*

心臓

こちらでは、心臓・動脈・静脈・リンパの病気に該当する様々な病気について、概要・原因・症状・治療法などの情報を掲載しております。
心臓は、人間が生を受けて、亡くなるまで休むことなく動き続けている、とても働き者の臓器です。
心臓の働きは、簡単にいうと血液を全身に循環させることです。
血液が循環することで、肺で一酸化炭素と酸素を入れ替え、肝臓や腎臓、腸などを通過することで身体に栄養を送り、血液を浄化したり、人間が生きていく為必要な生体のシステムをり立たせてくれています。
とても重要な働きをする臓器だけに、先天的な病気や後天的な病気など病気の種類も多く、生命に支障をきたすような病気も多々あります。
そのような中で、せっかく健康に生まれてきているのに、食生活や生活習慣による不摂生が原因の生活習慣病による心臓の血管系疾患は、死亡要因の高位になる程に頻繁に耳にする病です。
心臓の血管系疾患は、注意や多少の摂生をすれば、防ぐことが出来る病気です。
できれば、多少の知識をもって予病を心掛けて頂けると良いかなと思います。
これらの情報がが皆様の少しでもお役に立つ事が出来ましたら喜ばしく思います。

「 心臓・血管の病気 」 一覧

脱水症の原因・症状・治療・予防

人間の体の大半は体液(血液、リンパ液、唾液、粘液、汗、消化液および尿など)で構成されています。 体液の量は成人で体重の60%の割合を占めており、子どもでは

続きを見る

動脈・静脈の病気の原因・症状・治療

動静脈瘻の概略や原因について 血液は動脈から毛細血管を通り静脈へ流れるのが普通ですが、動脈と静脈の間に異常な連絡通路(短絡路)ができて、血液が毛細血管を通

続きを見る

心臓の洞結節に異常が起こる病気の原因・症状・治療

洞不全症候群の概略や原因について 心臓の右心房の上部にある電気的刺激の発生場所である、洞結節やその周辺に異常が生じて、徐脈(脈がゆっくり打つ)や洞停止(心

続きを見る

リンパ浮腫の概略や原因について

リンパ浮腫の概略や原因について リンパは体内の体液循環の1つで、リンパ管が静脈に沿ってほぼ全身にはりめぐらされています。 リンパ液は免疫細胞のリンパ球、

続きを見る

肺の病気が原因で起こる心臓の病気

肺性心の概略や原因について 肺の病気が原因で、肺へ血液を送っている右心室に負担が生じて機能が低下している状態で、心臓の病気ではなく、肺の病気が原因で心臓に

続きを見る



心臓の心膜に異常が起こる病気の原因・症状・治療

急性心膜炎の概略や原因について 心膜は、心臓をおおっている2層の膜で、臓側心膜と壁側心膜の空間(心膜腔)があり、ここには10~20ccほどの心膜液があり、

続きを見る

心臓の心室・心房に異常が起こる病気の原因・症状・治療

心室頻拍の概略や原因について 心房と心室の収縮が別々におこるために、心室の拍出量が著しく減少して血圧が低下し、意識障害などをおこしますが、症状が軽いものも

続きを見る

心臓の大動脈弁に異常が起こる病気の原因・症状・治療

大動脈弁狭窄症の概略や原因について 左心室と大動脈の間にある大動脈弁が充分に開かなくなる病気です。 左心室から大動脈に血液が送り出せなくなり、左心室にう

続きを見る

心臓の僧帽弁に異常が起こる病気の原因・症状・治療

僧帽弁閉鎖不全症の概略や原因について 僧帽弁がきちんと閉じないために、収縮期に左心室から左心房へ血液が逆流することです。 弁自体だけではなく僧帽弁の支持

続きを見る

心臓の心筋に異常が起こる病気の原因・症状・治療

特発性心筋症の概略や原因について 心臓の筋肉に原因不明の障害がおこり、心臓の形状や機能に異常をきたす病気です。 肥大型心筋症、拡張型心筋症、拘束型心筋症

続きを見る

動脈硬化症の原因・症状・注意点・改善法

こちらでは、動脈硬化症の原因・症状・注意点・改善法について、ご紹介しています。 現代病と言われるまでになった糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を心配して

続きを見る

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑