

直腸ポリープの原因・症状・治療などのまとめ

直腸ポリープ(ちょくちょうぽりーぷ)とは、直腸の粘膜上皮にこぶ状の盛り上がりが発生する病気のこと

記事を読む

吸収不良症候群の原因・症状・治療などのまとめ

吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、

記事を読む

直腸脱の原因・症状・治療などのまとめ

直腸脱(ちょくちょうだつ)とは、肛門から直腸が外へと逸脱してしまう病気のことをいいます。

記事を読む

腸閉塞(イレウス)の原因・症状・治療などのまとめ

腸閉塞(イレウス)【ちょうへいそくいれうす】とは、なんらかの原因により腸管が塞がった状態に陥り、

記事を読む

腹膜偽性粘液腫の原因・症状・治療などのまとめ

腹膜偽性粘液腫(ふくまくぎせいねんえきしゅ)とは腹膜仮性粘液腫(ふくまくかせいねんえきしゅ)とも

記事を読む

腸内環境が良い、悪いというのはどんな状態?

腸内環境が良い、悪いという話がありますが、まず腸内とはどこを指しているのかと疑問に感じている人も

記事を読む

直腸粘膜脱症候群の原因・症状・治療などのまとめ

直腸粘膜脱症候群(ちょくちょうねんまくだつしょうこうぐん)とは、直腸の粘膜が外にとび出してしまう

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑