*

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報


「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)です。

協和発酵バイオ株式会社調べで利用者120万人突破の大人気商品で、

●飲酒をする機会がよくあり、数日連続で飲むことがしばしばある人
●ついつい飲み過ぎてしまうことが多い人
●飲んだ日の翌朝、どんより・ぐったりすることが多い人
●以前より飲酒後の抜けが悪くなっているのが気になる人
●お酒を飲んだことでの健康への影響、数値に不安を感じている人
●しじみが好きではない、毎日たくさん食べるのはさすがに無理人

が摂取し続けるのに向いています。

協和のオルニチンの成分

協和発酵バイオ株式会社のオルニチンには、アミノ酸の一種であるオルニチンが豊富に配合されています。

これはしじみに多く含まれている成分で、お酒が好きな人はとくに積極的に摂ったほうがいいものなのですが、6粒1.5gあたり800mg含まれており、この量はしじみ約300個分に相当します。

食事でこれだけの量を摂るのは困難ですが、協和のオルニチンであれば手軽にオルニチンをたっぷり補給することが可能です。

なお、協和のオルニチンはしじみ由来のものではなく、発酵法と呼ばれる方法で得られるものが配合されています。

協和のオルニチンの飲み方・飲むタイミング

協和のオルニチンは食品として1日あたり6粒を目安に、水などと一緒に摂ることが協和発酵バイオによって推奨されています。

お薬ではないので飲むタイミングが決まっているわけではありませんので、好きなタイミングで摂りましょう。

なお、お酒を飲む人のなかには、飲みはじめる前、飲んでいる最中、飲んだあとに分割して摂っているという人が少なくありません。

飲み過ぎた日には少し多くオルニチンを摂ると翌朝すっきりする、抜けきらなかった日には起床後に摂ると昼にはすっきりするという人もいますので、真似をしてみるのも悪くないでしょう。

また、栄養補給は毎日しなければいけないことなので、オルニチンも毎日継続して摂り続けることをおすすめします。

協和のオルニチンの品質・安全性

協和発行株式会社は自社工場で原料の生産を行っており、商品化をする工場は健康補助食品GMPを取得しています。

厳しい品質・安全管理のもと、協和のオルニチンが出荷されるまでの全工程が進められています。

協和のオルニチンの定期購入有無

協和発行株式会社のオルニチンには、定期購入が用意されています。

1袋250mg×90粒(約15日分目安)の内容量で、1袋の場合は1,429円+税、2袋の場合は2,572円+税、3袋の場合は4,856円+税で、送料は無料です。

商品のお届けサイクルは毎月、2ヵ月ごと、3ヵ月ごとなどのなかから選択が可能、途中で購入をいったんやめる、お休み制度も用意されています。

また、定期コースの利用中は、オルニチンと一緒のお届けで、別の商品も定期コースの割引価格で買い求めることが可能です。

なお、定期コースでない場合は買うたびに注文手続きをしないといけませんが、定期コースは最初の申し込みさえすれば自動的に商品が送られてきて便利ですし、買い忘れ防止にもなります。

協和のオルニチンの感想

協和発酵バイオのオルニチンは、多くの人が実感・満足している商品です。

実際に多数の人の感想を調べてまわってみたのですが、

●お酒を飲んだ翌朝はぐったりすることが多かったけれど、すっきりしていた
●お酒がまわりにくくなった
●悪いお酒になり、人に迷惑をかけることがなくなった
●飲み会が続く日々を元気に乗り切ることができた
●若いころのようにとまではいかないものの、よく飲めるようになった
●健康診断がもう恐くなくなった
●サプリメントで手軽に300個相当のしじみのオルニチンが摂れるのはありがたい
●粒が小さくて飲みやすい
●独特の味やニオイがなく、続けるのが苦にならない

といった具合に、好意的な意見が多かったです。

お酒が好きな人で、上記の感想と同じ実感、満足を得たいという人は、協和のオルニチンを試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

肝臓病:アルコールの影響は?

1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝

記事を読む

癌(がん):アルコールの影響は?

日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知

記事を読む

吹き出物:アルコールの影響は?

お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ち

記事を読む

「レバリアEX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリアEX」とは、約100人の試用データを取り、理想の配合成分・配合量・バランスなどを追求し

記事を読む

痛風:アルコールの影響は?

関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。 この病気とア

記事を読む

痔:アルコールの影響は?

こうした問題は成長ホルモンの分泌量減お酒に含まれているアルコールは痔とどのような関係があるのでし

記事を読む

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

「Dr.元臓」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「Dr.元臓」とは、2010~2011年の忘・新年会シーズンの約2ヵ月間で1,000人以上の人が

記事を読む

頭痛:アルコールの影響は?

よく「お酒を飲むと頭が痛くなる」という人がいますが、これがなぜなのか気になっている人もいるのでは

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑