*

毎日の生活で注意しているつもりでも、気づけば感染していることもあります。
飲食による経口感染、皮膚からの経皮感染、ほこりなどに混ざって吸い込む飛まつ感染、傷口からの創傷感染が主な経路です。
経口感染を防ぐためには、ペットがどれほど可愛くても餌の口移しは厳禁です。
また、動物と触れ合ったあとに手洗いやうがいが不十分なまま飲食を行うと、経口感染の可能性を高めます。
病原菌を持つ魚の飲食でも感染しますので、特に川魚を生のままで食べるのはやめましょう。
人に慣れていない動物に触れることもできる限り控えてください。
触れた動物がもし病原菌を持っていた場合それだけで経皮感染が起こる上に、咬傷により感染する恐れがあります。
ケガをしているときも動物に触れてはいけません。
傷口を媒介として体内に菌が入り込み感染し、菌によっては命を落とす危険があります。

人畜共通感染症を防ぐためには

動物と触れ合うことはさまざまなリスクが伴いますが、だからといって触れ合わずに生活することは困難です。
では人畜共通感染症を防ぐためには、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。
ペットを飼っている場合、各種予防接種は必ず受けさせるようにしましょう。
気づかないうちに唾液や粘膜に触れる場合もありますので、動物と触れ合ったあとは念入りに手洗いやうがいをしてください。
ペットの糞尿はそのつど掃除を行い、マスクや手袋を身に着けておくと感染のリスクを低減させることができます。

免疫力が低下しているときは要注意

体調が悪い時や免疫力が低下しているときは、動物との触れ合いは極力避けるようにしましょう。
健康なときには何の影響もない弱い病原菌でも、風邪で寝込んだ際に発症する場合があります。
免疫力の低い幼児や高齢者、持病のある人も注意が必要です。
動物たちから感染しない、または動物たちへ感染させてしまうことのないように、責任を持って動物と触れ合っていきましょう。

「 人獣共通感染症 」 一覧

幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

寄生虫がヒトの体にとりついて起こる病気です。 寄生虫は、最終的にたどり着く動物(最終宿主)と、その途中にとりつく動物(中間宿主)をもっています。 幼虫移

続きを見る

ライム病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ライム病は野ネズミや小鳥などが持っている菌を、マダニが媒介することによって起こる病気です。 野生動物では感染しても発症しませんが、ヒト、イヌ、ウシ、ウマで

続きを見る

マールブルグ病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

1967年、アフリカから実験のために、ドイツに輸入されたサルを解剖したり、臓器に触れた人が発症したりしたことで知られるようになった感染症です。 最初の発生

続きを見る

ペストの原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ペストは、ペスト菌によって引き起こされる全身の感染症です。 ノミや感染した人に接触することで感染します。 歴史的に大きな意味をもつ病気で、「黒死病」とも

続きを見る

ブタ連鎖球菌感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

連鎖球菌の一種が原因で起こる感染症です。 2005年6月から8月にかけて、中国四川省において、多数の死亡例を伴う、ヒトのブタ連鎖球菌感染症が見られました。

続きを見る



ヒストプラスマ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ヒストプラスマ症は、ヒストプラスマ・カプスラーツムという真菌によって引き起こされる感染症です。 ロバ・ウマなどにも感染し、農業など土壌を扱う職業の人が、土

続きを見る

ハンタウイルス肺症候群(HPS)の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

南北アメリカ大陸で見られる、ウイルス性の肺炎です。 ウイルスはネズミ(シカネズミ)が媒介し、ウイルスを持ったネズミの排泄物に触れたり、排泄物を含んだほこり

続きを見る

ニパウイルス感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マレーシアやバングラデシュで広がったウイルス性の脳炎です。 ブタの尿や分泌物から感染して、急性脳炎の症状が出ます。 1999年に見つかった新種のウイルス

続きを見る

ツツガ虫病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

生まれながらに「ツツガムシリケッチア」という病原体をもっているツツガムシにかまれ、その病原体が体内に入ることで起こる感染症です。 日本の東北の病気だと思わ

続きを見る

ダニ媒介性脳炎の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マダニが媒介するウイルスによって起こる脳炎です。 世界的にはめずらしくない病気で、ロシア春夏脳炎と、中央ヨーロッパ型ダニ脳炎があります。 日本では、北海

続きを見る

腎症候性出血熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ネズミを介するハンタウイルスの感染による出血性腎疾患で、地域やウイルスの型によって引き起こされる腎症の総称です。 かつては、中国・韓国を中心にしたアジア地

続きを見る

クリミア・コンゴ出血熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

クリミア・コンゴ出血熱は、ウイルスを持ったマダニにかまれることで起こる急性熱性疾患で、ウイルス性出血熱の一種です。 東ヨーロッパやインド、アフリカ全土、ロ

続きを見る

クリプトスポリジウム症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

クリプトスポリジウムという原生生物によって引き起こされる病気で、激しい下痢や腹痛などが起こります。 衛生状態の悪い発展途上国で見られる小児の下痢の原因にな

続きを見る

回帰熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

我が国では、ボレリア属の細菌「ボレリア・ミヤモトイ」を持っているマダニ類に噛まれることで、細菌が体内に侵入し、感染する病気です。 ヒトからヒトに感染したり

続きを見る

日本脳炎の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

日本脳炎とは、主にコガタアカイエカによって媒介され、日本脳炎ウイルスによって引き起こされるウイルス性の脳炎です。 日本脳炎は、日本だけではなく、東南アジア

続きを見る

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑