*

肺は左右に各1つある器官で、肋骨の内部の心臓や胃の上部に納まっています。
肺の重さは、男性の平均で約1060g(右肺:約570g、左肺:約490g)、女性の平均で約930g(右肺:約500g、左肺:約430g)程で、風船のように呼吸に合わせて膨らんだり、萎んだりを人間が生きている限り、休むことなく継続しています。
肺は、上記の様に左右でサイズが異なりますが、これは左側には心臓があり、スペースが狭くなっている為です。
右肺は上葉、中葉、下葉の三つ、左肺は上葉、下葉の二つに分かれています。
肺の内部は、スポンジの様に沢山の空洞が密集した状態で、これは肺胞と呼ばれるガス交換機が密集して作り出しています。
この肺胞は毛細血管が密集しており、総面積は延べにして100平米にもなるといわれます。
肺の働きは、このガス交換機を使って行うガス交換がメインの働きになります。
ガス交換とは、呼吸により空気を肺内に送り、その空気中の酸素を血中に取り込み、逆に血中の二酸化炭素を息として吐き出します。
この取り込まれた酸素は、赤血球によって身体全体の細胞に運ばれ、エネルギーとして利用されます。その消費量は、脳が25%を占めるといわれます。

「 肺・気管支の病気 」 一覧

気管支拡張症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

気管支拡張症とは 鼻や口と繋がっており、気道の一部で肺にいたるまでの管のことを気管支(きかんし)といいます。 気管支は肺の内部へと空気を送り届ける通

続きを見る

慢性血栓塞栓性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

慢性血栓塞栓性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するためには、息をすることで肺から大気中の酸素を体内に取り込まなければいけません。 ただ、息をするだけ

続きを見る

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子どもが罹患しやすい病気であり、そのなかでも特に生後2ヶ月から6ヶ月ほどま

続きを見る

風邪に似た病気の特徴や対処法をまとめました

インフルエンザ 一般的に、風邪はさまざまなウイルスによって起こります。 普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻水、くしゃみなどの症状が引き起こされるのが特徴

続きを見る

風邪に効く漢方薬のご紹介!

市販の漢方薬には風邪に良いものもあります。 漢方薬は即効性が見込めますし、副作用の心配が比較的ない点が魅力的です。 ここでは市販の漢方薬の選び方

続きを見る



風邪に効くツボで風邪対策!

ツ ボ押し健康法の中には、風邪対策に適しているものも複数あります。 今回は何種類か風邪にいいツボを紹介しますので、以下に記載してあるやりかたを参考にツボ

続きを見る

薄着の習慣で風邪予防!

風邪をひかないカラダを手に入れるには、薄着を習慣化することをおすすめします。 今回はなぜ薄着習慣が風邪予防にいいのかを解説していきますので、参考情報と

続きを見る

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はどのようにして行うものなのか、なぜ風邪にいいのかを解説します。

続きを見る

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。 ただ、どうしてこのようにいわれているのか、理由まではご存じないという人も

続きを見る

風邪をひくと熱や鼻水、くしゃみは何故出るのかな?

風邪をひくとどうして熱や鼻水、くしゃみが出るのでしょうか。 ここでは理由を解説しますので、疑問に感じている人は以下の内容をご確認ください。 風邪

続きを見る

市販の風邪薬の択び方

風邪をひいた 際、病院に行かずにまずは市販薬を使用するという人が少なくありません。 決して悪い話ではありませんが、市販の風邪薬といっても種類がたくさ

続きを見る

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほうがいいのでしょうか。 ここでは入浴の可否や入浴方法に関

続きを見る

風邪に効く!民間療法を調べてみた!

民間療法は医療ではなく、家庭で編み出され伝えられてきた治療方法のことをいいます。 風邪に良いとされている民間療法もあり、有名なものも複数あります。

続きを見る

かかってしまってからの風邪対策

「気をつけていたつもりなのに風邪をひいてしまった・・・」という場合、早く治すにはどうしたらいいか知りたい人もいるでしょう。 ここではひいてしまったあと

続きを見る

風邪対策はかかる前が肝心!

風邪をひいてしまいますと、程度の差はありますが1週間ほど諸症状に悩まされ、しんどい思いをすることになります。 仕事をはじめ日常生活に支障をきたしてしま

続きを見る

no image
膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(

乳幼児痔瘻を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳幼児痔瘻とは お尻の穴である肛門(こうもん)の周囲に膿がたまる病気のことを、肛門周

no image
膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器で

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

→もっと見る

PAGE TOP ↑