*

循環器疾患:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 お酒・アルコール


一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症といった具合に、実にさまざまな種類があります。

こうした病気とアルコールの関係ですが、複雑なものになっているのが特徴です。

循環器疾患全体とアルコールの関係

少量のお酒を飲む人と、まったくお酒を飲まない人を比較した場合、前者のほうが循環器疾患や死亡の割合が低いことがわかっています。

ただ、多量のお酒を飲んでいる人の場合、まったくお酒を飲まない人より命を落としてしまう人の割合が高くなっていますので、お酒と上手に付き合っていかなければいけません。

少量飲酒が循環器疾患すべてにいいとはいえない

全体的にみると少量飲酒が循環器疾患にいいと述べましたが、全部の病気にこれが当てはまるわけではありません。

たとえば、脳の疾患にスポットを当てると、少量飲酒程度であれば脳梗塞には良く作用する場合があるものの、脳出血は少量飲酒でも悪影響が及びます。

また、心臓の病気の場合、心筋梗塞はある程度アルコールの摂取量が多くても好ましい影響があるということがわかっていますが、心不全や不整脈は大量飲酒により悪影響が及ぶリスクがあります。

少量飲酒で好ましい影響が期待できる循環器疾患

脳梗塞、心筋梗塞、心不全、閉塞性動脈硬化症に関しては少量飲酒が良く作用するといわれています。

なお、心筋梗塞や閉塞性動脈硬化症はある程度多く飲酒したとしても、好ましい影響が見込めることがわかっています。

高血圧や不整脈に関しては、お酒による影響はあまり大きくないという説が有力です。

循環器疾患の対策をお酒でしようとするのは間違い

前述したように、多くの循環器疾患に少量飲酒は好ましい影響を与えますが、脳出血に関しては悪影響が及ぶリスクがあります。

循環器以外の病気に関しても、少量飲酒であっても悪影響が及ぶ心配があるものは少なくありません。

循環器疾患にいいからといってお酒を飲んで、脳出血をはじめほかの病気にかかったり、悪化させたりしてしまっては意味がありませんので、お酒で症状や病気をどうにかしようとは考えないのが賢明といえるでしょう。

関連記事

無呼吸症候群:アルコールの影響は?

眠っている最中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群。 このトラブルとお酒には密接な繋が

記事を読む

睡眠:アルコールの影響は?

人間の体に対しさまざまな影響を及ぼすことがわかっているアルコールですが、眠りとの関わりもあります

記事を読む

「レバリズム-L」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリズム-L」とは、株式会社Bella Pelleより発売された栄養機能食品です。 飲

記事を読む

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食 酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かった

記事を読む

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

高血圧:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールと血圧には関係があるのでしょうか。 このような疑問を抱いている

記事を読む

「レバーザイム」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバーザイム」とは、株式会社アドバンより発売されたサプリメント商品(ソフトカプセルタイプ)です

記事を読む

冷え性:アルコールの影響は?

とくに女性で悩まされている人が多い冷え性ですが、お酒に含まれているアルコールが症状に影響すること

記事を読む

ヘパリーゼの効果や特徴、配合成分

前日飲んだお酒が残った状態で目が覚めると、体がだるく頭痛や吐き気など多くの不快症状に悩まされるこ

記事を読む

妊婦:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールには、妊婦への影響があることもわかっています。 とくにおなかの

記事を読む

no image
色素性乾皮症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、紫外線を浴びることによって皮膚症状と神

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑