*

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分


ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。

お酒を飲み過ぎてしまった翌日、アセトアルデヒドが体内に残った状態に陥ると、頭が痛い、胃が痛い、胃がもたれる、吐き気がする、お腹を下すといった辛い症状が引き起こされます。

たっぷり水分補給をして安静にしているのが一番ですが、そうもいかない場合には二日酔い解消対策に効果的な食品を摂るという選択肢があります。

しかしながら、かなりの量のお酒を飲んでしまったり、体調が悪い状態でアルコールを摂取した翌日には、二日酔いの程度がひどくなることがあり、全く食べ物を受け付けない場合があります。

そのような体調で無理に食事を摂ってしまうと、嘔吐してしまうなどのトラブルになりかねません。

そういった場合に活躍してくれるのがハイチオールCなのです。

ただ、ハイチオールCというと、どちらかというと肌の状態に効くものというイメージがある人もいるのではないでしょうか。

たしかにそうなのですが、商品の情報をチェックしてみると、効果・効能の項目に二日酔いの記載があるのです。

なお、ハイチオールCには錠剤とドリンクの2種類があります。

なかには錠剤がノドに引っ掛かるような感じがするため、ドリンクで摂りたいという人もいることでしょう。

ただし、ドリンクで摂る場合には二日酔い解消対策としてはあまり意味がありません。

どういうことかといいますと、二日酔いの症状が効果・効能の項目に含まれているのは錠剤だけだからです。

錠剤のハイチオールCにはL-システインが含まれています。

この成分は肝機能を促進し代謝をアップしてくれますので、二日酔いに対する効果が期待できるというわけです。

また、錠剤タイプのハイチオールCには、アルコールの分解に必要なビタミンも配合されています。

1日3回水などと一緒に飲むだけと、二日酔いで苦しい日でも飲みやすいのが助かります。

お酒を飲む機会があるという人は、常備薬として置いておくとよいでしょう。

関連記事

「のんどこ小町」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「のんどこ小町」とは、株式会社りぶメールより発売された栄養機能食品です。 楽天売れ筋ランキ

記事を読む

ウコンの力の効果や特徴、配合成分

ウコンの力をお酒を飲む前、飲んでいる最中、お酒を飲んだあとに飲んでいる人が多くいます。 な

記事を読む

なぜ酔うのか?なぜ二日酔いするのか?についての考察です

酔っ払うとは? お酒を飲むことにより、アルコールは血液の中に入り込み、血液と一緒に脳に届けられ

記事を読む

アルコール中毒の原因

アルコール中毒の原因、症状、検査、診断、治療方法、予防方法を調べた

アルコール中毒(あるこーるちゅうどく)は現在、アルコール依存症と呼ばれているもので、過去には慢性

記事を読む

すい臓病:アルコールの影響は?

すい臓はおもに、食べたものの消化に必須のすい液を分泌したり、血糖をコントロールするホルモンのイン

記事を読む

うつ:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールとうつには何か関係があるのでしょうか。 このような疑問を持って

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

https://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/20

記事を読む

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した

記事を読む

関節痛:アルコールの影響は?

お酒を飲むと関節が痛むという人が大勢いますが、アルコールとの関連があるのか、実際のところが気にな

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑