*

脳梗塞には脳塞栓と脳血栓の2種類があります

公開日: : 頭・脳・神経の病気, 脳卒中, 脳梗塞


脳梗塞は脳塞栓、脳血栓というふたつの種類に分けられます。

脳塞栓は心臓で血の塊ができ、血流を介して脳まで運ばれることで脳の血管が詰まってしまった状態です。

脳梗塞全体の3割程度であり、たとえ脳の血管に問題がなかったとしても起こり得る病気です。

心房細動などの不整脈も関係していて、症状として動悸が感じられることもあるのですが、まったく感じられない場合もあるため気づかないこともあって危険です。

脳塞栓が原因であると、血管が詰まるまでの間は非常に短い時間であるため、死亡率も高くなります。

心臓が大きな原因でもあるため、日頃から脳だけでなく心臓についても気をつけていなければなりません。

脳血栓は、脳の血管で動脈硬化が起こったことによって血管が詰まっている状態です。

原因としては高血圧や高コレステロール、糖尿病、喫煙などといった生活習慣との関連が強いものになっています。

脳血栓ですと少しずつ症状が進行し、数日間をかけて悪化していきます。

実際には動脈硬化が進むことによって症状も悪化するため、対策としては動脈硬化を引き起こす高血圧や糖尿病の予防に努め、また禁煙するなど生活習慣にも気をつけることで、予防することが可能です。

片側の顔面が麻痺する、ろれつが回らなくなる、同じ側の手足で感覚がにぶくなるなどの症状があると、脳血栓の可能性は高くなります。

関連記事

脳動静脈奇形を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

脳動静脈奇形とは(概要) 脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)は、脳の血管が先天性疾

記事を読む

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが

記事を読む

三叉神経痛の原因

三叉神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

三叉神経痛とは 三叉神経痛(さんさしんけいつう)とは、人間が感じる痛みのうち、とくに激し

記事を読む

脳出血(脳溢血)の薬物療法について

脳の病気はいくつもありますが、その中で高齢となるにつれて気をつけなければならないものが脳卒中です

記事を読む

脳出血(脳溢血)の前兆・前触れはほとんどない

脳出血、脳溢血に関しては重い後遺症が残りがちであり、死亡率の高い病気として挙げられています。

記事を読む

治療の目的は「再発予防」が最優先!

くも膜下出血は、脳の病気としてもっとも症例が多いものです。 検査を受け、しっかり治療が行わ

記事を読む

脳梗塞の薬物療法についてのまとめ

薬物療法について 脳卒中は脳内の血流に支障をきたすものであり、特に脳梗塞は日本人の死亡率でも高

記事を読む

もやもや病の原因・症状・検査・治療について

もやもや病とは。 もやもや病は、日本において脳の病気として最初に発見されたものです。 子ども

記事を読む

帯状疱疹後神経痛の原因

帯状疱疹後神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

帯状疱疹後神経痛とは 帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹の水疱などが消え、帯状疱疹が治った後も

記事を読む

脳梗塞の外科手術

脳卒中を治療する上では、おもに薬物療法が選択されています。 たとえば脳梗塞は、血管が詰まっ

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑