*

肝臓病:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/07/23 お酒・アルコール


1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝機能が低下していってしまいます。

このお酒が原因で肝機能が衰退化するトラブルのことを、アルコール性肝障害といいます。

一般にアルコール性肝障害には4種類が存在し、個々に特徴が異なります。

アルコール性脂肪肝

肝臓はお酒に含まれているアルコールを処理する役割を担っていますが、大量にお酒を飲むと肝臓がアルコールの処理にかかりきりになり、脂肪の処理が二の次になってしまいます。

これにより脂肪(中性脂肪=トリグリセリド)が肝臓の細胞内に溜め込まれてしまいます。

この状態はアルコール性脂肪肝といって、とくに自覚症状がありません。

そのため、自分で気付かないあいだに発症しており、医療機関でたまたま受けた検査などで発見されることが多いです。

なお、アルコール性脂肪肝の段階では、お酒をきっぱりやめることによって完全に回復させることが可能です。

アルコール性肝繊維症

お酒を抜くことなく飲み続けると、肝臓の類洞壁を構成する細胞の一種が活性化し、繊維が多くなります。

治療としては、お酒を断つことにより悪化を食い止めることが可能なほか、食事療法や薬物療法を受けなければいけない場合もあります。

アルコール性肝炎

アルコール性脂肪肝になっている段階で禁酒に取り組まず、大量のアルコールを日常的に摂取していると、肝臓の細胞が変性したり壊死したりするほか、炎症が生じた状態になります。

これがアルコール性肝炎で、症状としては全身倦怠感、食欲不振、嘔気、嘔吐、黄疸、肝臓の腫れ、発熱、おなかの痛み、下痢といったものが起こります。

重症の場合は上記の倦怠感、嘔気、嘔吐、黄疸といった症状がより強く出るほか、出血傾向、吐血、腹水、意識障害といった症状も引き起こされます。

急性腎不全などを重症患者では併発していることも少なくありませんし、アルコール性肝炎発症後には、ひと月以内に命を落としてしまう恐れがあります。

治療のためには入院をしなければならず、禁酒と安静を基本とし、食事療法や薬物療法などを受ける形になるのが一般的です。

また、アルコール性肝炎の患者はアルコール依存症の状態に陥っている人が多く、アルコール性肝炎が治癒したとしても、アルコール依存症を克服するための治療を受けなければいけません。

アルコール性肝硬変

過度のアルコール摂取により起こるアルコール性肝障害としては、最終段階といえるのがこのアルコール性肝硬変です。

腹水、浮腫、黄疸、吐血、肝臓の腫れ、手掌紅斑、女性化乳房、月経異常、食道静脈瘤、発熱といった症状が引き起こされます。

アルコール性肝硬変の場合、肝炎ウイルスに感染している人が多く、これを合併している場合、アルコールのみで引き起こされた肝硬変と比較し、肝がんの発症リスクが増大します。

命に関わる肝臓病であり、一度なると治ることがないといわれてきましたが、アルコール性肝硬変に関しては、医療機関に入院して安静を保ち、食事療法、薬物療法、手術療法といった適切な治療を受け、断酒を継続していると改善する可能性があることが分かってきています。

関連記事

「活性ウコンSUPER【ハウス】」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「 活性ウコンSUPER【ハウス】」とは、ハウスウエルネスフーズ株式会社で取り扱われている、通販限

記事を読む

循環器疾患:アルコールの影響は?

一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症と

記事を読む

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

腸:アルコールの影響は?

アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

記事を読む

関節痛:アルコールの影響は?

お酒を飲むと関節が痛むという人が大勢いますが、アルコールとの関連があるのか、実際のところが気にな

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

「サンゴくん」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「サンゴくん」とは、六基食品株式会社より発売された食品添加物製剤(珊瑚カルシウム)です。

記事を読む

「アルケア(ALCARE)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「アルケア(ALCARE)」とは、L-システインをはじめとする有用成分がたっぷりと配合されている

記事を読む

冷え性:アルコールの影響は?

とくに女性で悩まされている人が多い冷え性ですが、お酒に含まれているアルコールが症状に影響すること

記事を読む

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑