*

外反母趾の原因や予防対策

公開日: : 最終更新日:2015/09/03 足の病気 , , ,

外反母趾の原因や予防対策
こちらでは外反母趾の原因や予防対策について解説しています。

外反母趾はどのようにして形成され、身体にとってどのような悪影響を与えるのでしょうか。

また外反母趾になってしまったらどのような対策を行うべきなのでしょうか。

外反母趾の様々な治療法を紹介するとともに、外反母趾に対する理解を深めていきましょう。

外反母趾は多くの方が悩んでいるものですが、酷く悪化するまで放置してしまう人が多いのです。

そうなる前にしっかり対処方法を覚えておきましょう。

外反母趾とは

外反母趾とは足の親指が小指の方向に曲がっていってしまうことです。

外反母趾は足のアーチをつくっている中足関節の靭帯が衰えゆるんでしまっていることによって起こります。

靴などの締め付けによっても外反母趾になることが多く窮屈な靴を履き続けることによっても起こります。

外反母趾になっている方のおよそ80パーセントは小指が親指の方向を向いていると言われています。

外反母趾は進行するにつれて歩行時に痛みを生じたり、足に体重を掛けるだけで痛みが生じるようになってしまいます。

筋肉の低下が原因のため、男性よりも女性に多くみられますが、男性の発症例が無いわけではありません。

外反母趾は中年女性に多いイメージがありますが近年では男性や若い女性の間でも問題になっているのです。

また立ち仕事の方に発症することが多いと言われています。

痛みを伴わない場合、多くの方が放置してしまいがちですが軽度のうちに治していくのが理想的です。

足の痛みが気になる場合、足の指の形が正常かどうか見てみましょう。

一般的に方向きが15度以下であれば正常だと言われています。

外反母趾は最終段階では手術をすることになります。

たかが外反母趾と考えて放置していると進行が進み、外反母趾によって歩行が困難になる場合もあります。

自分の問題がどのような理由から起こっているのかしっかり判断する事は大切です。

家族に外反母趾のいる方はとくに注意して自分の足を観察して置きましょう。

とくに若いころに発症する外反母趾は遺伝の場合も高いのです。

外反母趾の症状の進行

外反母趾のごく初期は痛みも無く、気が付かない場合が多いのです。

その後、角度が大きくなってくると親指全体が外側に就き出る形になり、靴に足が当たるようになります。

この段階で痛みを感じる場合もあれば、まったく痛みを感じない方もいます。

次第に親指の中骨全体が外を向き始めます。

この時になってはじめて痛みを感じる場合もあり、この時は靴を履いていない状態でも歩くと足が痛いと感じ始めます。

力点になっている部分が赤くはれることもあります。

この部分は、外的な衝撃に対して強い痛みを感じる為きつめの靴を履いたりすることが難しくなります。

さらに進行する場合では親指と人差し指がクロスするような形になります。

このような場合は日常動作で痛みを感じるようになってしまいます。

ここまでの変化が数年にわたって移行する方もいれば、驚くことに数カ月で進行してしまうことがあります。

また初期に違和感を覚えている方では違和感があるため歩行を避け、運動不足によりまた外反母趾が悪化するというケースも考えられます。

外反母趾は数年掛かって悪化する方もいれば数カ月で悪化する方もいるということを覚えておきましょう。

足が熱を持っているように感じたり赤くはれている場合は、異常があると言うサインのわけですから早めに治療を行いましょう。

外反母趾は初期に異変に気が付くことで、進行を止めることが可能になります。

外反母趾は放置していてもよくなる病気ではないことを頭に入れておいてください。

外反母趾の診断基準

外反母趾には診断基準があるのでしょうか。

外反母趾は足の親指が小指の方向を向いてしまう病気ですが、この時の親指の角度に注目してください。

外反母趾は小指の方向に親指が15度以上傾いている場合を指します。

若干内側に傾いているというのは珍しいことではありませんが、その傾きが15度以上になると心配です。

外販母子の診断基準はこの傾きが15度以上であるかそうでないかで決まるのです。

外反母趾では痛みの有無よりも傾きによって度合いを計測します。

一般的に15度から20度が軽症と呼ばれ20度から40度が中程症と呼ばれています。

40度以上の傾きを重症と言い、重症の場合歩行困難になる場合もあります。

外反母趾は痛みが無くなったからと言って油断すると知らずに進行してしまう病気です。

ですから痛みよりも傾きで診断が行われます。

もちろん軽度の方では痛みを感じない場合もありますが、そのまま進行していくと年齢を重ねて行くうちに痛みがひどくなる可能性があるためです。

外反母趾に悩んでいる方は痛みに悩んでいる場合が多いですから鎮痛剤を飲んだり、一定期間痛みが消えたりすることで治療を辞めてしまいます。

ですが、外反母趾は知らないうちに進行してしまうと言うことを覚えておき、長期的なケアを行いましょう。

また15度未満の場合でも足に痛みを感じる場合は病院に行き医師の診断を受けるのが好ましいです。

正常の範囲内だと言われていますが急速な変化も考えられますから、注意しましょう。

外反母趾になりやすい人

外反母趾にはなりやすい人、なりにくい人がいるのでしょうか。

外反母趾は足のアーチ部分の筋肉が衰えることによって発症すると言われています。

そのため男性よりも女性の方が多く問題を抱えている事があります。

これは男性の方が女性に比べて筋力的に優れているためで、足の大きさそのものには関係が無いと言われています。

また外反母趾は立ち仕事の方に多いと言われています。

これは立ち仕事の方が足に体重が掛かり、そのためアーチが崩れる為と言われています。

また筋力の低下ですから運動不足によって引き起こされるものでもあるのです。

このような結果を考えてみますと適度に運動している事務の男の人は一番外反母趾になりにくいと言える出用。

また一番外反母趾になりやすいのは運動不足の立ち仕事をしている女性でしょう。

さらに年齢的なものを考えると、実は10代と40代に多いことが分かっています。

10代で発症する方の多くは遺伝的要因を持っていることが分かっており、これらは重症化することは少ないと言われています。

40代で外反母趾が増えるのは筋力の低下とともに体重が増加するためではないかと考えられています。

このように外反母趾は様々な要因から引き起こされるもののある一定の特徴を持っているのです。

特徴に当てはまりそうな人は運動不足の解消なら容易に出来るでしょうから実践していきましょう。

外反母趾は徐々に悪化するものですから日頃から気を付けて置くことというのは非常に大切なことなのです。

外反母趾の原因

外反母趾の原因は筋肉の衰えによる足のアーチの崩れによるものであると言われています。

しかし、それだけが外反母趾の原因と言う訳ではありません。

外反母趾は無理な締め付けにより発症するとも言われているのです。

窮屈な靴を履いたりヒールの様な足の指の方に力を大きく加える靴を履くことも原因の一つでしょう。

それだけではなくストッキングやタイツによる過度な締め付けも外反母趾によくない事が分かっています。

足の筋肉が衰える、または未発達な状態で窮屈な状態なものを吐くことによって骨格が変形するのです。

つまり窮屈な靴で二次的に外反母趾の進行を進めてしまっているのです。

外反母趾とは一口に行っても色々なパターンがあることが分かってきました。

靭帯性外反母趾ではやはり運動不足が一番の原因でしょうし、仮骨性外反母趾は逆に激しい運動のしすぎではないかと疑われています。

混合性外反母趾では体重を支えきれていない可能性が大きく、ハンマートゥ性外反母趾は遺伝的要素が大きいと言われています。

病変性外反母趾ではリウマチなどの他の病気が原因だと言われています。

これらは素人目にはなかなか判断できない事ですから、医師による診断が一番確実でしょう。

外反母趾は見た目がそれぞれ似ているために、自己判断が非常に難しいので、安易な自己判断はよくありません。

外反母趾には何らかの原因があると考えられますが、外反母趾の種類によってそれらはことなります。

外反母趾の原因が分かれば対処方法が分かりやすくなるのでまずはどのような種類の外反母趾なのか調べることが大切です。

ハイヒールの選び方と履き方

ハイヒールは足の指やアーチ部分に大きな負担を掛けてしまうため、外反母趾にとってはあまり好ましくない靴であると言えます。

ですが、ハイヒールを履かなくてはならない場合や履きたい場合もあるでしょう。

どのようなハイヒールの選び方が重要なのでしょうか。

女性では仕事で穿きたくなくても日常的にハイヒールを履く必要が出てきてしまうかもしれません。

そうなると外反母趾の問題を抱えている方にとって非常に厄介ですよね。

では、どのようにハイヒールを選ぶべきか考えて行きましょう。

まず第一にハイヒールではありますがヒールの低めのハイヒールを選びましょう。

またかかとが安定しているタイプのものを選びピンヒールなど重心がとりにくいものは避けます。

かかとに重心を置くことの出来るタイプのものを選びましょう。

また締めつけることがないように、つま先のとがっているタイプのハイヒールを選ぶのは辞めましょう。

外反母趾では締めつけが良くないので、少しゆったりと丸みのあるデザインのものを選びましょう。

またその際にクッション性のあるハイヒールを選ぶか、クッション性のあるシール等を貼るようにしましょう。

刺激を与えないように注意を払うことは大切なことです。

ハイヒールを選ぶ時はこのようにヒールの高さを始め、またゆったりとしたものを選びましょう。

加えて、クッション性のあるものを選ぶか、クッション性のあるもので足をカバーしてあげるのが効果的でしょう。

外反母趾を予防するための靴選びのポイント

外反母趾を予防するための靴選びを考える場合は外反母趾がどのようにして起こるのか考えてみるといいえしょう。

外反母趾を予防するというために靴を正しく選ぶと言うのは非常に重要なことです。

まずは自分の足の形状をしっかりと理解しておくことが重要になります。

足のサイズは自分の足の幅も考えて置くべきなのです。

自分の足の幅も正しく把握して置く事で、靴のサイズをしっかりと選べるようになるのです。

また忘れてはならないのが土ふまずが自分の足に合っているかどうかです。

土踏まずのアーチが崩れてくることにより筋力の低下になり、外反母趾になることがあります。

それをしっかり防ぐためにも土踏まずを意識して置きましょう。

そうすることで、外反母趾の予防に非常に有効的になります。

これは靴だけではどうにもなりませんから、時にはインソールを利用する事も考えましょう。

土ふまずが最初から低い場合は、へん平足の可能性もありますからそちらに合わせたインソールを利用するべきでしょう。

また今では外反母趾を予防するために靴の中にクッション性の素材を入れて置くことも出来ます。

このように自分の足に合わせた靴を買うことによって、外反母趾を未然に防ぐことは可能なのです。

家族に外反母趾の方がいる場合などは、是非日頃から足の形をチェックしておきましょう。

足の形は人それぞれ異なりますから、自分に合ったものを探すべきです。

外反母趾に良いと言われている靴でも本当に自分の足にフィットするのか考えておかなくてはなりません。

外反母趾について理解を高めることで、この問題は解決できるでしょう。

外反母趾とO脚・X脚の関係

O脚やX脚は股関節が原因だと考えられていましたが、実は足の形にも意味があることが分かりました。

O脚とX脚に外反母趾は関係性があるのです。

O脚の改善にはへん平足や外反母趾が関係していることが分かって来たのです。

O脚を治すためにはへん平足や外反母趾を治す必要があると言うことです。

外反母趾は脚の形にまで影響を及ぼすのですから、その影響力は大きいと言えます。

X脚ではその中でもXO脚に影響を及ぼしていると言えます。

これは足の力点が外反母趾によって変わるために、作用点の力が逃げてしまうことから起こると言われています。

そのため脛が張ってしまいXO脚になるのです。

外反母趾は足だけでなく脚にも影響を及ぼすことが分かり、再び注目を集めているのです。

若い女性に多くみられ、外反母趾を矯正する事によりO脚やXO脚が治った症例もあります。

これには外反母趾だけでなく脚を意識した矯正を行う必要があり、そのための運動は効果的であると言われています。

足の裏バランスを整えることで自然と正しい歩行へと変化し、開脚運動などの運動を加えることで改善されていくのです。

今までの開脚運動による脚の矯正よりもはるかに効果があることから足の裏のバランスは重要視されています。

外反母趾を治療していく中で歩行が改善されるため不自然な脚の形も改善されていくでしょう。

脚の形に悩んでいる場合、外反母趾などで足の裏のバランスが変化していないか調べる必要があります。

靴による治療

外反母趾の治療には様々な治療方法がありますが、靴による治療は初期の段階ではとても重要で大きな効果をもたらすと言われています。

靴による治療では正しい靴を選び、正しい歩き方を行うことが大切になります。

自分の足に合った靴を履き、足に正しい形を覚えさせ矯正するのです。

ここで大切なのは靴の選び方と歩き方です。

靴は縦のサイズだけでなく横幅をしっかりみましょう。

場合によってはオーダーメイドの靴を履くことも好ましいと言えます。

靴の縦と横のサイズを意識しますが、窮屈な靴もよくない事はもちろんですが大きすぎてぶかぶかになり足の指でそれを支えなければならない様な靴はよくありません。

ぴったりのサイズの靴をはきましょう。

靴ひもを緩めにしたり、すぐに足が脱げてしまうような靴は足のバランスを悪くしてしまうのです。

また忘れてはならないのが土踏まずで、この部分の筋肉が衰えることで外反母趾は進んでしまいます。

ですから筋肉が衰えてしまわないようにしっかりと支えてあげることが大切です。

土踏まずはインソールなどでカバーしてあげることが大切です。

自分の足にしっかりとしたアーチがあるのか確認し、それに合わせて、あるいはアーチが少ない場合は少々アーチの高いものを選びましょう。

インソールは足の裏のバランスを整えるために非常に重要なものなのです。

特にへん平足などでアーチが無い人は慎重に選びましょう。

靴を合わせることによって、いままで不自然な歩き方をしていた人も自然と歩き方が整って来るのです。

装具による治療

外反母趾には外反母趾の治療に作られた装具が色々な種類あります。

装具だけで治すという過信はいけませんが、装具の着用によって外反母趾を治していこうとする方法は正しいです。

外反母趾では親指が小指の方を向いてしまっていますから、その親指を正しい一に戻していこうとするのが装具です。

痛みを感じる場合などは医師に相談する必要があります。

親指を外側に向けるように固定する装具が一般的で、これにより外反母趾の進行を遅らせたり正常な形になることがあります。

また靴を履いていない時間では少し大きめの装具を装着し、足の裏のバランス感覚を整えるのもいいでしょう。

日本人は靴を脱いで過ごす時間も長いですから、効果が期待できる方法です。

ただし、少しでも異常を感じたら使用をやめる必要があります。

これは外反母趾を矯正しようとする力が強すぎることで、足が圧迫感を感じてしまい痛みを感じてしまうのを防ぐためです。

また装具はこれだけではなく痛みを和らげるためのテーピングなどもあります。

徐々に改善していける分便利で、利用に多少の時間は掛かるものの、安全で安心です。

また靴下によって足の血液の循環を良くするのも冷えに悩んでいる人には効果的です。

これにより血流が良くなり、冷えることで痛みを感じてた外反母趾による痛みが軽減される可能性もあります。

まずは自分の足の原因を知ることで装具の効果を調べる必要があります。

どのような理由から外反母趾になったのか考える事が出来れば、外反母趾の装具については難しく考える必要はありません。

運動による治療

外反母趾は運動不足によって起こることもあります。

足の裏の土踏まずの部分、アーチの部分の筋力が低下する事によって足の裏のバランスが崩れ外反母趾になるというものです。

一番大切なのは外反母趾をイメージして運動することで、がむしゃらに運動してもアーチ部分の筋力増加にはつながらないのです。

親指の付け根を意識し、親指を始めとした指を前後に運動してみましょう。

これが外反母趾の治療として有効な運動になります。

椅子に座ったり足を座ったまま伸ばしたりして行うのがよいでしょう。

足の付け根を意識することでアーチ状の筋肉を動かすことが出来ます。

親指を上にあげると掃除に他の指を下に向け、親指を下に向ける時に他の指を上にあげます。

これを繰り返し行うことで筋力が付きます。

出来れば毎日習慣化しておこなうのがいいでしょう。

時間は5秒を3セットから徐々に増やしていくのが理想的です。

足の裏の筋力は普段意識しないポイントになりますからなかなか筋肉が付いたのかどうか分からないでしょう。

運動だけではなく他の治療も併用して行い、足の裏を意識して生活することで改善していくのです。

短期間で圧倒的な効果をもたらすものでは無いですが、筋力の低下による外反母趾には最も効果がありあります。

外反母趾の治療としての運動はこのようなものです。

運動不足を解消するための運動であれば、自分の好みに合ったものを続けるのがいいでしょう。

運動による治療は1回やっただけでは効果を感じられないため諦めてしまう人もいますが根本的な改善には非常に役に立つので行ってみてください。

薬による治療

外反母趾の薬による治療の大きな目的は痛みの緩和にあります。

もちろん症状の改善を求める場合もありますが、やはり一番の目的は薬による痛みの緩和でしょう。

外反母趾による痛みの程度は実は人それぞれで、軽症の場合でも赤くはれ痛みが強い人もいれば中程度でもまったく痛みを感じない人見るのです。

外反母趾の治療に用いられる薬は塗り薬や張り薬が一般的で、服用する薬はほとんどありません。

塗り薬では靴を履いても行えると言うメリットがあるのですが、一日に複数回の塗布が必要になります。

飲み薬は外反母趾による炎症が強い場合や痛みが強い場合には処方されます。

しかしながら、刺激の少ないクリームを塗布するのが好ましいとされています。

薬による治療は対処療法と呼ばれていることからも治癒を目的としている治療では無いことが分かります。

薬による治療は他の治療と併用し行うことが一般的です。

あまりに強い痛みの場合、痛み止めの注射を行うこともあります。

外反母趾は進行することでこのような強い痛みを伴うことがあるのです。

薬による治療を行いながら外反母趾を治していくのは根気が要りますから、継続して行う努力をしましょう。

薬による治療では装具治療や手術が行われることが多いです。

外反母趾に痛みがある場合、どのような時に痛みを感じるのか説明出来るようにして置きましょう。

例えば立ち仕事で長時間立っている時に痛いのか、歩いている時に痛いのか、歩き続けると痛いのかです。

これにより薬の種類が変わることもありますから症状を自分で把握して置きましょう。

手術による治療

外反母趾は手術によって治療を行う場合があります。

外反母趾は骨まで変異していますから、骨を削ったり矯正したりすることによって外反母趾による痛みを治療するのです。

外反母趾の手術は30代から40代の女性に多く60代の女性にも見られます。

外反母趾により歩行が困難になったり痛みが強く悩んでいる場合には、手術をするという選択を考えてみましょう。

外反母趾の多くはへん平足で悩んでいる方が多く、足の裏のバランスが悪くなっています。

著しい変化の場合、矯正器具で矯正することも困難になってしまいます。

そのため、外反母趾を治療するために骨を削ったり骨を矯正する必要があるのです。

外反母趾とはこのように、深刻な症状に陥ってしまうこともある疾患なのです。

外反母趾の手術は保険が適用されるので全体費用の3割負担で可能です。

両足の場合10日程の入院が必要になるとされており、片足の場合でも1週間は入院が必要だと言われています。

ですから計画的に手術を考えて置く必要が出てくるのです。

10日程で退院できますが、その後も介助が必要になることもあるので、手術を行う場合はこのような生活への影響も考えておきましょう。

外反母趾の手術は手術をすればそれだけで完治するものではなく再発の危険性もあります。

しかし痛みが軽減され歩くことが出来るようになったなどメリットも非常に大きいのです。

痛みが強い人にはおすすめの治療法だと言うことが出来るでしょう。

手術は他の治療に比べて費用も掛かりますがそれだけ効果もあると言うことです。

関連記事

水虫の原因

水虫の原因・症状・予防について詳しくご紹介!

こちらでは、水虫について、原因・症状・予防・治療などの情報を掲載しております。 以前は、おじさ

記事を読む

巻き爪の原因

巻き爪の原因・症状・予防などについてまとめました。

巻き爪は、爪の病気の中で最も発症しやすく、大半が足の親指の爪に起こります。足の親指は歩行に大きく

記事を読む

「巻き爪ロボ」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

巻き爪ロボとは 突然ですが、アナタは巻き爪の痛みに悩まされていませんか?痛みに悩まされている、

記事を読む

偽痛風を詳細に:型,原因,症状,検査,治療,予防など

偽痛風とは(概要) 偽痛風(ぎつうふう)には痛風という言葉が含まれているため、同じような病

記事を読む

爪水虫(爪疥癬)の原因

爪水虫(爪疥癬)の原因・症状・予防・治療について詳しくご紹介!

爪水虫とは 『爪水虫』というのは、『爪白癬』と呼ばれることもあり、その名の通り、爪の中で「白癬

記事を読む

敗血症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

敗血症とは 敗血症(はいけつしょう)とは、血液中に細菌やウイルス、真菌(しん

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑