*

アトピー性皮膚炎について

公開日: : 最終更新日:2017/06/21 膠原病・自己免疫・アレルギー

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患である。患者の多くはアトピー素因を持つ。」とされています。
近年では、増加傾向にあり、20歳以下の10人に1人がアトピー性皮膚炎であると言われています。
症状は、かゆみを伴う湿疹や身体のいたる処に発症し、紅斑やフケ、ぶつぶつ(丘疹)、かきむしったあとが見られます。
未だにはっきりした原因が解明されてない病気ですが、適切な対処をするためには、まずアトピー性皮膚炎について詳しく知ることが大切なポイントになります。
ご自身の症状や、ご家族の病気を改善するために、是非ご活用ください。

こちらでアトピー性皮膚炎について詳しくご紹介しています。

免疫・アレルギー疾患をやさしく解説サイト内
アトピー性皮膚炎を詳しくご紹介!

目次

  • アトピー性皮膚炎:ステロイド外用剤の上手なぬり方
  • アトピー性皮膚炎へのプール(塩素)の影響は
  • アトピー性皮膚炎に優しい日本食
  • アトピー性皮膚炎への環境に関する要因
  • アトピー性皮膚炎とはどんな病気?
  • アトピー性皮膚炎と耳切れ
  • アトピー性皮膚炎に効くお茶
  • 皮膚のバリア機能が低下している
  • アトピー性皮膚炎と目への影響
  • アトピー性皮膚炎に効く酵素
  • アトピー性皮膚炎に温泉の効果は?
  • 乳幼児の湿疹とアトピー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎への油の影響は
  • アトピー性皮膚炎の爪や甘皮への影響
  • アトピー性皮膚炎へ電磁波の影響は
  • アトピー性皮膚炎に影響するフィラグリンとは?
  • アトピー性皮膚炎の保湿剤の働きと重要性
  • アトピー炎症後の色素沈着は取れるのか?
  • 大人のアトピーと子供のアトピーに違いがある?
  • アトピーと腸管粘膜の炎症との関係とは
  • アトピーと脂肪肝の関連性
  • アトピー性皮膚炎の「痒み」の理由は?
  • ステロイド薬とプロトピック軟膏の併用
  • リアクティブ療法とプロアクティブ療法とは
  • アトピーの炎症後の色素沈着はステロイド外用剤の副作用ではない

免疫・アレルギー疾患をやさしく解説サイト内
アトピー性皮膚炎を詳しくご紹介!

関連記事

免疫について

免疫とは何でしょうか。 免疫とは、人間が元々兼ね備えているすばらしい能力の一つで、体に進入

記事を読む

自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系の機能が、

記事を読む

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほど多くの人

記事を読む

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発生原因も不

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この免疫機能は

記事を読む

膠原病について

『膠原病』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系の機能が、身体の

記事を読む

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解っています。

記事を読む

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

バレット食道を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

バレット食道とは バレット食道(ばれっとしょくどう)とは、食べ物をのどから胃

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位

黄色ブドウ球菌食中毒を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

黄色ブドウ球菌食中毒とは 黄色ブドウ球菌食中毒(おうしょくぶどうきゅうきんしょく

コレラを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

コレラとは コレラとは、コレラ菌によって引き起こされる感染症です。 日本におけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑