*

膀胱

膀胱と尿道の病気について

膀胱は、腎臓が血液からろ過した老廃物と水分(尿)を一時的に体内に溜めておく平滑筋でできた袋状の器官です。
尿道は膀胱から尿の出口の外尿道口までを指します。
尿は、腎臓から排出され尿管を通り、膀胱に蓄えられ、一定量になると尿道を通り外尿道口より排出されます。
この尿管から外尿道口までを尿路といいます。
尿は、腎臓でろ過され、腎臓の腎盂という部分に集められます。
この腎盂から膀胱をつなぐのが尿管で、尿管は、25~30cmほどの長さがあり、蠕動運動により尿を膀胱へと運びます。
この尿管の働きに異常が起こるのが膀胱尿管逆流という病気です。
膀胱は、風船と同じように空の時はしぼんでて、尿が溜まるのに併せて膨張する伸縮自在の袋です。
膀胱が、尿を溜めることが出来る容量は500ml~800ccで、かなり個人差があります。
一般に膀胱内に250ml~300mlの尿が溜まると脳からの信号で尿意をもようすようになっています。
尿意をもようし、トイレで排尿を意識するとそれまで尿道を塞いでた尿道の筋肉(括約筋)が緩み、外尿道口から尿が排出されます。
尿道は、男性で20cm、女性で4cm程ですが、女性は男性に比べて非常に尿道が短く、雑菌などが進入し易いため、膀胱炎の発症率が、男性に比べて女性の方が、各段に高い要因になっています。
尿の排出は、自律神経が重要な働きをしていますが、中枢神経系に障害が起こると失禁や頻尿など排尿障害がおこります。
これらを神経因性膀胱といいます。
膀胱は、我慢すると500ml~600ml貯める事ができますが、膨張したときは、その袋の厚さも薄くなりますので、膀胱が満杯の時に事故などで下腹部を強打して破裂するというケースもあります。

排尿の異常

  ・頻尿:起きている時で8回以上、就寝時で2回以上トイレに行く場合など
  ・尿意切迫:排尿が我慢できない
  ・排尿困難:尿が出にくい状態
  ・尿失禁:自分の意思に反して尿が出る
  ・排尿痛:排尿時に膀胱や尿道に痛みを感じる
尿は健康のバロメーターになります。
頻尿や逆に尿の回数が病的に少ない場合や尿の色が赤っぽいなど回数や量、色・においなど気になる場合は、早めに病院で診て貰う様にして下さい。

尿の異常

  ・血尿:目視できる場合と顕微鏡検査でわかる場合があり、原因は様々です。
  ・たんぱく尿:多量のタンパクが出る場合は腎臓の病気の可能性あり
  ・混濁尿:濁りのある尿、結石や感染症など原因は様々です。

「 膀胱・尿道の病気 」 一覧

膀胱の病気の原因・症状・治療について

急性膀胱炎の原因・症状・治療について 急性膀胱炎… どんな病気? 原因ってなに?  急性膀胱炎の原因としては、大腸菌やぶどう球菌などの細菌が膀胱粘膜に感

続きを見る

尿道の病気の原因・症状・治療について

尿路結石の原因・症状・治療について 尿路結石ってどんな病気? 尿路結石とは、尿の通り道である尿路(腎杯・腎孟・尿管・膀胱・尿道)に石のような結晶ができる

続きを見る

脂漏性皮膚炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

脂漏性皮膚炎とは(概要) 脂漏性皮膚炎は「しろうせいひふえん」と読み、脂漏部位と

『あせも』はこーして予防せよ!おススメの市販薬は?

あせもになってわかった「これがあせもの原因だ!」 「あせも」をしてみてから、初めて知

副甲状腺機能亢進症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能亢進症とは 副甲状腺機能亢進症(ふくこうじょうせんきのうこうしん

常位胎盤早期剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

常位胎盤早期剥離とは(概要) 妊娠して安定期に入り、順調に出産を迎えるなかで、母

色素失調症を詳細に:原因,症状,検査,治療,悩みなど

色素失調症とは(概要) 色素失調症(しきそしっちょうしょう)とは、遺伝子の異常に

→もっと見る

PAGE TOP ↑