*

乳酸菌というと、どのようなものをイメージされるでしょうか?
「身体にいいもの」
「お通じを良くする効果がある」
「腸内で悪玉菌を退治する」
「ヨーグルトなどの乳製品で補給できる」
などが、一般的なイメージだと思います。
もちろん、これらは間違いではないのですが、その種類は大変多く、私達の腸内には約100種類、そして約100兆個もの菌が住んでいて、重さにすると1kg以上にもなるそうです。
その腸内細菌のうち、約40%が善玉菌と言われており、さらに善玉菌の代表選手が乳酸菌ということになります。
中でも、「ビフィズス菌」という名前はテレビのCMなどでもよく知られていますが、それ以外にもたくさんの乳酸菌があり、それぞれに身体に良い効果をもたらしてくれます。
元々は、ロシアの細菌学者であるメチニコフ博士という方が長寿の研究をする中で、ブルガリア地方に長寿の方が多いことに注目し、その理由として乳酸菌食品との関係があると提唱しました。
その研究は、「乳酸菌による不老長寿説」として発表されています。
乳酸菌の効果を簡単にまとめれば、腸内に住む悪玉菌がつくる毒素の働きを阻止すること。
さらには、悪玉菌自体を駆逐することと言えます。
それにより腸内環境自体が整えられ、整腸作用や便秘・下痢の改善はもちろん、免疫力の増強やコレステロールの抑制、さらにはガンの予防にも効果があると言われています。
これだけ素晴らしい働きをする乳酸菌ですから、毎日の食事の中に、積極的に取り入れていきたいものですね。
乳酸菌は、多くの種類が存在し、それぞれの特徴から多くの効能が確認されています。

「 乳酸菌 」 一覧

乳酸菌の種類とそれぞれの効果・効能・特徴を調べてみました

乳酸菌は多くの種類があり、それら乳酸菌が持っている効果や効能はその種類によって大きく変わります。 こちらではビフィズス菌の効果・効能や特徴などについてご紹

続きを見る

核黄疸の原因・症状・治療・予防

約80%のの新生児には、誕生した当初、皮膚が黄色くなる新生児黄疸(しんせいじおうだん)

偽痛風の原因・症状・治療・予防

偽痛風(ぎつうふう)には痛風という言葉が含まれているため、同じような病気のように思える

難治性下痢症の原因・症状・治療・予防

難治性下痢症とは「なんちせいげりしょう」と読み、主に生まれて間もない子どもに起こる症状

舌炎の原因・症状・治療・予防

舌炎(ぜつえん)と聞くと馴染みが薄いかもしれませんが、わかりやすく言えば「舌に口内炎ができ

子宮がんの原因・症状・治療・予防

子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担っています。 子宮がん

→もっと見る

PAGE TOP ↑