*

循環器疾患:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 お酒・アルコール


一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症といった具合に、実にさまざまな種類があります。

こうした病気とアルコールの関係ですが、複雑なものになっているのが特徴です。

循環器疾患全体とアルコールの関係

少量のお酒を飲む人と、まったくお酒を飲まない人を比較した場合、前者のほうが循環器疾患や死亡の割合が低いことがわかっています。

ただ、多量のお酒を飲んでいる人の場合、まったくお酒を飲まない人より命を落としてしまう人の割合が高くなっていますので、お酒と上手に付き合っていかなければいけません。

少量飲酒が循環器疾患すべてにいいとはいえない

全体的にみると少量飲酒が循環器疾患にいいと述べましたが、全部の病気にこれが当てはまるわけではありません。

たとえば、脳の疾患にスポットを当てると、少量飲酒程度であれば脳梗塞には良く作用する場合があるものの、脳出血は少量飲酒でも悪影響が及びます。

また、心臓の病気の場合、心筋梗塞はある程度アルコールの摂取量が多くても好ましい影響があるということがわかっていますが、心不全や不整脈は大量飲酒により悪影響が及ぶリスクがあります。

少量飲酒で好ましい影響が期待できる循環器疾患

脳梗塞、心筋梗塞、心不全、閉塞性動脈硬化症に関しては少量飲酒が良く作用するといわれています。

なお、心筋梗塞や閉塞性動脈硬化症はある程度多く飲酒したとしても、好ましい影響が見込めることがわかっています。

高血圧や不整脈に関しては、お酒による影響はあまり大きくないという説が有力です。

循環器疾患の対策をお酒でしようとするのは間違い

前述したように、多くの循環器疾患に少量飲酒は好ましい影響を与えますが、脳出血に関しては悪影響が及ぶリスクがあります。

循環器以外の病気に関しても、少量飲酒であっても悪影響が及ぶ心配があるものは少なくありません。

循環器疾患にいいからといってお酒を飲んで、脳出血をはじめほかの病気にかかったり、悪化させたりしてしまっては意味がありませんので、お酒で症状や病気をどうにかしようとは考えないのが賢明といえるでしょう。

関連記事

冷え性:アルコールの影響は?

とくに女性で悩まされている人が多い冷え性ですが、お酒に含まれているアルコールが症状に影響すること

記事を読む

関節痛:アルコールの影響は?

お酒を飲むと関節が痛むという人が大勢いますが、アルコールとの関連があるのか、実際のところが気にな

記事を読む

妊婦:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールには、妊婦への影響があることもわかっています。 とくにおなかの

記事を読む

肝臓病:アルコールの影響は?

1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

https://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/20

記事を読む

すい臓病:アルコールの影響は?

すい臓はおもに、食べたものの消化に必須のすい液を分泌したり、血糖をコントロールするホルモンのイン

記事を読む

「海乳EX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「海乳EX」とは、健康サポートセンターで取り扱われている健康補助食品です。 1袋に広島県産

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)と

→もっと見る

PAGE TOP ↑