*

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/24 お酒・アルコール


メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した状態のことです。

アルコールを摂取することで、このメタボリックシンドロームにもさまざまな影響が及びます。

内臓脂肪型肥満に対するアルコールの影響

飲酒習慣がある人は内臓型肥満になっている傾向があります。

過度の飲酒は内臓脂肪の増加を招いてしまいます。

高脂血症に対するアルコールの影響

お酒を飲むことで、余分な中性脂肪が体にためこまれてしまいます。

悪い飲酒習慣を続けていることでどんどん中性脂肪が増加してしまい、動脈硬化の進行、そして心筋梗塞や脳卒中などの病気のリスクまで増大してしまいます。

高血圧に対するアルコールの影響

お酒に含まれているアルコールには、一時的には血圧降下作用を体にもたらしてくれます。

しかしながら、長く飲酒をし続けている場合、反対に血圧が上昇し、高血圧症を引き起こしてしまうことになりかねません。

高血糖に対するアルコールの影響

過度な飲酒を継続している場合には、アルコール性の肝臓病やすい臓病を引き起こすリスクが増大してしまいます。

こうした病気がきっかけとなって、糖尿病まで発症してしまう恐れがあります。

アルコールと一緒に摂るおつまみにも注意が必要

お酒を飲む際のおつまみにはカロリーが含まれています。

アルコールを摂取すると食欲が増して、ついつい食べ過ぎてしまうという人もいることでしょう。

また、味付けが濃く脂っこいものを好んで摂る人も多いはずです。

こうしたおつまみも内臓型肥満、高脂血症、高血圧、高血糖に悪影響を及ぼすことになります。

適正飲酒を心がけることが大切

上記のような関係がアルコールとメタボリックシンドロームにはあるわけですが、飲酒をする人は適正飲酒を守ることでメタボ対策が行えます。

1日平均純アルコールで20グラムほど(女性は高齢者はより少ないほうが吉)の飲酒量にとどめ、1週間あたり2日間は休肝日を設けることが推奨されていますので、飲み過ぎにならないように気をつけてください。

関連記事

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分

ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。 お酒を飲み過ぎ

記事を読む

「秋ウコンホワイト」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「秋ウコンホワイト」とは、日本サプリメントフーズ株式会社より発売されたウコン含有加工食品です。

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

歯科疾患:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。 今回はアルコー

記事を読む

「琉球ウコン【しまのや】」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「琉球ウコン【しまのや】」とは、株式会社しまのやより発売されたタブレットタイプのウコン加工食品で

記事を読む

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

「琉球ウコンハーフパック」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「琉球ウコンハーフパック」とは、八幡物産株式会社より発売された粒タイプの健康補助食品です。

記事を読む

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)

記事を読む

関節痛:アルコールの影響は?

お酒を飲むと関節が痛むという人が大勢いますが、アルコールとの関連があるのか、実際のところが気にな

記事を読む

「レバリズム-L」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリズム-L」とは、株式会社Bella Pelleより発売された栄養機能食品です。 飲

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑