*

疲労:アルコールの影響は?

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 お酒・アルコール


疲労が取れないと感じている人が多い現代社会ですが、中にはアルコールの摂取が関係している人も少なくありません。

ここではなぜアルコールが疲労に影響を及ぼすのか解説しますので、お酒を飲むことがあり、疲れに悩まされている人は以下の内容をぜひご覧になってください。

ビタミンB1の不足と疲労

過度にアルコールを摂取すると、処理のために大量のビタミンB1が消費されることになります。

飲酒によりこの栄養素が足りない状態に陥ると、エネルギーを十分に生み出せなくなってしまいます。

乳酸の蓄積と疲労

お酒を飲む量が多くなると、それだけ疲労物質の乳酸が体の中に蓄積されます。

飲めば飲むほど疲労感が強く、取れにくくなってしまうのです。

睡眠の質低下と疲労

飲酒により睡眠が浅くなることがわかっています。

寝不足の状態では疲労が回復せず、翌日に残ってしまうのです。

また、飲酒のために夜更かしをしてしまうことも、睡眠不足を招く原因のひとつです。

飲み会の盛り上がりと疲労

お酒の席は楽しく、普段より口数が多くなったり、よく笑ったり、踊ったり、カラオケで大声を出したりすることもあるでしょう。

こうした行動すべてがエネルギーを消耗する原因となり、翌日の疲れとして引きずってしまうことがあります。

運動直後の飲酒と疲労

運動したあとには多少なりとも筋肉疲労が生じます。

体を動かしたあとすぐにお酒を飲むと、筋肉疲労の回復が阻害されてしまいます。

二日酔いと疲労

お酒を飲んだ翌日に二日酔いになり、疲労感(倦怠感)を覚えることがあります。

これはお酒に含まれているアルコールが分解・処理される過程で生じる毒性物質、アセトアルデヒドが原因のひとつで起こる症状です。

また、アルコールには利尿作用があり、多くの水分が出ていってしまうことにより、脱水状態になりますが、これも疲労感や倦怠感の症状が起こる原因になります。

有効な対策

飲酒は適量にとどめ、連日のお酒は疲労感が増すため休肝日をしっかり設けることが大切です。

また、失われる栄養素や水分をしっかり補給する、はしゃぎすぎないようにする、夜遅くまで飲まない、運動直後に飲酒しないことも、アルコールによる疲労の防止に効果的でしょう。

関連記事

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「SECURITY Feel Better(セキュリティーフィールベター)」とは、フランスのPP

記事を読む

胃・食道:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することにより、さまざまな胃・食道のトラブルを招く危険性があることがわかっていま

記事を読む

循環器疾患:アルコールの影響は?

一口に循環器疾患といっても、心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血、高血圧、閉塞性動脈硬化症と

記事を読む

痔:アルコールの影響は?

こうした問題は成長ホルモンの分泌量減お酒に含まれているアルコールは痔とどのような関係があるのでし

記事を読む

「秋ウコンホワイト」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「秋ウコンホワイト」とは、日本サプリメントフーズ株式会社より発売されたウコン含有加工食品です。

記事を読む

「Dr.元臓」の効果や特徴、配合成分、体験談や口コミ情報

「Dr.元臓」とは、2010~2011年の忘・新年会シーズンの約2ヵ月間で1,000人以上の人が

記事を読む

癌(がん):アルコールの影響は?

日本人の死因トップクラスの常連の癌(がん)ですが、アルコールとの関わりも指摘されているのをご存知

記事を読む

腸:アルコールの影響は?

アルコールを摂取していると、腸に少なからず影響が及び、トラブルに発展するリスクがあります。

記事を読む

高脂血症:アルコールの影響は?

高脂血症(脂質異常症)は生活習慣病の一種であり、自覚症状に乏しいものの、悪化すると高血圧症、糖尿

記事を読む

貧血:アルコールの影響は?

アルコールを摂取することと貧血には少なからず関係があります。 以下に詳細をまとめていますの

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑