*

脳出血の原因となる様々な要因について

脳出血の原因となる様々な要因について

脳出血は脳溢血ともいい、脳内において血管が破れてしまうことから引き起こされる脳の病気です。
脳の血管が破れてしまう原因としては、動脈硬化という現象も関係しています。
動脈硬化はその名の通り血管がかたくなっている状態であり、硬化が進んでいくにつれて血管の壁はもろくなっていきます。

そのような中で血圧が高くなると、強い圧力がかかるために破れやすくなってしまうのです。
脳出血を含む脳卒中の発作は、仕事をしているときなど日中に活動している場面で多く見られ、そのほか夜中にトイレへ行くときに発症するケースもあります。

脳の血管が破れるタイミングは突然であり、中年以降の人に多くなっています。
発作は仕事中や日中に活動しているときに多く、夜間のトイレの時に起こることもあります。

そのほかに考えられる脳出血の原因としては脳動脈瘤、腫瘍内出血、白血病、脳の外傷、もやもや病といったことが考えられます。
高齢者ですと、アミロイドが血管の壁に沈着することも脳出血を引き起こします。
破れた血管自体については血液が固まることによって、しばらくすれば出血も止まります。

ですが固まった血は出血した周辺の組織を圧迫するため、それによってさまざまな機能障害が引き起こされる可能性もあります。
喫煙やアルコールの飲み過ぎ、肥満、運動不足なども影響していることは、生活習慣病にも共通しています。
特に飲酒が大きな原因となっているため、長くたくさんのお酒を飲み続けてきたという人は注意しなければなりません。

高血圧が原因の脳出血(脳溢血)

脳出血(脳溢血)が起こる要因として、高血圧が関係している場合は少なくありません。
健康問題としてもクローズアップされている高血圧が、脳の病気へとつながっているのです。
高血圧は血管の圧力が高い状態ですから、血管に負担がかかっているということでもあります。

血管は全身にはりめぐらされていて、その圧力が増すことによって血管の内部は収縮しやすくなっています。
もちろん脳を走っている血管も、例外ではありません。

血管の幅がせまくなっていると詰まりやすくなりますし、高血圧によってダメージが蓄積されていくともろくもなっていきます。
血管の環境が劣悪になっていっても、血液の循環をしなければ人が生きていくことはできません。

そして血管の限界を超える負担がかかることによって、血管は破裂し出血が引き起こされます。
これが高血圧性脳出血であり、生活習慣のほか環境要因も関係しています。

一般的に高血圧は食生活上で過度にアルコールや塩分を摂取していることや運動不足、睡眠不足といった生活習慣に起因しているとして認識されていますが、環境要因にもかかわりはあるのです。
脳卒中につながる環境としては冬場で急激に温度差のある空間へ移動し血管の収縮がうながされる浴室、トイレなどが挙げられます。

そのほか労働環境の関係も指摘されていて、長時間にわたる労働時間や対人関係にともなうストレスも、無視することはできません。
脳出血を起こす患部が生命の維持や日常生活上の活動に影響を及ぼすところも、少なくありません。

高血圧以外が原因の脳出血(脳溢血)

高血圧によって血管が破裂することにともなう脳出血は多く、厚生労働省も積極的に予防を呼びかけています。
ただ実際には、脳出血を引き起こす原因として高血圧に関係する問題とはまた違ったものもあるのです。

脳を走っている動脈や静脈に、正常ではない部分が見られることを原因としています。
たとえば、脳の血管に腫瘍が発生する血管腫です。
その状態によっては脳出血を起こしやすい状況にもなる脳の病気であるため、手術が行われる場合もあります。

また、脳内で動脈と静脈の部分が結合している脳動静脈奇形も脳出血に関係しています。
正常な脳の血管と比較すると血液の循環が非常に早いため、血管にも負担がかかりやすいのです。
これは10代から30代にかけての若い世代で多く見られていて、脳卒中の症状を発症しやすい要因にもなっています。

そのほか、難病として指定されているもやもや病も挙げられます。
脳の血流が不足しているために、こまかな血管も使って血液の補充を試みる中で許容量を超える血液が流れ込むと脳出血を引き起こしやすくなります。
脳出血については原因を問わず、速やかに対処をしなければ後遺症が残ることにもなりますから、高血圧ではないからといって油断していてはいけません。

関連記事

アテローム血栓性脳梗塞とは・・・原因や症状などのまとめ

アテローム血栓性脳梗塞とは 「アテローム」とは「粉瘤」などとも呼ばれ、角質や皮脂が袋状の嚢腫に

記事を読む

脳梗塞の後遺症についてのまとめ

脳梗塞が発症したことによって現れる後遺症としてまずは、運動の障害がもっともよく見られます。 脳

記事を読む

もやもや病の原因・症状・検査・治療について

もやもや病とは。 もやもや病は、日本において脳の病気として最初に発見されたものです。 子ども

記事を読む

脳出血と脳溢血の違いとは何でしょう?

脳卒中に含まれる脳の病気として脳出血、脳溢血と呼ばれているものがあります。 脳出血と脳溢血

記事を読む

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

坐骨神経痛とは 坐骨神経は長く伸びた末梢神経で、人間の体のなかで1番太いものです。 その範囲

記事を読む

脳梗塞には脳塞栓と脳血栓の2種類があります

脳梗塞は脳塞栓、脳血栓というふたつの種類に分けられます。 脳塞栓は心臓で血の塊ができ、血流

記事を読む

心原性脳塞栓症とは・・・心臓病が原因となる脳梗塞。

心原性脳塞栓症とは 心原性脳塞栓症は、何かしらの原因によって心臓の中で血の塊ができてしまい、頸

記事を読む

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが

記事を読む

肋間神経痛の原因

肋間神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

肋間神経痛とは 肋間神経痛とは、肋骨と肋骨の間にある神経が痛み、背中や体の側面部分に激痛が

記事を読む

脳梗塞の外科手術

脳卒中を治療する上では、おもに薬物療法が選択されています。 たとえば脳梗塞は、血管が詰まっ

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑