*

吹き出物:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/20 お酒・アルコール


お酒を飲み過ぎてしまったり、飲む日が続いていたりして、肌のコンディションが悪くなった経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。

実際のところ、アルコールは吹き出物が発生することと関係があることがわかっています。

どうしてお酒を飲むと吹き出物が出るのかを解説しますので、興味がある人は以下の内容をチェックしてみてください。

糖質の摂取による吹き出物

アルコール飲料の中には糖質が多く含まれているものがあります。

こうしたお酒をたくさん飲んで糖質も一緒にたくさん摂ると、中性脂肪が増加する原因になります。

この中性脂肪が体内で増加した場合、分泌される皮脂量が多くなり、毛穴が詰まると吹き出物が出やすくなってしまうというわけです。

血管拡張作用による吹き出物

お酒に含まれているアルコールは、摂取することで血管を拡げる作用がもたらされます。

無理に血管が拡げられることで皮脂が出る皮脂腺に刺激が加わり、分泌量が増加することで毛穴が詰まってしまい、吹き出物が出ることに繋がります。

腸内環境悪化による吹き出物

アルコールを摂取すると強力な毒性を有する細菌が増殖し、腸内環境が悪化する原因になります。

腸内環境は肌とも深い関わりがあり、悪化していると吹き出物が出るリスクが増大するのです。

ビタミン類の消失による吹き出物

摂取したアルコールが処理される際には、体内のビタミン類が大量に消費されます。

肌の生まれ変わりの役割を果たしているビタミンや、皮脂の分泌を調節する役割を果たしているビタミンが足りなくなることで、結果的に吹き出物が出やすくなります。

活性酸素大量発生による吹き出物

お酒を飲み過ぎると、体内で活性酸素が多く発生してしまいます。

過剰な活性酸素は病気や老化の原因になり、吹き出物の原因にもなるものです。

肝機能のダウンによる吹き出物

お酒を飲む頻度が高かったり、大量のお酒を飲んだりしていると、肝機能が低下してしまいます。

肝機能が悪くなると体内に毒素が蓄積されやすくなって血液の中に混ざり、吹き出物が出てしまう可能性が高まってしまうのです。

おつまみのチョイスによる吹き出物

脂肪分が多いもの、糖分が多いもの、香辛料や食品添加物がたっぷりと使われているものは避けましょう。

こうしたものはすべて吹き出物が新たにできたり、悪化させたりする原因になってしまうからです。

睡眠の質低下・睡眠時間減少による吹き出物

アルコールを摂り過ぎてしまうと眠りが浅くなり、夜遅くまで飲んでいると寝不足になってしまいます。

関連記事

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)

記事を読む

運動:アルコールの影響は?

体を動かすこととアルコールの関係について、誤解をしている人が少なくありません。 間違いのあ

記事を読む

二日酔い防止対策を工夫しよう!

飲み方の工夫 頭が痛くなったり、吐き気がしたりといった具合に、ひとたびなると非常に不快な二日酔

記事を読む

「なかきれい酵素」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「なかきれい酵素」とは、株式会社発酵生活より発売されたカプセルタイプの健康補助食品です。

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

ヘパリーゼの効果や特徴、配合成分

前日飲んだお酒が残った状態で目が覚めると、体がだるく頭痛や吐き気など多くの不快症状に悩まされるこ

記事を読む

「Dr.元臓」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「Dr.元臓」とは、2010~2011年の忘・新年会シーズンの約2ヵ月間で1,000人以上の人が

記事を読む

「海乳EX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「海乳EX」とは、健康サポートセンターで取り扱われている健康補助食品です。 1袋に広島県産

記事を読む

痔:アルコールの影響は?

こうした問題は成長ホルモンの分泌量減お酒に含まれているアルコールは痔とどのような関係があるのでし

記事を読む

すい臓病:アルコールの影響は?

すい臓はおもに、食べたものの消化に必須のすい液を分泌したり、血糖をコントロールするホルモンのイン

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑