*

難聴とは、その名の通り“聴”くことが“難”しくなる耳の病気。
最近では有名人が発症したことで知られるようになりましたが、決して珍しいものではなく、誰にでも発症する可能性のある身近な病気です。
難聴には種類があり、症状やその現れ方は様々です。
気づかないうちに少しずつ聞こえが悪くなるものもあれば、ある日突然、めまいや耳鳴りが起こるものもあります。
こちらでは、こうした難聴の種類や症状から、原因、治療法、自宅で出来る改善策まで、難聴に関する様々な情報をご紹介していきます

難聴とは

難聴とは、聴覚に障害が起こり、音を聞き取る能力が低下した状態のこと。
ある程度は聴力が残っていて「聞こえにくい」状態のことであり、聴力を損失して「全く聞こえない」状態になる聾(ろう)とは異なります。
具体的には手話を母語とせず、聾学校への通学経験がなくて補聴器を使えば日常生活に大きな支障をきたさない人が難聴者とされています。
一般的に耳の聞こえが悪い状態を総称して難聴と言いますが、生まれつき耳が不自由な先天性の聴覚障害もあれば後天性の聴覚障害もあり、突然聞こえなくなるケースや少しずつ聞こえが悪くなるケースなど難聴の種類によって原因や症状、その現れ方や程度は様々です。
難聴の程度を決めるには、オージオメータという聴力計を使って純音聴力検査を行う必要があります。
難聴の種類は障害を起こした部位や原因によって「伝音性難聴」と「感音性難聴」に大きく分けられており、両方に当てはまる場合は「混合性難聴」となります。
ある日突然音が聞き取りにくくなる「突発性難聴」や加齢に伴い聴力が低下していく「老人性難聴」などは感音性難聴に分類されます。
これらは、外耳・中耳・内耳から構成される耳のいずれかの部位に器質的な障害が起こることで音が聞き取りにくい状態となります。
これに対し、耳のどの部位にも障害が見られない難聴を「機能性難聴」と言います。
ヒステリー性難聴や非器質性難聴とも呼ばれるこの難聴は女性に多く、その中でも精神的ストレスが原因となるものを「心因性難聴」、聴力検査で意図的に難聴を装うことを「詐聴」と言います。

「 難聴 」 一覧

難聴の種類、原因、症状、治療などを詳細に

2015/04/02 | 耳の病気, 難聴

難聴の症状 難聴の症状は聴力レベルや種類によって異なり、聴力レベルは純音聴力検査で判定される平均聴力値によって三段階に分けられます。 種類別で見ると

続きを見る

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑