*

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

https://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/2015/08/nomikata.jpg
悪酔いや二日酔いを未然に防ぐため、翌日にお酒が残ってしまった場合の早期解消のため、市販のドリンクを活用している人が大勢います。

ノ・ミカタもこのような人達から愛飲されているドリンクですが、主成分としてはアラニンが配合されているのが特徴です。

ノ・ミカタにはドリンクタイプと顆粒タイプが発売されており、ドリンクタイプには1本あたり5,000mgのアラニンが配合されており、顆粒タイプには1本あたり2,800mgのアラニンが配合されています。

ここでは、アラニンの特徴について解説しますので、お酒を飲む機会が多い人は一読してみて、いいと思ったら常備しておくとよいでしょう。

まず、アラニンはどういう成分なのかといいますと、非必須アミノ酸の一種に分類されています。

食品ではしじみをはじめとする貝類に豊富に含まれているのが特徴です。

このアラニンに関してですが、二日酔いと少なからず関係のある多くの効果が期待されています。

まず、アラニンは二日酔いの原因物質である、毒性のあるアセトアルデヒドを分解するスピードを速めてくれます。

これは動物実験の結果で証明されており、アラニンにより血中、肝臓、脳内のアセトアルデヒド量が減少したという結果が出ているのです。

なお、アラニンはこのアセトアルデヒドを分解するために活躍してくれる、ほかの成分のはたらきをサポートする作用ももたらすとされています。

そのほか、アルコールの排泄をサポートする作用もアラニンによってもたらされるといわれています。

というのも、尿の合成をおこなうアスパラギン酸の代謝を活性化し、アルコールの分解後スピーディに尿の合成をおこない、尿として排泄するのを助けてくれるとされているからです。

それから、アラニンはお酒を飲んでいる最中から、肝臓のダメージを修復する作用をもたらしてくれると考えられています。

通常アルコールが残っているとダメージを修復できないのですが、グルタミンと一緒に摂ることによって、修復することが可能になるといわれているのです

関連記事

肝臓病:アルコールの影響は?

1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝

記事を読む

「Dr.元臓」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「Dr.元臓」とは、2010~2011年の忘・新年会シーズンの約2ヵ月間で1,000人以上の人が

記事を読む

痛風:アルコールの影響は?

関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。 この病気とア

記事を読む

アルコール中毒の原因

アルコール中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

アルコール中毒(あるこーるちゅうどく)は現在、アルコール依存症と呼ばれているもので、過去には慢性

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」とは、フランスのPP

記事を読む

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

循環器疾患:アルコールの影響は?

一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症と

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑