*

てんかんの原因・症状・検査・治療などについて

公開日: : 頭・脳・神経の病気

てんかん

てんかんとは

てんかんは、痙攣や意識障害が突然起こるという病気です。
発症率は100人に1人という割合であり、十分に起こり得るものです。
てんかんを発症する年齢については乳幼児から高齢者までに可能性があるものの、はじめて発症する時期としては18歳以下が80%以上となっています。
その中でも、3歳を迎えるまでに発症している人の数が大変多くなっています。
てんかんは脳の病気であり、発症には大脳が影響しています。
通常ですと大脳の神経細胞には、決まったリズムで電気信号が流れています。
ですが何らかの理由によって電気信号は突然、過剰に放出されることがあります。
それによって信号の流れるリズムが乱れると、てんかんの症状になって現れるのです。
発作が起こっても対策せずそのままにしていると、やがて症状を抑えることが難しくなっていきます。
てんかんの発作が起こったときにはすぐ、専門外来や神経内科を受診して適切に指示してもらう必要があります。
てんかんの発作であると考えていても、ほかの病気が原因になっている可能性はあるのです。
口から泡を吹く、意識を失って全身が痙攣するといった症状があるため、イメージとしては恐ろしい病気であるとも思われています。
遺伝性、治らないといった認識を持たれているところもあります。
ですがそれは単なるイメージであり、真実ではありません。
発作が起こっていても、普通に日常生活を送ることができないわけではありません。
適切な薬物療法を受けていれば、発作は抑制されるのです。

てんかんの原因

脳の病気であるてんかんの原因としては過去に脳が負った傷、大脳の形成障害、先天性脳腫瘍などが考えられます。
脳が傷つくケースとして代表的なものは、出産に際して生じる脳障害です。
側頭葉てんかんが起こる原因の大部分には、仮死分娩が関連しています。
いったん仮死分娩の症状が現れるとその後は順調に育っているようであっても、小学生になる頃や思春期を迎える頃になってからてんかんの発作が起こることは珍しくありません。
仮死分娩に次いで脳に傷を負う原因は、細菌やウィルスに脳が直接感染する髄膜炎や脳炎などです。
さらにははしかや突発性発疹にともなう高熱が続いているうちに、脳へ傷を残すこともあります。
大脳の形成障害としてもっとも多いものは、限局性皮質異形成です。
胎児の脳が活発に形成される時期は、妊娠中のうち胎生期となる妊娠8週から16週にかけてであり、先天性脳腫瘍のほとんどは胎児期に大脳が形成される中で発生しています。
皮膚にできるほくろやあざのようなものが、大脳にできてしまったと考えることもできます。

腫瘍ができると大脳皮質における細胞の構築が乱れて、正常ではない形の神経細胞が入り乱れることになります。
このような皮質の形成障害があると、異常な細胞がてんかん波を出しています。
先天性脳腫瘍や血管腫は、悪性腫瘍のように成長して脳を圧迫するというものではないのですが、良性腫瘍であっても脳にとってはやはり異物ですから、脳を刺激しててんかんの発作を引き起こすことになります。

てんかんの症状

てんかんというと、身体の痙攣が起こって口からは泡を吹くといった症状がイメージされます。
ですが、実はそれは症状の一部分にすぎないのです。
そのほかにもてんかんの発作症状はあり、そもそもてんかんの発作は大きく全般発作、部分発作というふたつに分けられます。
同じ脳の病気であっても脳の全体が引き起こす症状、一部によって引き起こされる症状があるのです。
どちらの発作としても痙攣が起こることはあるのですが、全般発作は脳の全体が原因となっているために急激なものであり、意識を失って震えるような痙攣が起こったことは覚えていないという場合も少なくありません。
一方、部分発作として起こる痙攣については脳の一部が原因であるため、意識が薄れているような状態でいるように見えます。
部分発作はさらに単純部分発作と複雑部分発作に分けられ、単純部分発作では意識もしっかりしている状態で身体の部分的に症状が見られます。
複雑部分発作では意識が薄れている状態にあり、単純部分発作が起こっていて症状が広がることで複雑部分発作へ至る場合、最初から複雑部分発作として起こる場合もあります。
意識のレベルは決まった状態ではなく動作だけが止まる場合、会話をすることもできない場合などさまざまです。
全般発作の中には危険な症状もあり、たとえば脱力発作ですと力が一瞬抜けてしまうことで、倒れてケガをしてしまうおそれもあります。
また、多くの発作は数分で回復するのですが、てんかん重積状態となると数十分にわたって発作が続き、意識が回復しないままにあらたな発作も起こることがあります。
そうなると呼吸困難、脳や心臓の障害といったことも起こり得る状態となり、生命
の危険もあります。

てんかんの検査と診断

てんかんは、意識を突然失って反応がなくなるなどといった発作が繰り返し起こる脳の病気です。
脳神経細胞の一部において、突発的に一時的に異常な電気活動を起こすことで発症します。
ただ症状は一過性のものであり、発作が起こった後は元のように回復します。
明らかな原因があれば症候性てんかん、原因がわからない場合には特発性てんかんと呼ばれ、その検査では脳の神経細胞における電気的発射状態について、脳波検査で記録することがもっとも重要です。
脳波検査は診断のほか、てんかんの発作型について判定する上でも役に立ちます。
特に痛みがあるものでもなく、何度でも安全に受けることが可能です。
そのほかの検査方法としてはMRIやCT、MGE、PET/SPECTといったものなども挙げられます。
また、発作自体はいろいろな原因によって起こるものであるため、尿や血液について検査することも大切です。
診断にあたっては、まず発作の様子についてしっかり医師に伝わらなければなりません。
ただ、実際に発作が起こった多くの患者さんは意識障害も起こしてしまうため、自分で発作のことを説明することができません。
発作を目撃していた人がいれば、一緒に診察を受けることが必要です。
また、てんかんの発作は繰り返して起こることが大きな特徴です。
発作が1回起こっただけではてんかんとして診断することも難しいところですが、脳波検査で見られる脳波の波によっては、1回の発作であってもてんかんとして診断さ
れる場合があります。

てんかんの治療

脳の病気であるてんかんを治療するにあたってはおもに、薬物療法が行われます。
薬物療法の効果がそれほど思わしくないという場合には、手術が行われる場合もあります。
とはいっても薬の効果は進歩していて、正しい服用を続けることによって現在ですと、ほとんどの発作はほぼ確実に抑えることが可能です。
使用されているものは抗てんかん薬であり、種類がいくつかあります。
病院での診断を受けた上で現れている発作の傾向や年齢、性別などに応じて適していると考えられる薬が処方されます。
ひとつの薬を使ってみて効果が思わしくなければ、2種類以上のものを併用する気エースもあります。
処方にあたっては種類だけでなく量についても、血中濃度に応じて適切な量を決定します。
患者さんの側は処方されている薬を正しいタイミングや量で飲まなければ、発作につながるおそれもあります。
薬物療法によっていったんは症状が落ち着いていても、薬の服用を中止すると発作が再発する場合は少なからずあります。
医師による指示を受けず、自己判断で服用を中止してはいけません。
発作が落ち着き脳波にも異常が見られないという状況が続けば、検査や診察を経て医師が判断した上で薬の処方量は減らされていきます。
症状が改善に向かえば薬の処方がなくなるという場合もありますが、それでも年に一度は定期健診を受ける必要があります。
てんかんで手術が行われるのは薬物療法で改善が見られない場合であり、なおかつ発作の原因になっている脳の部分が明らかでなければなりません。
さらに、部位を切除しても障害が起こらないということも必要です。
術式としては切除のほか、問題のある神経回路を絶つ遮断手術が行われることもあります。

関連記事

物忘れ改善対策

物忘れ改善対策

指運動 物忘れ対策として、手軽に行うことができ、しかも効果が高いということで注目されているのが

記事を読む

美聴泉の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

耳鳴り、めまいでお悩みを応援【美聴泉】とは 美聴泉(びちょうせん)は、耳鳴りなどの聞こえのトラ

記事を読む

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが

記事を読む

脳梗塞急性期の初期診断について

脳梗塞という状態では脳の血管が細くなって血液のめぐりも悪くなっているか、血管が詰まって血液も流れ

記事を読む

舌咽神経痛の原因

舌咽神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

舌咽神経痛とは 舌咽神経痛は、舌咽神経の刺激によって知覚神経の支配が問題を引き起こすことで

記事を読む

髄膜炎の原因・症状・検査・治療について

髄膜炎とは 髄膜炎は、脳の病気として発症するものです。 細菌やウィルスが髄膜に侵入したことで

記事を読む

脳腫瘍の概要・症状・治療などのまとめ

脳腫瘍とは 脳腫瘍とは、脳自体や周囲の組織に発生する腫瘍の総称です。 患者さんの数は10万人

記事を読む

くも膜下出血の症状、原因、治療、後遺症、予防について

こちらではくも膜下出血という病気について詳しくご説明いたします。 脳は、外側から硬膜,クモ膜,

記事を読む

帯状疱疹後神経痛の原因

帯状疱疹後神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

帯状疱疹後神経痛とは 帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹の水疱などが消え、帯状疱疹が治った後も

記事を読む

脳出血(脳溢血)の後遺症に注意しましょう

脳出血、脳溢血は症状そのものだけでなく、後遺症に対する心配もあります。 障害を受けた脳の部

記事を読む

no image
色素性乾皮症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、紫外線を浴びることによって皮膚症状と神

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑