*

脳出血(脳溢血)の薬物療法について


脳の病気はいくつもありますが、その中で高齢となるにつれて気をつけなければならないものが脳卒中です。

そのひとつが脳出血、または脳溢血とも呼ばれるものであり、誰にでも発症する可能性はあるものながら、高齢ですと特に心配される疾患です。

脳出血の治療法としては、手術と薬物療法があります。

出血の範囲が少ないか、または手術をすることができない場合について、薬物療法での治療が行われます。

患者さんの年齢や症状などを見た上で、どのようにするかは医師が判断することとなります。

薬によって出血の広がりを抑え、脳が損傷しないようにすることが目的です。

脳出血が起こる最大の要因は高血圧ですから、まずは血圧をコントロールする薬が使用されます。

β遮断薬やカルシウム拮抗薬などを使用して、降圧剤が使われる前の血圧と比較して80%というところを目的にします。

また、発作が起こって2週間以内は痙攣が起こることもありますから、その場合には抗てんかん薬で痙攣を抑えます。

さらに、1箇所で血液が溜まって血腫を作っている場合には、脳がむくむことで頭蓋骨の圧力が高くなる危険もあります。

そのむくみを解消するために、脳圧降下剤としてグリセロールなどが処方されます。

そして出血が起こると、脳だけでなくそのほかの器官にも影響が及ぶ場合があります。

食道、胃、十二指腸などから出血することもあるのです。

その場合についても、薬によって出血が起こらないように予防します。

関連記事

物忘れ改善対策の基礎知識

物忘れ改善対策の基礎知識

物忘れとは… ある程度の年齢を過ぎると、「最近、物忘れがひどくって・・・」と感じることは多くの

記事を読む

心原性脳塞栓症とは・・・心臓病が原因となる脳梗塞。

心原性脳塞栓症とは 心原性脳塞栓症は、何かしらの原因によって心臓の中で血の塊ができてしまい、頸

記事を読む

もやもや病の原因・症状・検査・治療について

もやもや病とは。 もやもや病は、日本において脳の病気として最初に発見されたものです。 子ども

記事を読む

脳出血の予防の為の心がけ

脳出血の予防について考える上では、大前提として症状を引き起こす大きな要因となる高血圧にならないよ

記事を読む

脳卒中の原因・症状・検査・治療について

脳卒中とは 脳卒中といえば脳の病気としてよく聞かれる言葉であり、多くの人はそのようにして認識し

記事を読む

脳出血(脳溢血)の前兆・前触れはほとんどない

脳出血、脳溢血に関しては重い後遺症が残りがちであり、死亡率の高い病気として挙げられています。

記事を読む

脳梗塞の外科手術

脳卒中を治療する上では、おもに薬物療法が選択されています。 たとえば脳梗塞は、血管が詰まっ

記事を読む

神経痛ってどんな病気

神経痛ってどんな病気なんでしょう?

神経痛とは… 神経痛とは、末梢神経が刺激されることによって現れる激しい痛みです。 神経痛

記事を読む

脳出血と脳溢血の違いとは何でしょう?

脳卒中に含まれる脳の病気として脳出血、脳溢血と呼ばれているものがあります。 脳出血と脳溢血

記事を読む

パーキンソン病ってどんな病気

パーキンソン病ってどんな病気?原因や症状、治療法などまとめました。

現在高齢化社会が進みつつある日本では、パーキンソン病患者が増えつつあります。 しかし、認知症な

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑