*

貧血:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/25 お酒・アルコール


アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。

以下に詳細をまとめていますので、興味のある人は内容をチェックしてみてください。

葉酸が不足してしまう

お酒に含まれているアルコールが体内で処理される過程で、葉酸が多量に消費されます。

葉酸は血液をつくることに関与しており、欠乏状態になると貧血を起こしてしまうのです。

ビタミンB1が不足してしまう

葉酸と同じように、アルコールが分解・処理されるまでに大量のビタミンB1が使われます。

造血に関わる栄養成分のため、大量に消費されて足りなくなると貧血症状を招いてしまうのです。

脳貧血を引き起こしてしまう

お酒に含まれているアルコールは、摂取することで血管拡張作用がもたらされます。

血管が拡がることで血圧が下がり、脳へ供給される血液の量が減少してしまいます。

結果として脳の酸素が足りない状態になり、めまいを起こすなど貧血に似た症状が引き起こされます。

25.アルコールと疲労
お酒が弱い人が引き起こす傾向がありますが、基本的にはお酒が弱くない人であっても脳貧血を招くリスクはあります。

また、アルコールの摂取量が多くなくても起こりますし、ハイペースで飲酒していなくても起こります。

葉酸やビタミンB1欠乏の対策

アルコールの処理のため多くの量が必要になりますので、葉酸やビタミンB1が多く含まれているものをおつまみにしましょう。

葉酸はほうれん草や小松菜などの青野菜に豊富に含まれており、ビタミンB1はお酒のおつまみの定番である枝豆などが含有量に優れています。

なお、栄養をしっかり摂っておけばいくら飲んでもいいということではありませんので、適量の飲酒にとどめておくことが大切です。

脳貧血の対策

睡眠不足の日やひどく疲れている日など、体調が思わしくない日の飲酒は避けましょう。

また、仮に症状が起こった場合には、足より頭を低くした体勢で横になり、頭に血液が行き渡るようにしてください。

そのほか、衣類の締め付けにより血流が妨げられていることがありますので、ゆるめることも大切です。

関連記事

歯科疾患:アルコールの影響は?

お酒に含まれているアルコールは私たちのカラダにさまざまな影響を及ぼします。 今回はアルコー

記事を読む

メタボリックシンドローム:アルコールの影響は?

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満プラス高脂血症、高血圧、高血糖の中の2個以上が合併した

記事を読む

「Dr.元臓」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「Dr.元臓」とは、2010~2011年の忘・新年会シーズンの約2ヵ月間で1,000人以上の人が

記事を読む

「しじみ習慣」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「しじみ習慣」とは、佐々木食品工業株式会社 自然食研より発売された健康食品です。 しじみの

記事を読む

「協和のオルニチン」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「協和のオルニチン」とは、協和発酵バイオ株式会社より発売された健康補助食品(飲みやすい粒タイプ)

記事を読む

「SUPALIV(スパリブ)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SUPALIV(スパリブ)」とは、SUPALIV株式会社で取り扱われている栄養機能食品(ビタミ

記事を読む

「なかきれい酵素」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「なかきれい酵素」とは、株式会社発酵生活より発売されたカプセルタイプの健康補助食品です。

記事を読む

「アルケア(ALCARE)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「アルケア(ALCARE)」とは、L-システインをはじめとする有用成分がたっぷりと配合されている

記事を読む

関節痛:アルコールの影響は?

お酒を飲むと関節が痛むという人が大勢いますが、アルコールとの関連があるのか、実際のところが気にな

記事を読む

ハイチオールCの効果や特徴、配合成分

ハイチオールCはエスエス製薬から発売された、第3類医薬品のことをいいます。 お酒を飲み過ぎ

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑