*

ウコンの力の効果や特徴、配合成分


ウコンの力をお酒を飲む前、飲んでいる最中、お酒を飲んだあとに飲んでいる人が多くいます。

なにを目的に飲んでいるのかといいますと、悪酔いや二日酔いを防止したり、二日酔いを早期に解消するためと話す人が大半です。

しかしながら、ウコンの力は一般食品、清涼飲料水であり、悪酔いや二日酔いに関する効果効能を謳ってはいません。

薬事法上効果効能を謳うことができないだけということもあるでしょうが、実感している人が多いのはなぜなのでしょうか。

これに関して調べていくと、どうやらウコンの力に含まれている成分に秘密がありそうなのです。

ウコンの力には、1本100mlあたり30mgのクルクミンと呼ばれる成分が配合されています。

このクルクミンというのはポリフェノールに分類されており、ターメリックと呼ばれることもあります。

そしてこのクルクミンには、主にアルコールの代謝に作用をもたらすといわれているのです。

アルコールの代謝を促す作用がクルクミンにはあるとされており、早い二日酔いの解消に期待が持てます。

また、クルクミンには肝臓の解毒、肝機能の改善、胆汁分泌促進といった効果が期待でき、二日酔いを未然に防ぐのに役立つといわれています。

そのほか、ウコンの力に配合されている成分に注目してみると、ビタミン類がたっぷりと含まれていることがわかります。

このビタミン類のなかにもアルコールの分解を早める効果が期待されているものがあり、悪酔いや二日酔いの防止、二日酔いの早期解消に貢献していると考えることができます。

なお、ウコンの力をどのタイミングで飲むのが効果的なのか疑問に感じている人もいるでしょうが、実感している人の割合が高いのはお酒を飲む前です。

味が気になるという人に関しては、いまはより飲みやすい味に仕上がったウコンの力もありますし、顆粒タイプになった商品も発売されています。

お酒を飲む前、つらい二日酔いになったときのために、常にウコンの力をストックしておいてみると、対策のために活躍してくれるのではないでしょうか。

関連記事

「肝パワーEプラス」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「肝パワーEプラス」とは、ステラ漢方株式会社より発売された、ソフトゼラチンカプセルタイプの栄養機

記事を読む

頭痛:アルコールの影響は?

よく「お酒を飲むと頭が痛くなる」という人がいますが、これがなぜなのか気になっている人もいるのでは

記事を読む

「アルケア(ALCARE)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「アルケア(ALCARE)」とは、L-システインをはじめとする有用成分がたっぷりと配合されている

記事を読む

癌(がん):アルコールの影響は?

日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知

記事を読む

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分

ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。 お酒を飲み過ぎ

記事を読む

「のんどこ小町」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「のんどこ小町」とは、株式会社りぶメールより発売された栄養機能食品です。 楽天売れ筋ランキ

記事を読む

うつ:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールとうつには何か関係があるのでしょうか。 このような疑問を持って

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

痛風:アルコールの影響は?

関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。 この病気とア

記事を読む

歯科疾患:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。 今回はアルコー

記事を読む

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑