*

貧血:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/25 お酒・アルコール


アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。

以下に詳細をまとめていますので、興味のある人は内容をチェックしてみてください。

葉酸が不足してしまう

お酒に含まれているアルコールが体内で処理される過程で、葉酸が多量に消費されます。

葉酸は血液をつくることに関与しており、欠乏状態になると貧血を起こしてしまうのです。

ビタミンB1が不足してしまう

葉酸と同じように、アルコールが分解・処理されるまでに大量のビタミンB1が使われます。

造血に関わる栄養成分のため、大量に消費されて足りなくなると貧血症状を招いてしまうのです。

脳貧血を引き起こしてしまう

お酒に含まれているアルコールは、摂取することで血管拡張作用がもたらされます。

血管が拡がることで血圧が下がり、脳へ供給される血液の量が減少してしまいます。

結果として脳の酸素が足りない状態になり、めまいを起こすなど貧血に似た症状が引き起こされます。

25.アルコールと疲労
お酒が弱い人が引き起こす傾向がありますが、基本的にはお酒が弱くない人であっても脳貧血を招くリスクはあります。

また、アルコールの摂取量が多くなくても起こりますし、ハイペースで飲酒していなくても起こります。

葉酸やビタミンB1欠乏の対策

アルコールの処理のため多くの量が必要になりますので、葉酸やビタミンB1が多く含まれているものをおつまみにしましょう。

葉酸はほうれん草や小松菜などの青野菜に豊富に含まれており、ビタミンB1はお酒のおつまみの定番である枝豆などが含有量に優れています。

なお、栄養をしっかり摂っておけばいくら飲んでもいいということではありませんので、適量の飲酒にとどめておくことが大切です。

脳貧血の対策

睡眠不足の日やひどく疲れている日など、体調が思わしくない日の飲酒は避けましょう。

また、仮に症状が起こった場合には、足より頭を低くした体勢で横になり、頭に血液が行き渡るようにしてください。

そのほか、衣類の締め付けにより血流が妨げられていることがありますので、ゆるめることも大切です。

関連記事

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

アルコール性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

アルコールの大量摂取が体に悪影響を及ぼしてしまうことは、改めて説明するほどでもないでしょう。

記事を読む

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」とは、フランスのPP

記事を読む

痛風:アルコールの影響は?

関節の激しい痛みや腫れ、変形、痛風結節、腎障害といった症状に悩まされる痛風。 この病気とア

記事を読む

「なかきれい酵素」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「なかきれい酵素」とは、株式会社発酵生活より発売されたカプセルタイプの健康補助食品です。

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

「のんどこ小町」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「のんどこ小町」とは、株式会社りぶメールより発売された栄養機能食品です。 楽天売れ筋ランキ

記事を読む

癌(がん):アルコールの影響は?

日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知

記事を読む

ワイン健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ワインはお酒ですが、適量飲むことでいろいろな健康効果が期待できます。 もちろん、適量飲むことが

記事を読む

二日酔いになった翌朝に是非おススメの解消対策

翌朝の二日酔い解消におススメの朝食 酒量が多かったり、飲み過ぎたつもりはなくても体調が悪かった

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑