*

くも膜下出血とは脳を保護している硬膜、くも膜、軟膜という3層の膜のうち、くも膜の下で出血している状態です。
脳血管のふくらみである脳動脈瘤が破裂することを、おもな要因としています。
くも膜と脳の間にあたるくも膜下には動脈が通っていて、そこには脳脊髄液が流れています。
血管は張り巡らされていて、それが切れてくも膜下に出血してしまうと、脳脊髄液と血液が混ざってしまうのです。
脳を保護している膜は、痛みを感じやすい性質になっています。
そこで出血すると保護膜が血液によって刺激され、たとえるならばバットで殴られたような激しい頭痛になるのです。
くも膜下出血が激しい場合には激しい嘔吐、意識の喪失といった症状にもつながります。
出血が原因となって死に至る場合も、少なくはありません。
くも膜下出血の検査については、CTスキャン検査で脳脊髄液に血液が混ざっていると確認されます。
発症したならば、治療する上で何よりも脳動脈瘤へ向かう血流を止めなければなりません。
術式としては開頭してクリップで動脈瘤を閉じるクリッピング術、カテーテルを大腿動脈から挿入して行われるコイル塞栓術が選択されます。
止血が成功した上で、本格的にくも膜下出血の治療がスタートします。
出血は脳に大きなダメージを及ぼすほか、血管が細くなる「脳血管攣縮」(れんしゅく)と呼ばれる変化も起こります。
これは脳梗塞の原因にもなるためくも膜下出血は発症して4日目以降、14日目までには集中的に治療しなければなりません。

「 くも膜下出血 」 一覧

くも膜下出血の症状

くも膜下出血を発症したときにはハンマーで殴られたように強い頭痛を感じた、意識を失ったといった話がよく聞かれます。 脳の病気としても早期の対処が必要とさ

続きを見る

くも膜下出血の初期診断

突然に起こる病気へ対しては、なかなか心の準備をすることもできないために大きなダメージを受けがちです。 くも膜下出血などは、自覚症状もなく急に発症するこ

続きを見る

くも膜下出血の原因となるもの

脳動脈瘤 くも膜下出血を引き起こす原因のひとつとして、脳動脈瘤が挙げられます。 脳動脈瘤は脳の動脈が腫れていて、こぶのようになっている状態です。 脳の

続きを見る

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが挙げられます。 くも膜下出血などは突然に発症する疾患で

続きを見る

くも膜下出血を止める為の手術「コイル塞栓術」とは?

脳卒中の中でも、くも膜下出血は死亡率の高い疾患です。 後遺症も残りやすいものであるため、発症がわかればただちに手術を受けることが優先されます。 くも

続きを見る



くも膜下出血発症後の手術「クリッピング手術」とは?

くも膜下出血は、脳を包んでいるくも膜下において、出血が生じます。 発症すると死亡率がかなり高く、出血した血液は身体の反射神経を司っている髄膜の付近にま

続きを見る

くも膜下出血の合併症の治療の内容について

脳血管れん縮 脳卒中は、高齢者に多い病気であるというイメージも強いのですが、くも膜下出血は若い世代にも増えてきていますから、油断することはできません。

続きを見る

くも膜下出血の慢性期の治療について

くも膜下出血は、発症してから1ヶ月になると、一般的に慢性期と呼ばれている期間になります。 慢性期となったくも膜下出血の治療としては、再発を抑える治療が

続きを見る

くも膜下出血の後遺症に注意しましょう

くも膜下出血を含め、脳卒中として分類される脳の病気は脳の血管が詰まる、破れるなどしていることで脳に障害が起こるものであるため、もっともおそろしいということも

続きを見る

治療の目的は「再発予防」が最優先!

くも膜下出血は、脳の病気としてもっとも症例が多いものです。 検査を受け、しっかり治療が行われた上で幸い退院することができるほどに回復したとしても、その

続きを見る

くも膜下出血の予防について

くも膜下出血を発症してしまうと、その後の人生にも多大な影響を及ぼす危険があります。 普段から可能な限りの努力をすることによって、発症は予防したいところ

続きを見る

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑