*

「 脳卒中 」 一覧

脳卒中の原因・症状・検査・治療について

脳卒中とは 脳卒中といえば脳の病気としてよく聞かれる言葉であり、多くの人はそのようにして認識しています。 しかしながら実は、脳卒中という言葉は医学用語で

続きを見る

脳出血と脳溢血の違いとは何でしょう?

脳卒中に含まれる脳の病気として脳出血、脳溢血と呼ばれているものがあります。 脳出血と脳溢血については、いずれも脳の血管が破裂して出血するという症状のこ

続きを見る

脳出血(脳溢血)の前兆・前触れはほとんどない

脳出血、脳溢血に関しては重い後遺症が残りがちであり、死亡率の高い病気として挙げられています。 高齢者の発症率が高い病気であり、急に気温差のある場所へ移

続きを見る

脳出血の予防の為の心がけ

脳出血の予防について考える上では、大前提として症状を引き起こす大きな要因となる高血圧にならないよう管理することが必須となります。 食生活の中で塩分を多量に

続きを見る

脳出血の原因となる様々な要因について

脳出血の原因となる様々な要因について 脳出血は脳溢血ともいい、脳内において血管が破れてしまうことから引き起こされる脳の病気です。 脳の血管が破れてしまう

続きを見る



脳出血(脳溢血)の初期診断について

問診 脳卒中の中でも脳出血は、早期の対応が迫られる深刻なものです。 生命にかかわるケースも多いため、誤診があることは許されません。 医療機関では、受診

続きを見る

脳出血(脳溢血)の薬物療法について

脳の病気はいくつもありますが、その中で高齢となるにつれて気をつけなければならないものが脳卒中です。 そのひとつが脳出血、または脳溢血とも呼ばれるもので

続きを見る

脳出血(脳溢血)の外科手術とは・・・

開頭手術 脳出血、脳溢血には、治療法のひとつとして開頭手術が行われています。 脳出血では脳の血管が切れて、血腫ができています。 その血腫を取り除くため

続きを見る

脳出血(脳溢血)の後遺症に注意しましょう

脳出血、脳溢血は症状そのものだけでなく、後遺症に対する心配もあります。 障害を受けた脳の部分に応じて、発症する後遺症の詳細も異なっているのです。 脳

続きを見る

くも膜下出血の症状

くも膜下出血を発症したときにはハンマーで殴られたように強い頭痛を感じた、意識を失ったといった話がよく聞かれます。 脳の病気としても早期の対処が必要とさ

続きを見る

くも膜下出血の初期診断

突然に起こる病気へ対しては、なかなか心の準備をすることもできないために大きなダメージを受けがちです。 くも膜下出血などは、自覚症状もなく急に発症するこ

続きを見る

くも膜下出血の原因となるもの

脳動脈瘤 くも膜下出血を引き起こす原因のひとつとして、脳動脈瘤が挙げられます。 脳動脈瘤は脳の動脈が腫れていて、こぶのようになっている状態です。 脳の

続きを見る

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが挙げられます。 くも膜下出血などは突然に発症する疾患で

続きを見る

くも膜下出血を止める為の手術「コイル塞栓術」とは?

脳卒中の中でも、くも膜下出血は死亡率の高い疾患です。 後遺症も残りやすいものであるため、発症がわかればただちに手術を受けることが優先されます。 くも

続きを見る

くも膜下出血発症後の手術「クリッピング手術」とは?

くも膜下出血は、脳を包んでいるくも膜下において、出血が生じます。 発症すると死亡率がかなり高く、出血した血液は身体の反射神経を司っている髄膜の付近にま

続きを見る

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑