*

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

http://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/2015/08/nomikata.jpg
悪酔いや二日酔いを未然に防ぐため、翌日にお酒が残ってしまった場合の早期解消のため、市販のドリンクを活用している人が大勢います。

ノ・ミカタもこのような人達から愛飲されているドリンクですが、主成分としてはアラニンが配合されているのが特徴です。

ノ・ミカタにはドリンクタイプと顆粒タイプが発売されており、ドリンクタイプには1本あたり5,000mgのアラニンが配合されており、顆粒タイプには1本あたり2,800mgのアラニンが配合されています。

ここでは、アラニンの特徴について解説しますので、お酒を飲む機会が多い人は一読してみて、いいと思ったら常備しておくとよいでしょう。

まず、アラニンはどういう成分なのかといいますと、非必須アミノ酸の一種に分類されています。

食品ではしじみをはじめとする貝類に豊富に含まれているのが特徴です。

このアラニンに関してですが、二日酔いと少なからず関係のある多くの効果が期待されています。

まず、アラニンは二日酔いの原因物質である、毒性のあるアセトアルデヒドを分解するスピードを速めてくれます。

これは動物実験の結果で証明されており、アラニンにより血中、肝臓、脳内のアセトアルデヒド量が減少したという結果が出ているのです。

なお、アラニンはこのアセトアルデヒドを分解するために活躍してくれる、ほかの成分のはたらきをサポートする作用ももたらすとされています。

そのほか、アルコールの排泄をサポートする作用もアラニンによってもたらされるといわれています。

というのも、尿の合成をおこなうアスパラギン酸の代謝を活性化し、アルコールの分解後スピーディに尿の合成をおこない、尿として排泄するのを助けてくれるとされているからです。

それから、アラニンはお酒を飲んでいる最中から、肝臓のダメージを修復する作用をもたらしてくれると考えられています。

通常アルコールが残っているとダメージを修復できないのですが、グルタミンと一緒に摂ることによって、修復することが可能になるといわれているのです

関連記事

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

痛風:アルコールの影響は?

関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。 この病気とア

記事を読む

頭痛:アルコールの影響は?

よく「お酒を飲むと頭が痛くなる」という人がいますが、これがなぜなのか気になっている人もいるのでは

記事を読む

「レバリアEX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリアEX」とは、約100人の試用データを取り、理想の配合成分・配合量・バランスなどを追求し

記事を読む

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

腸:アルコールの影響は?

アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

記事を読む

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分

ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。 お酒を飲み過ぎ

記事を読む

「琉球ウコンハーフパック」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「琉球ウコンハーフパック」とは、八幡物産株式会社より発売された粒タイプの健康補助食品です。

記事を読む

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑