*

妊婦:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/28 お酒・アルコール


お酒に含まれているアルコールには、妊婦への影響があることもわかっています。

とくにおなかの中にいる赤ちゃんにとって害になるのですが、詳しい情報は以下にまとめています。

胎児性アルコール症候群を引き起こす恐れがある

妊娠中にお酒を飲んでいると、おなかの中にいる赤ちゃんの奇形や脳の障害の原因になります。

1日のアルコール摂取量が1杯未満の場合のリスクは大きくありませんが、絶対に安全とはいいきれません。

また、飲酒量が多いほど胎児性アルコール症候群を起こす危険度が高まります。

なお、1杯未満では影響が少ないということで飲み始めた結果、もう少しぐらいならと酔っ払って自制心がなくなり深酒をしてしまう人がいます。

自分の意志で飲酒をコントロールできず、お酒に飲まれてしまうことが多い人は、一滴も飲まないほうがいいでしょう。

妊娠を計画しはじめた時点で禁酒を

病院で妊娠していることがわかった時点では数ヶ月が経過していることが少なくありません。

これまでの期間に大量飲酒をしていた場合、前述した胎児性アルコール症候群を起こすリスクが大きくなってしまいます。

そのため、パートナーと妊娠に向けて活動していくことを決めた段階で、きっぱりとお酒をやめてしまうことが大切です。

出産後も油断は禁物

母乳を赤ちゃんにあげると、お酒を飲んでいるとアルコールの影響が及び、胎児性アルコール症候群を引き起こすことになりかねません。

無事に出産をしてお酒を飲みたくなる気持ちは理解できますが、授乳期が終わるまでは我慢しましょう。

ノンアルコールドリンクはOK?

ノンアルコールといっても、実際には微量のアルコールが含まれています。

1本か2本飲む程度であれば赤ちゃんへの影響は少ないといわれていますが、絶対に安全ともいえません。

また、ノンアルコールドリンクには多くの添加物が使用されています。

以上の理由で、妊娠中・授乳中にノンアルコールドリンクを飲むことはおすすめできません。

胎児が命を落とすことにもなりかねない

妊娠中の飲酒は、流産や死産の危険度が高まることがわかっています。

大切な命を自身の手で奪ってしまうことがないよう、お酒は飲まずに生活しましょう。

関連記事

腸:アルコールの影響は?

アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

記事を読む

ノ・ミカタの効果や特徴、配合成分

http://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/201

記事を読む

肝臓病:アルコールの影響は?

1日あたりの飲酒量が適正飲酒の範囲を超えており、休肝日を設けることなくお酒を飲み続けていると、肝

記事を読む

糖尿病:アルコールの影響は?

生活習慣病の一種である糖尿病は、ひとたび発症すると完治が難しく、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖

記事を読む

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食 酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かった

記事を読む

冷え性:アルコールの影響は?

とくに女性で悩まされている人が多い冷え性ですが、お酒に含まれているアルコールが症状に影響すること

記事を読む

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分

ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。 お酒を飲み過ぎ

記事を読む

「のんどこ小町」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「のんどこ小町」とは、株式会社りぶメールより発売された栄養機能食品です。 楽天売れ筋ランキ

記事を読む

高血圧:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールと血圧には関係があるのでしょうか。 このような疑問を抱いている

記事を読む

「レバリアEX」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「レバリアEX」とは、約100人の試用データを取り、理想の配合成分・配合量・バランスなどを追求し

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣腫瘍とは 予備知識を得ておこう! 精巣(せいそう)とは、下腹部に位置す

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)とは おむつ皮膚炎(ひふえん)とは、おむつと接触

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産

→もっと見る

PAGE TOP ↑